趣味のお話

趣味のお話

2019年3月18日 (月)

中野ランニングフェスタ

20190317_nakano


中野の地元の大会ですからね。
必ず出るようにしています。
事務所から歩いていけるのが本当にありがたい。

ただ1周2キロのコースをぐるぐる回るので、
なかなか精神的にはシンドイ大会なのですね。

あの東京マラソンから2週間。肉体的疲労は抜けたのですが
確定申告明けでかなりの練習不足。
それで楽しむことをメインに参加しました。

スタートは午後1時30分。
ゆっくりなのはありがたいけど、ちょっと遅いのですね。

しかし、スタートのブロックが、「速い」、「普通」、
「遅い」の3種類。「中野らしい」ゆるさですね・・・。
謙虚に「普通」に並んでスタート。

最初の1周目は本当に大混雑。
1キロ5分30秒。ランナーでこれが限界ですね。
少し道幅が広くなったのであげてみます。
2キロ5分20秒。

でも狭いコースです。
これ以上は上げられない感じ。
3キロ~5キロは5分20秒前後。

フルマラソン2週間後としてはいい感じですね。
5キロまでで26分52秒。
27分を切っていますね。
6キロラップ。5分17秒。

ここからがキツカッタ。
実は4周するものと勘違いしていたのですね。
「5周か・・・」
結構精神的に参ったのですね。
「5周する」というアナウンスが事前に欲しかった・・・。

7キロラップ。5分30秒。
でも今日の収穫はここから粘れました。
8キロ。5分23秒。
9キロ。5分33秒。

そしてゴール!!
タイムはなんと51分25秒!!(ネット)

あれ?なんだか計算が合わないですね・・・。
5分20秒~.30秒ペースだから、たぶん53分か54分台のはず・・・。

まあ、このあたりも「中野らしい」・・・。
楽しい週末でした・・・。
Nakano_run


2019年3月 6日 (水)

東京マラソン その3

さあ!後半戦。

「4時間半切り目標」が、ハーフで
もう早くも貯金を使い果たして2時間15分・・・。

でもあきらめていなかったのです。

「まだまだ・・30キロからが勝負だ!そこからスパートだ・・」

まだ強気でした。

しかし、本当に寒い。

10キロくらいまでで温まった身体でしたが、雨に打たれて
その頃は完全に冷え切っていました。
アンダーシャツを2枚の上にTシャツ、さらにレインウエアを
着こんでいるので4枚も着ているのですけどね。
さらにシューズも完全にずぶぬれで重いのです。
足先からも冷えてきます。
周りにTシャツ・短パンで走っている人を何人も見ましたが
あの格好で走るのはさぞ辛かったと思います・・・。

上半身が寒さで固まると、どうも走りがおかしくなります。
1キロ6分半も切れなくなってきました・・・。

25キロ地点 2時間38分31秒

このあたり精神的に一番キツカッタと思います。

ペースがだんだん落ちて、1キロ7分くらいに・・・。

Dsc_0817_2

その30キロ地点。
3時間14分33秒。

ここで強い雨が降ってきました。
スパートする出鼻をくじかれる感じがして、またショックだったのですが、
「これは思い出に残る30キロだ」
そう感じてつい1枚。もうここでスマホも仕舞い込みます。


Photo


31キロ地点。応援に来てくれていた友人の写真。
下を向いていて、ちょっと辛そうですね。
でも雨の中待っていてくれたことに感激し元気に。

さらに32キロ地点。
ここでも応援に来てくれていた家族から声援。
孫まで来てくれていてびっくり。
やはり、こういう時こそ応援がうれしいものですね。

「あと10キロ悔いが残らないように走ろう!」

もう必死でした。
そこでちょうど、後ろから5時間のペーサー。
これが結構速い。ついていくのがやっと。
ペーサーのおかげでペースが少しアップ。

35キロ。3時間51分05秒。
あと7キロ。
このあとはもう気力だけ・・・。
「4時間半は無理でも4時間40分くらいには・・・。」
でもキツイ足を動かしながらもがきます・・・。

ラスト1キロ。
日比谷を左折して大手町方面へ。
最後のビクトリーロード。
応援が多くここが一番楽しいところ。
ついにゴール。

4時間47分46秒。

久し振りの5時間切りですね・
しかも4時間50分を切ったのも
3年前の横浜マラソン以来ですね。

天気を言い訳にはできませんが
何かつかんだ気がしております。


ありがとう東京マラソン!
そして皆様応援本当にありがとうございました。


1


2


2019年3月 5日 (火)

東京マラソン その2

30分以上雨に打たれ、寒さに震えながら待たされましたからね。
スタートは本当にうれしかった。

速すぎるので時計を見ると、1キロ5分30分ペース。
ちょっと飛ばしすぎなので押さえます。
新宿大ガードのところで早くも1キロ。
6分12秒。いい感じです。
歌舞伎町の広い道へ。
道幅が広くなり走りやすい。
自然とスピードが上がります。
2キロ。5分54秒。
ちょっと飛ばし過ぎですね。
雨の中皆笑顔で新宿の下り坂を駆け抜けます。
3キロ。6分11秒。
いい感じです。ようやく作戦通り6分10秒台。 
本当に楽しい。身体がようやく温まってきた感じです。
ここで応援中の税理士のラン仲間を見つけうれしくなります。

飯田橋の前くらいで5キロ地点。
31分03秒。予定通りですね。

書き忘れましたが、今回はあえて写真は封印。
スマホは持って走っているもののポーチに入れたまま。
タイムに拘る作戦なのですね。
正直東京マラソンもこれで4回目。
コースは頭の中に入っていますからね。
7キロ過ぎ、神保町の靖国通りを駆け抜けます。
いつもの「YMCA」でテンションあがります。

ただこのあたりから雨がまた強くなってきました。
ペースは6分10秒~20秒で調子はいいです。

神田駅を通り抜けて日本橋方面へ。
日本橋にある野村證券が見えてきました。
ここも思い出の地。
証券マンとして駆けずり回っていた街並みですね。
あの頃はバブル絶頂で楽しい思い出ばかり。
・・と感傷に浸っていると早くも10キロ地点。
1時間1分00秒。予定通り。

このあたりで走友会の応援の方々から盛大なエール。
元気をもらいます。

大きく左折して浅草方面へ。
ここでトップ集団とすれ違います。
速い!

敢えて右側を走り、エリートランナーのパワーをもらいます。
大迫選手も見えました。大歓声です。

12キロのラップが6分03秒。
つられてスピードが上がります。

14キロラップ。5分58秒。
ついに6分を切ってきました。
浅草雷門を通ってスカイツリーの絶景ポイントへ。
写真を撮りたいのをここでも封印。

15キロ。1時間31分44秒。
ここまでは絶好調!

蔵前橋を渡り両国へ。
ここからが正念場。
アップダウンがあり、前回はここから失速しましたからね。
6分20秒~30秒で粘ります。

門前仲町で20キロ。
2時間4分8秒。

Dsc_0815


落ち返してようやくハーフ。

2019年3月 4日 (月)

東京マラソン その1

Dsc_0811

いよいよ待ちに待った大会ですね。
このためにここ数カ月真面目にトレーニングをやってきたのは、
このブログでアップしたとおり。
30キロ走を結局、青梅マラソンを入れて3回もやりましたからね。
その30キロ走は3時間4分~5分。

大会前のレース予想としては、
前半抑え目にして30キロまでを3時間10分くらい。
つまり、1キロあたり6分20秒くらいでいっても、
残り12キロが多少落ちても4時間30分は楽に切れるのでは
という淡い期待をしていました・・・。


会場には余裕で7時頃に到着し、
写真はスタート前のやる気満々の顔です。
レース直前の慌ただしい中、海外からの参加者に
無理を言って(一応英語で)撮ってもらった写真。

「ついに自己ベスト更新か・・・」

そう考えているワクワクしている様子が分かるでしょうか。

Dsc_0806

ただここで非常に残念なお知らせ。
この写真では分かりにくいですが、雨です。
しかもかなりな雨。

前日くらいまでは、
「15時くらいから雨となる見込み・・・」
そういう天気予報だったのですね。

ところが急転してスタート前の8時頃から雨です。
これはテンション下がりましたね。
よって結構寒い。

雨となったので、会場でスタート準備するにあたって
いろいろ考えました。
予備に持ってきたレインウエアを着こみ、
ハチマキ以外に帽子、それと急きょアンダーシャツを一枚追加。
用意周到ですね。
それにランニングポーチには秘密の持ち物。

Dsc_0804


そうなのですね。
市民マラソンには「ドーピングはありません!??」
買い込んだジェルなどを入れられるだけ詰め込みます。

10分くらいトイレに並んで荷物預けへ。
しかしこの頃、雨が強くなってきました。

当然上着を全部預けたから結構寒い。


Dsc_0813


スタートブロックはGブロックへ。
2年前に5時間越えしたのですけど、
どういう訳かまたGブロック。

8時半に並んでスタート9時10分までの40分間。
ひたすら寒さに耐えました。
これは正直かなり辛かった・・・。

Tシャツ姿の方も何人もいましたが毛結構マジで震えていましたね。
レインウエアを持っていないか忘れてきたランナーでしょうか。

でも多くのランナーがスタート直前、皆レインウエアを
脱いで捨てていましたが、その後どうなったのでしょうか・・・。

スタートのタイムロス12分01秒。
スタートしてから皆速い。
キロ6分を切るスピードです。
皆寒さで縮みあがった筋肉をほぐすように飛ばします。

雨だけど妙に楽しい。
ついに4回目の東京マラソンがスタートしました・・・・。

2019年2月25日 (月)

川崎月例

Dsc_0792_2


いよいよ東京マラソンまで1週間切りましたね。
最後の調整として川崎月例に出場してきました。

先週は青梅マラソン30キロを走りましたからね。
若干疲れが残っているかもしれないので、
実はあまり本気で走らないように心掛けたのですけどね。

しかし、写真のようになかなか良い天気です。
本当に今日が東京マラソンなら良かったのですけどね。
春の陽気です。若干汗ばむくらい。

まず3キロ。
身体が軽く感じられるくらい調子が良いです。
トラックを1周する間に、なんと4分20秒まであがります。
ちょっと飛ばし過ぎですね。
来週の本番に備えちょっと自重。ペースを落とします。

それでも1キロラップは4分54秒。
5分を切ってきました。
ただそこから苦しくなってきました。
「来週があるから」
とさらにペースダウン。
2キロラップ。5分22秒。
こんなものですね。
でもトラックに入りラスト400メートル。
ちょっと上げてみました。
最後の3キロラップは5分11秒。
結局15分29秒。
いい感じですね。

次の5キロ。
わずか15分のインターバル。
次こそ本番に備えて
「6分20秒ペースで走ろう」
と思ったのですが・・・・。

最初の1キロが6分14秒。
予定通りです。
これくらいのペースだとドンドン抜かれます。
ちょっと面白くないのですね。
少し上げてみます。
2キロのラップ。6分ジャスト。
3キロ。5分56秒。いい感じです。

折り返して4キロ。6分7秒。
ここからスイッチが入りました。
上げてみます。
最後の1キロは5分39秒。

結局30分ジャスト。
6キロ平均で「流す」ことができました。
いい感じですね。

来週が楽しみです。

(東京マラソンまであと6日!)

3kiro


5kiro

2019年2月20日 (水)

青梅マラソンで自己ベスト更新! その3

20キロ過ぎて緩やかな下り。
ここでまたペースを上げます。
道幅も広く走りやすい。


ただ軍畑駅から二俣尾駅までの22キロあたりの急坂が
最大の難所。
昨年はこの坂で見事に足が止まりましたから。


でもここでサプライズが2つ。

Dsc00189


坂を上ろうとしたところに、あのロッキーおじさん。
つくばマラソンで必ず見かける方ですが
今日は青梅まで遠征してくれています。
ロッキーを聞くとやはり元気が出ますね。

Dsc00192

勢いよく駆け上がっていくとまたサプライズ。
またQちゃんです。

一番苦しい場所をやはり知っているのですね。
ランナーは皆笑顔になります。

結局22キロの1キロラップは6分41秒。
写真を撮りまくっていたからそっちのタイムロスを
考えれば6分ちょっとで駆け上がれたのですね。

一番苦しいところをクリアするとまたホッとします。
ここから下り坂で加速。
23キロ6分14秒。
24キロ6分00秒。

ただそのあとが最後の上り。
このゆるやかな坂が結構キツイ。

25キロ地点。2時間34分49秒。

ちょっと3時間切は難しくなってきましたね。
ラスト5キロ。


あとは下りだけもう突っ込むしかありません。
26キロ。6分3秒。
27キロ。6分3秒。

ここで最後のサプライズ。
またまた後ろから元気な女性の声が聞こえました。
Qちゃんです。


「あと3キロ!頑張るぞ!!」

「オー!!」

Qちゃんと一緒に走っているランナーは50人くらいいて
大集団です。

後ろから何だか煽られているようです。
ここで一緒に走ってゴールしようかと思いましたが、
あえてスピードアップです。
28キロ。5分56秒。
29キロ。5分41秒。

キツイけど5分台で走れて何だかうれしいのです。
ラストを速く走れる喜びというのでしょうか。

Qちゃんの声がはるか後ろで聞こえるようになりました。
30キロ。5分39秒。ついに5分40秒を切ってきました。
ペースを上げてゴールです。

3時間4分8秒!!

もちろん、自己ベスト!!
総合順位6470位。
5キロ地点から1500人も抜いています!
これだけ抜きまくったマラソンは初めてですね。

本当に楽しい青梅マラソンでした。
Qちゃんありがとう!!


Photo_2

Oumetime2_2

2019年2月19日 (火)

青梅マラソンで自己ベスト更新! その2

Dsc00176

9キロ手前。
先頭のケニアのエゼキエル選手です。
ぶっちぎりの優勝で本当に速かった。
1時間29分06秒と、それまで瀬古さんが唯一30分切りだったのですが
ついにその大会記録を更新したのですね。

個人的には服部勇馬選手との一騎打ちが見たかったのですが
残念ながら服部選手は欠場でしたね。


Dsc00179


10キロ。1時間56秒。
上り坂をなんとほぼ6分ペース。

だけどここからがキツイ。
アップダウンの繰り返し。
特に14キロあたりの坂が・・・。
でも6分20秒前後で粘ります。


Dsc00182


折り返しです。
青梅マラソンの折り返しは好きですね。

「もうこれで上らなくていいんだ・・・」

ホッとするところ。
折り返すとすぐ15キロ。1時間33分01秒。
目標の3時間のペースには約3分遅れ。

このあたりで走友会のメンバーを抜きます。

「大丈夫だ。3時間切れるぞ!」

それを聞いて何だかうれしくなりました。
その言葉のおかげで何だかスイッチが入りました。
16キロのラップは5分44秒。
17キロのラップが5分44秒。

下り坂を一気に加速できるのですね。
18キロも5分58秒。
19キロも5分47秒。

もうスキップするかのように足が動くのですね。

Dsc00187

ついに20キロ。2時間2分48秒。
あと10キロ。
3時間切は難しくなってきましたが
計算上はあと残りを5分40ペースまで上げればサブスリーです。

それを考えるだけで
ここまでは本当に楽しかった・・・。

2019年2月18日 (月)

青梅マラソンで自己ベスト更新! その1

Dsc00155


楽しみにしていた大会です。
昨年は屈辱の3時間38分・・・。
このリベンジを何としてもやりたかったのですね。

じっくり調整して走り込みしていましたから、正直自信はありました。
ただやはり坂は苦手なのですね。
その苦手克服のために、「やる気満々」でポーズ。
走りこんでいるせいで少し痩せているの分かりますか・・・・。


スタートブロックは、昨年の実績からか本当に後ろの方です。
ゼッケン番号は「9456」というと先頭から若い番号なので
後ろの後ろ・・・。
スタート位置はまったく見えません。

11時30分スタート。
待つこと約10分。
ようやくスタート位置に来ました。


Dsc00168


なんと「高橋尚子さんと野口みずきさん」の「ゴールドメダリスト」コンビ。
なかなかこの「ツーショット」見られませんね。

いよいよスタート。
最初は大混雑。
しかし、このあたり慣れたもの。
「最初の3キロはアップのつもり」
余裕ですね。

1キロ。6分19秒。これ以上スピードは出せません。
市街地へ。
いつもの「帰ってこいよ~♪」が本当に
「青梅に帰ってきたな・・・」と実感するところ。

ただこのあたり道が本当に狭い。
大混雑でペースダウン。
2キロ。6分38秒。


ここからようやく道が広くなって少しペースが上がります。
このあたりからゆっくり上り坂へ。
3キロ。5分57秒。
ペースが6分を切ってきました。調子がよい感じですね。
4キロ。6分08秒。

5キロ通過。ここまでで30分55秒。
最初のタイムロスは気にしません。
正直このあたりは「30キロを3時間で」
と狙っていました・・・。


ここからだんだん上りですね。
ここで後ろから元気な声が聞こえました。

Dsc00171


なんと高橋尚子さんですね。
大混雑の中、すごい勢いで抜いていきます。
ここでひらめきました。

「Qちゃんについていこう!」

6キロ。なんとラップは5分40秒!
Qちゃん効果でこの上り坂で区間記録!

何だか楽しくなってきました。

Dsc00175

7キロ通過。42分27秒。
さすがゴールドメダリスト。
あっという間にQちゃんは見えなくなりましたが、
Qちゃんのおかげでだいぶ遅れを戻しましたね。
ほぼ6分ペース。

2019年2月13日 (水)

新春囲碁大会

Dsc_0786

もうショックな朝ですね。
私がこれから池江選手のことを書いても誰も読まないでしょうから
得意の囲碁のお話。

週末税理士会の囲碁の大会があったのですね。
以前アップしましたように、昨年の秋季囲碁大会では
Aクラスの部で優勝し、
「東京税理士会で一番強い税理士」
の称号を得たのでしたね。

それで今回は一応「ディフェンディング・チャンピオン」
ですからね。
皆様にご報告せざるを得ません。

でもここずっと仕事もそうですが、走る方も忙しくてね(言い訳)
やはり囲碁はそれなりに練習していないと
なかなか勝てないのです。(また、言い訳)
本当に、「頭の中に碁盤ができていて、見ていて瞬時に
手が思い浮かぶくらい」でないとね・・・(もっと言い訳)

テニスの大阪なおみ選手がグランドスラムを連覇しましたが
それがいかに偉大なことか思い知らされました・・・!?


一回戦、Y選手。
手合いは向こうが2子。
でもなかなか手ごわい相手です。
押し気味で進めていたものの、
最後はポカでバッタリ・・・。

今日はこの一局がすべてでした。
4回戦の大会で一回戦で負けてしまうともう
ヤル気もでないのですね。

テニスのように「コンソレ」でもあれば別ですが、
通常は「スイス方式」です。
スイス方式とは「勝数と相手の勝数足す」やり方なのですが
やはり、一度負けてしまうと優勝はないのです・・・。

それでも2回戦ろ3回戦は奮起し2連勝。
2勝1敗と勝ち星を先行させたのですが、
4回戦最後の相手はF氏。
東京税理士会では有名は強者。

それでも序盤から優勢に進めたのですけどね。
中盤勝を決めに行った手が裏目に出て劣勢に。
残念ながらそのまま押し切られてしまったのですね。

結局2勝2敗・・・。
すいません。
次回は
「東京税理士会で一番強い税理士」

の称号を取り返します・・・・。

2019年2月 5日 (火)

税理士の料理番 その46

Dsc_0781

本日のテーマは酒かすを使った鍋。
冬の寒い日には鍋が最高ですからね。

しかし、どういう訳か「鍋」は料理教室では
あまり作ったことがないのですね。
まあ、簡単だから教えてくれないのでしょうか。
でもこういう簡単な料理ほど、「料理初心者」にはありがたいのですね。

まずは、「タネ」作りから。
酒かすとみそで「酒かすみそペースト」を作ります。
ぜんぜん難しくないのですね。
酒かすにみりんを入れてレンジでチン。
あとはみそ入れてとくだけ。
これで保存がきくタネの完成。

このタネを使って、鮭の酒かすみそ鍋を作ります。
鮭ととうふ、ネギ、えのきなどを切って準備。
あとはタネとともに鍋に入れて煮るだけ。
超簡単ですね。
寒い冬に温まる鍋の完成!

あと二品。
ブロッコリーとささみのゆずこしょうあえ。
ゆでて柔らかくしたブロッコリーさいたささみを
あえるだけ。
ゆずでサッパリとした味になります。

それと切り昆布と大豆の煮もの。
昆布と大豆は実にあうのですね。

しかし、酒かすみそペーストはなかなか応用が
効きそうですね。
もちろん、市販の鍋のもとはたくさん売られていますけど
自分で簡単に作れるのです。
かす汁なんて簡単にできそうですし、
ちょっと具材を増やせば石狩鍋に。


酒のアテをたくさん覚えてきて
もうなんか「小料理屋状態」ですね・・・。

熱燗一本!!・・・・?


本日のメニュー

鮭の酒かすみそ鍋
ブロッコリーとささみのゆずこしょうあえ
それと切り昆布と大豆の煮もの

より以前の記事一覧

フォト
2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31