経営に役立つ本

経営に役立つ本

2017年8月22日 (火)

生涯投資家 その4

「金儲け、悪いことですか?」


これは当時有名になったフレーズですね。
村上ファンドとともに、当時ホリエモンこと堀江貴文氏が
株式分割より巨万の富を得て、つぎつぎと会社を買収していた時代です。
さらに光通信というITバブルの象徴のような会社もありました。


村上ファンドもまた、

「汗をかかずに大金を設ける人」

のような「悪のイメージ」だったのですね。

もっというと、阪神タイガースまで買収しようとして、
関西人の逆鱗まで触れてしまった・・・・。
マスコミもそれを一斉に叩いて、結局「インサイダー容疑」で
逮捕さら、表舞台から消されてしまいました・・・。


今さらその善悪を問うつもりもないですし
今さらながらあえてこういう本を出したということは、
「私は悪人ではない。投資家に過ぎない。」
そう言いたかったのでしょう。


投資家として世界で最も有名な方は「ジョージ・ソロス氏」ですね。
将来、「日本のジョージソロス」になりうる方だと思うのです。


彼の投資術に学ぶべきこともあると思うのですね。
彼の投資術の基本は三点。
これはなかなか難しいですが参考になります。

1. 期待値
2. IRR
3. リスク査定


期待値は、これは大昔、中学校の数学の授業でやりましたね。
「期待値が1.0を超えないと投資する意味がない」
これはそうでしょう。
なので、宝くじは0.3、公営ギャンブルは0.75、カジノは0.9
よって村上氏はこういうことは一切やらないのだそうです。
投資と投機は当然ですが違うのですね。


話はそれますが、私が30年以上前に早稲田商学部で
専攻したのは「投資管理論」でした。
一応「投資と投機」の違いについては勉強したものです・・・(ちょっと自慢?)


IRRは日本語で「内部収益率」と呼ばれるものです。
でも、難しいので説明は省きます。
個人的には「証券アナリスト試験」で結構勉強しました・・・。
彼の投資判断はIRR15%が基準なのだそうです。


「期待値」と「IRR」とさらに「リスク査定」で投資するか否かを
最終判断を行うそうです。
リスク査定で重視していることは、数字や指標の判断よりも
経営者やビジネスパートナーの性格や特徴を読むこと、
つまり定量的な分析より、定性的な分析が重要・・・。


この3つが投資判断ではもっと大事なのだそうです。

どうですか?
金儲けは嫌いですか?
悪いことだと思いますか?


投機は博打と同じです。
投資は投機とは違うのです。


日本のジョージソロス氏が教えてくれることです・・・。

2017年8月18日 (金)

生涯投資家 その3

「村上ファンド」が日本で最初の「物言う株主」と有名になったのが
この頃です。
具体的には、株主としての権利を行使し、企業価値が向上するよう
経営の見直しを求める投資家、これを
コーポレート・ガバナンスの先進国アメリカでは、
Activist(アクティビスト)呼ばれていました。


さらに、この頃株式市場では、「村上銘柄」という言葉もありました。
村上ファンドが買うと、必ず値上がりするのですね。
金融証券取引法で5%以上保有すると届け出がされます。
その届出がされると、急に市場で買われるようになるのです。

この本でも、
「届出は月2回の届け出期間があるので、届出がされるまでが勝負」
のようなことも書いてありました。
連戦連勝ですからファンドの資金は次々に集まったようです。

この本には投資家の心構えが書いてあります。

「投資家はお金を増やすために投資するのだから、基本的には
リターンがすべて」

これはそうでしょう。
特に海外の投資家はそれがより顕著なのだそうです。
日本ではアクティビストとしての行動に共感して出資する人が
多かったそうですが、アメリカの投資家のまったく違い、
投資に対するリターンがすべてだったのです。

Photo


ここで村上氏がその後インサイダー容疑で逮捕された時の名言を
思い出します。

記者から、

「法律内であれば何をしてもよいとお考えですか?」

という問いかけに対して

「金儲け、悪いことですか?
みんなが一生懸命お金を儲けて・・・ルールの中で一生懸命に
株取引をして儲ける・・・何が悪いんですか?}


ファンドマネージャーという仕事は儲けることが
すべてだったのでしょう・・・。


2017年8月17日 (木)

生涯投資家 その2

村上氏は通産省を退職する1999年までの3年間、
コーポレート・ガバナンスの研究をしていました。


コーポレート・ガバナンスとは、

「投資先の企業が健全な経営が行われているか、
企業価値を上げる=株主価値の最大化を目指す経営がなされているか、
株主が企業を監視・監督するための制度」

なのですね。


アメリカでは90年代に入ると、この株主が経営者を監視する仕組みとして
このコーポレート・ガバナンスという言葉が当たり前のように、
使われていたのですね。
ところが、日本ではまったく言われていなかったのです。


村上氏は役人の立場で、この制度を普及させることはできないと
悟ったのです。

つまり、投資家として自らプレーヤーになって変えていくしかないと
判断したのです。
通産省を退職して起業します。


設立の際に応援してくれたのが、オリックスの宮内氏。
45%も出資してくれます。
さらに、当時の財界のそうそうたるメンバーも協力。
日本マクドナルドの藤田田社長、セゾングループの堤清二会長、
リクルートの江副浩正氏、さらに福井日銀総裁ら・・・。


結局第一号ファンドは38億円もの資金を集めます。
若干40歳の元役人というだけで、これだけの人脈と
資金力はすごいですね。


この集めた資金で最初に手掛けた案件は、生糸メーカーの昭栄への
投資です。

上場会社は株価に発行済み総数をかけたものが、「時価総額」と呼ばれます。
つまり、上場会社としての市場価値ですね。
時価総額50億円程度の会社ですが、無借金で資産が500億円も
あることに着目しました。

資産の内訳は、保有していたキャノンの株式だけで200億円、
その他上場株や不動産など。
こういう観点で投資をするのが、村上ファンドなのです。

ここがポイントです。
こんな投資判断をする人は当時誰もいなかったのです。
「資金調達の必要もない企業が上場している意味がない。」
そこまで考えるのです。


そこで当時850円程度の株価であったところ、
2割程度のプレミアムをつけて「株式公開買付け」を行いました。

この株式公開買付けとはTOBと呼ばれるもの。
日本初の敵対的TOBです。

ところが、見事に失敗します。
6.52%としか株は集まらなかったのです。


ただ失敗はしたものの、村上氏の名前がこれで全国区になりました。
さらに株価も3倍にまで跳ね上がり、ファンドとしては大成功・・・。
さらに海外からも資金が集まってきました・・・。

2017年8月16日 (水)

生涯投資家 その1

Photo


「村上ファンド」と聞いて懐かしくて、またもアマゾン衝動買い。
村上世彰氏の「最初で最後の告白」と聞いたら、
これは読まずにいられません。
「ニッポン放送事件」、「ライブドア事件」など関連の当事者は
皆逮捕されて消されてしまいましたからね。


「本当はどうだったのだろう?」

本人の弁をやはり聞いてみたいものですから。


当時、この問題をずいぶん研究したものです。
自慢ではないですが、東京税理士会の研修講師となって、
税理士相手に講義したこともあります。
ライブドアでホリエモンをサポートしたCFOが税理士だ
という話しは結構ウケタものです。

このニッポン放送事件に絡めて、

「会社は誰のものか?」

というテーマで研究したのですね。
このテーマは、中小企業の税務顧問である私にとっても、
永遠のテーマでもあります。


この「会社は誰のものか?」という問いに対して、
強烈なポリシーを持った男。
これこそが村上世彰氏なのですね。


「会社は株主のもの」


これこそが欧米流の考え方なのですね。
「コーポレート・ガバナンス」を日本で広めようとして
残念ながら失敗した・・・。


でも「村上ファンド」は日本では叩かれてしまったけど、
考え方そのものは間違っていなかったと、当時も思っていました。
この本を読んで尚更それをまた感じました・・・。


まず、「生涯投資家」と言い切る村上氏の投資家デビューのお話から。


小学校三年生の時に父親から100万をもらい、そのお金で
株を買います。
一株2百数十円のサッポロビールの株を2000株買ったのが
最初の投資です。
すごいですね。
さらに高校生の時に、同和鉱業という仕手株にも手を出した
というから驚きです。


村上氏は関西では有名な進学校の灘高校出身ですね。
その灘高校時代に仕手株にまで手を出す投資家だったのですね。

その後東大法学部に進み、通産省に勤めます。

これだけ株が好きだったら、
どうして野村證券に進まなかったのだろうと本当に思いますね。
でも、この本を読んで納得しました。


投資の師匠は父親だったのですね。
本人は投資家でもあった父親の後を継ぎたかったのですね。
でも、

「国家というものを勉強するために、ぜひ官僚になれ」

その師匠の一言で、彼は役人になったのです・・・。

2017年7月19日 (水)

常識の超え方 その7

熱く語ってきた「ベイスターズ・シリーズ」
私のような「にわかベイスターズ・ファン」には
いろいろご紹介すべきところは多いのですが、
そろそろまとめましょうか・・・。
まあ、これはすべて「ジャイアンツ・愛」の裏返しなのですね。


「経営のプロ」の経営手法はお分かりになりましたでしょうか。

「日本のGMはなぜ元プロ野球選手なのか」

これは強烈な巨人批判ですね。
先日、ジャイアンツのGMに元巨人の投手だった鹿取氏が
なったばかりですからね。

「勝つための戦力を用意し、監督・コーチ陣も含めて
勝てる陣容を整えるのがGMの役目」
なんだそうです。
GMとして野球を知っていることは重要なのかもしれないですが、
やはり経営者なのですね。
海のむこうのMLBでは、野球経験のないGMも多いのだそうです。
却ってしがらみのない野球未経験の方の方が、
思い切った改革をできりのかもしれないですね。


ベイスターズがハマスタを買収したように、
ジャイアンツが東京ドームを買収するためには
しがらみのない方が絶対必要なのでしょう。


池田氏はハマスタを買収したあと、
「本物の球場メシ」を開発して提供したそうです。
不味くて高い弁当ではファンが納得しないからなのですね。


ベイスターズの若手選手寮「青星寮」で提供されてきたカレーを
「青星寮カレー」を提供したり、

唐揚げ「ベイカラ」

ホットドック「ベイスターズ・ドック」
をファン向けに開発したそうです。

大ヒットしたのが、
「ベイスターズ・エール」と
「ベイスターズ・ラガー」のオリジナル「地ビール」ですね。

「ベイスターズ・ラガー」を飲んでみたいですね。
これ聞いただけでハマスタに行きたくなりませんか。


こういうことをできるのが優れた経営者でしょう。
球場では永年、出入りの弁当業者がいるわけですし、
ビール会社としては、まさに「ドル箱」の売り場ですからね。
そのしがらみを「叩き切ること」こそが真の経営者なのでしょう。


あと最後になかなかいいことも言っていました。

「球団経営はもうかりすぎてもいけない」

これは一般企業に参考になるお話なのでしょう。
やはりファンあっての球団という考え方なのですね。
ファンに還元しなければならないのです。


「球団社長はファン投票で選ぶべき」

これも素晴らしいですね。


「AKBの総選挙」!?ではないですが、
ジャイアンツの球団社長も毎年ファン投票で選んでほしいですね。
ファンが納得したトップなら、心から応援するのでしょうね・・・・!


(ガンバレ!! ベイスターズ・
ジャイアンツももっとガンバレシリーズ おしまい)

2017年7月18日 (火)

常識の超え方 その6

聡明なるブログ読者の方々には
私の言いたいことはもうお分かりでしょう。

「ベイスターズがこれだけ頑張っているのに
どうしてジャイアンツは不甲斐ないのだ!」

そうなんですね。
ベイスターズがハマスタを買収し、
ファンと共に球場ごと盛り上げているのです。

球場で販売する弁当の値段や味まで口をだし、ファンが納得するものを
提供し、せっかく訪れてきたファンのために非日常の楽しみを
演出しているのですね。

まさに「おもてなしの心」

それに対して、たまに行く東京ドームの弁当の
「高さと不味さ!」
ジャイアンツ球団はファンをどう思っているのでしょうか・・・。
ジャイアンツも東京ドームを買収してくれ!
とまで言言いませんが・・・・。


Photo

面白い表が載っていました。
プロ野球12球団の選手年棒です。

一位はソフトバンク。
合計年棒と平均年棒はすごいですね。
その次が「我がジャイアンツ」
これだけ出していながら、あの成績・・・。

それに対してDeNAはどうでしょう。
選手合計年棒は14億円!
12球団ダントツの最下位なのですね。

平均年棒も最下位なのですね。
プロ野球の最低年俸は協定により1500万円ですから
いかに低年俸の選手が頑張っているということでしょう。

ハマの4番は現在筒香選手ですね。
2016年の年棒は1億円でした。
それをあえて3倍増の3億円にしたと書いてありました。

年棒をアップした時に筒香選手は
「ありえない、考えられないくらいの額」
と答えたそうです。
球団の平均年棒を考えたらまさにそうでしょう。
それに応えるべく活躍を彼は見せてくれました・・・。

「戦力を買うか育てるか」
ということを論じていましたが、
「しっかりとした、チーム作りの方針と共に
生え抜き選手を中長期的に育て上げ、その過程をファンと共に
歩む・・・。」

素晴らしいですね。
私もジャイアンツからベイスターズに鞍替えしましょうか・・・・!?

2017年7月14日 (金)

常識の超え方 その5

シーズン・シート戦略はなかなか経営学的に
参考になるお話でした。


売れすぎてもダメなんだそうです。
これは難しいところでしょうね。


「プレミアム・チケット作戦」でチケットそのものが
購入できないと心理的に煽ると

「では年間契約であるシーズン・シートを取りあえず買っておこうか」

そうなりますね。
確かにシーズン・シートは売れるはずです。
年間のチケットを「前売り」でさばくのですから
安定的に売上があがりますね。
でもダメなんです。
結局前売りを買っても実際に来場してくれないと
困るのです。
経営者としての発想が大事でしょう。


前売りを無駄にすると空席が多くなりますね。
そうなると球場が盛り上がらないのです。

「ファンで埋め尽くされた満員のスタンドが醸成する
『非日常感』や『熱狂感』がプロ野球というライブエンターテイメントの
核をなすものである」と・・・。


「なるほど!」

と思いませんか。


東京ドームによく行きますが、東京ドームは空席が多いですね。
確かに白けるのです。
ドーム球場としては、「接待用としてシーズンシート」はドル箱の
はずです。
人気の巨人戦なら接待にはもってこいですからね。
でも実際に使われていない席が多すぎるのです。


熱狂的な巨人ファンは皆外野席です。
だからこそ巨人戦は盛り上がらないのでしょうね。


ベイスターズのファンは確かに盛り上がっていますから・・・。
本当にこここそ巨人軍の幹部に読んでいただきたいところです・・・。


あとこれは絶対ご紹介しないといけないことですが
この方のおかげで横浜スタジアムを買収したのです。

実はこれはまったく知らなかったことですが、
横浜スタジアムと球団との契約内容が長年の重荷になっていたのです。

この「球場問題」のおかげで、
大洋漁業(マルハ)からTBSへ、そしてTBSからDeNAへと
身売りが繰り返されてきたのです。

この諸悪の根源を断ちきった池田球団社長の経営手腕は
見事といえるしかないでしょう・・・・。

2017年7月13日 (木)

常識の超え方 その4

ではその売上をどうやってあげてきたのか?
こういうこと興味ないですか?
これこそマーケティング!

書きながら思い出しましたが、
前にご紹介した「野村證券第二事業法人部」の
横尾氏が、新宿野村ビル支店長になった時に、
その時の社長に対して「データベース・マーケティング」を
提案したけど、それが却下されて野村證券辞めたのですね。

20年前の野村證券の経営幹部には
「マーケティング」なんて発想はなかったのでしょう。

営業出身の社長さんにはなかなかこういう発想はできないのです。
「昭和の時代」の営業はとにかく「頑張る」こと・・・。
「夜討ち朝駆け」などひたすら靴の底を減らすのが営業。
これが王道とされていたからなのですね・・・・。

池田氏のようにこれからは新しい発想で売上を構築していかなければ
ならないのですね。

マーケティング戦略をいくつかご紹介すると、
「プレミアムチケット化」
チケットが購入することが難しいという顧客心理に訴える作戦
「子ども限定の無料チケット」
野球をする子供の数が減っていることに対する戦略。
同伴する親のチケット収入も当て込む。

「スマートフォンに特化した販売システム」
現在はスマホの購入者が5割から8割。
使い勝手を向上させる。

「イベントのブランド化」
イベント自体のファンも増やす。

なかなか頭の良い方ですね。
その結果、2011年には観客動員数が
110万人だったのを190万にも増やしていったのですね。

Photo


それとこれは知らなかったのですが、
シーズンシートを売りまくったのですね。
シーズンシートなんて言葉だけは知っていますが、
「大企業の接待用で超高い」というイメージでしょうか。


Photo_2

ベイスターズのHPで見つけましたが、
シーズンシートの料金表です。
バックネット裏の5,60万はちょっと高そうですが
20万位からあるのですね。
野球好きの社長さんのいる中小企業でも買えそうですね。

ただポイントは「お付き合いでシーズンシートを買ってもらっても
実際に来ないと球場全体で盛り上がらない」そうです。
単なる接待用では困るということなのですね。

2017年7月12日 (水)

常識の超え方 その3

親会社DeNAはともかく、この5年でいかにベイスターズが
変わってきたか、これはやはりこの池田社長の経営手腕なのでしょう。

若干35歳でベイスターズのかじ取りを任されます。
「プロ経営者」
といったら失礼でしょうけど、この経営手腕を
ぜひ学んでいただきたいのですね。

私も税理士となって20年。多くの30代の若手社長と
接してきました。

経営者である以上、当然に「プロ」です。
でも年齢に関係なく、マネジメントを突き詰めれば、
大赤字の会社でも黒字に転換できるのです。
これこそ「プロ」たるゆえんですね。


球団経営について初めて知りましたが、学ぶべきことは多いとも
思うのです。

プロ野球12球団の年間の売上総額は1500億円だそうです。
でも球団によって人気や実力の差があって、年間50億円から200億円
なんだそうです。

たぶん人気球団の「常勝!?」巨人などはトップの200億円
なんでしょう。
フロントが誰でも(失礼!)黙ってても黒字なのかもしれません。

5年前、かつての「最下位・不人気球団」のベイスターズはまさに
売上も最下位の50億円。
数字通りですね。
それをどうやって100億円越えしたのか?

どこの中小企業、販売会社でも参考になるお話ではないでしょうか?
まさに「マーケティング」なのです。

池田社長のそのマーケティング分析から。

プロ野球の球団の売上構成は
「チケット」、「グッズ」、「スポンサー」、「放映権」
の4本柱が従来から言われていました。


「チケット」とはまさに球場の入場券収入ですね。
「グッズ」とはベイスターズの商品の売り上げ収入。
スポンサーとは協賛企業からの収入。
放映権とはテレビなどへの放映権の収入。

何となく分かりますね。
その4本柱のどうやって売上を伸ばしていくかの
マーケティングを徹底分析です。

これこそ社長の大事な仕事なのですね。

ここです。
若くしてそれこそ30代で社長になった方は
ここが分からないのです。
最近まで営業マンだった方、職人だった方が
30代で急に社長になったとしますね。
今まで通り営業マンや職人のままではダメなのですね。
経営者の大事な仕事はココなのですね・・・・。

2017年7月11日 (火)

常識の超え方 その2

しかし、この決算数値を見て驚く人も多いのではないでしょうか?
赤字が大きすぎますね。

確かに2016年にようやく黒字転換しましたが、
それまで当初の3年間は毎年20億円!
普通の企業なら絶対潰れていますね。
やはりプロ野球という特殊な業態だからでしょう。


「選手の年棒だけで毎年20億から50億円もの
投資が必要」と書いてありました。
なかなか超難しいビジネスなのでしょうね。


さてそのビジネスの本題に入る前に、DeNAの説明から。

このDeNA創業者の南場さんを以前取り上げましたね。こちら
創業して1000億円企業に育て上げながら、
震災直後の2011年5月に
「病気療養中の旦那さんのために」
なんと突然社長を退任してしまいましたね。

2012


2012_2

その2011年までの実績です。
売上は倍々ゲーム。
ベイスターズ買収当時には当期純利益が300億円もありましたから、
赤字が20億くらい出ても単なる「節税」ということだったのでしょうか。

それより、広告宣伝の意味合いの方が強かったでしょうね。
新興企業であるDeNAにとっては、
毎日、新聞テレビにDeNAの名前がでれば
毎年20億円くらいは宣伝費と考えれば安いものなのでしょうか・・・。


しかし、その本読んだ誰しもが想像したと思いますが、


「南場さんのいなくなったDeNAはどうなってしまうのだろう?」


2013


2013_2


(DeNAのHPより)


残念ながらこうです。

万年最下位のベイスターズがCSに出場するくらい強くなり、
観客動員数も増え、黒字にもなった5年間だっと思います。


でも一方で本家本元の親会社のDeNAは
この5年間で知名度が上がった割には・・・・。

より以前の記事一覧