趣味のお話

趣味のお話

2019年12月 2日 (月)

税理士の料理番 その55

Dsc_0003_20191201184701

 

今回は台風で流れた10月分のレッスン。

安い肉を美味しく食べるワザを教えてもらいます。

こんなこと教えていただくのは料理教室ならではですね。

 

実は料理をやる人なら結構常識らしいです。

まず牛の薄切りのもも肉を使います。

まあこれは安い輸入牛肉でもOKとの触れ込み。

 

まず、まいたけ100gのうち半分を細かくほぐします。

これは包丁でやらず手で引きちぎるのがポイント。

でも結構メンドくさい。。。、

 

これに酒と砂糖をポリ袋に一緒に入れて良くもみこみます。

そうすると、なんと不思議。水分が出るのですね。

これを牛肉にかけておいておくと肉が柔らかくなるのです。

教室では1時間でしたが、一晩おくともっと柔らかくなるらしい。

 

この肉に、残りのまいたけと細かくちぎったまいたけと

一緒に炒めるのです。

付け合わせはブロッコリーとカリフラワー。

これがなかなかうまくできました。

これは秘伝のレシピですね・・・。

 

あとなめらか茶わん蒸し。

茶わん蒸しは以前和食のコースで作ったことありますが、

正直なかなか難しいのです。

それをまさに簡単にできるワザを習います。

だしを取るのはお手のもの。

卵をよくときます。

これに牛乳を加えるのがポイント。

中に入れる具はチーズだけ。

まさに簡単ですね。

あとこれに梅あんをかけます。

これもなかなかのレシピです。

 

あともう一品はかぶとフルーツサラダ。

かぶとキウイと柿というまさに季節のサラダですね。

これは簡単なので説明不要でしょう。

 

しかしまいたけにはこんな効果があるのですね。

一応受け売りですが、まいたけにはたんぱく質分解酵素が

あるため肉が柔らかく美味しくなるらしいです。

もちろん、牛肉以外でも豚肉でも鶏肉でもOK。

 

これは試したいですね・・・。

 

本日のメニュー

 

牛肉の重ね焼きまいたけソース

なめらか茶わん蒸し

かぶとフルーツサラダ

黒米ご飯

2019年11月29日 (金)

反省の追加

4913

 

「5年前はどうしてあんなに早かったのだろう?」

「5年前はどうしてハーフは楽に2時間切れたのだろう?」

 

いろいろ考えてしまいました。

とにかく年齢を理由にしたくはないですから。

それで昨日アップした「月刊ランナーズ」の記事を久々に

じっくり読んでしまいました。

あと、私自身の最近のフルマラソンの記事も・・・。

 

こうしてすべて自分のランニングの記録をおくと

あとから振り返ったときに非常に参考になるものなのですね。

 

 

ランニングを極めた方から見たらすぐ分かるのでしょうけど、

10年前はそもそもランニング初心者だったのですね。

それまで5キロも走ったことがない人が始めたのですから。

最初は本当に試行錯誤でした。

運よく月刊ランナーズの方から読者モニターとして

走らされたからよかったと、後から振り返って

本当に良かったと思っているのです。

 

430

2014年の9月号が最初だったのですね。

早朝6時に青梅街道の歩道橋を何度もダッシュして

撮った写真が懐かしいですね。

 

この記事もう一度読み返して反省してしまいました。

 

「スピードで遊ぼう!」

 

という企画だったのですが、4か月にわたって掲載された記事。

 

「200メートルダッシュ」

「1キロダッシュ」

「5キロ走」

「10キロ走」

 

と毎月トレーニングがバージョンアップするたびに

タイムもよくなったのですね。

最後の10キロ走は「今も破られていない」49分12分の自己ベスト。

 

その時にフルで自己ベストの4時間30分が出たのです。

 

昨日、ヤッソやインターバルとアップしましたが、

もともと5年前はそんなキツイ練習をしていたのですね。

10キロを50分切れるということは

10キロを1キロ5分以内で走れるということなのです。

そうなれば楽にハーフは2時間以内で走れるし、

フルだって4時間30分を切れるのです。

 

4時間30分を切れる練習を教わっていながら

何をやっていたのでしょうね。

あのままその企画が継続していたら、

きっと私はサブフォーくらいになっていたのかもしれませんね・・・。

2019年11月28日 (木)

2019年の目標達成らなず!!

やはりこのことを避けてはいけませんね。

昨年末の月刊ランナーズ2月号でこう宣言したのでした。こちら

 

「『走り出して5年後の55歳がピークだったなんて大ウソだったと

自ら証明したい』これが2019年の私の目標です!」

 

55歳で「4時間30分56秒」という自己ベストを出してから

ずっと更新しなかったからなのですね。

 

結局今年は4レースでした。正直にアップしておきましょう。

 

3月3日   東京マラソン      4時間47分46秒 

4月14日  かすみがうらマラソン 4時間59分58秒

10月27日 金沢マラソン      4時間56分06秒

11月24日 つくばマラソン     4時間58分11秒

 

「4時間半切りします!」

 

といった割にはできなかったのです。

ここはこれで反省し、皆様にお詫びします。

確かにこの4回のうち3回は大雨だったという若干の「言い訳」も

ありますが、記録がすべてなのがマラソンですからね。

特に3月の東京マラソンは直前の青梅マラソンであの難コースの30キロで

3時間4分の自己ベスト出して自信満々で挑んだのでしたが・・・。

 

やはり55歳の時のように、ハーフを余裕で2時間切るくらいでないと

自己ベストは出そうにありません。

フルでのハーフの通過タイムが2時間15分~20分では

どうやったって無理でしょう。

55歳の時はハーフは1時間53分台で走れたのですからね。

 

でももっと正直書くと、2017年くらいから

5時間切れなくなってきていたのです。

直近の2018年のタイムです。

 

東京マラソン    5時間15分48秒

板橋CITYマラソン 5時間18分23秒

横浜マラソン    5時間30分40秒

つくばマラソン   5時間27分35秒

 

本当に横浜マラソンで自己ワーストが出た時

「5時間半も切れなくないならもうやめたら・・・」

と奥さんに言われたのがこのころでした・・・。

 

それに比べたら、今年はもう「余裕の5時間切り」ですからね・・・。

とは言え来年の目標ができたことは事実です。

一年間で30分もタイムが伸びたということは、これを続けていたら

きっと自己ベストは更新できるということでしょう。

 

腹筋ローラーの筋トレは毎日50回、スクワットも50回続けています。

 

ヤッソ(800メートル・インターバル)か

2キロインターバルを週に一回でもやり続けたら

まだまだ伸びると思うのです。

あともう少しストレッチとウエイトを絞ることも

必要だとも思っております。

 

 

とはいえ、月刊ランナーズの読者の皆様にお詫びします。

とりあえず来年3月1日の東京マラソンで

リベンジします!

2019年11月26日 (火)

つくばマラソン その2

Photo_20191126104801

(写真は昨年のもの)

 

ただ調子がいいと言いながら、1キロラップは

6分30秒くらいです。徐々に落ちていますね。

先月の金沢では前半はほとんど6分ペースで快調に飛ばしていましたからね。

 

20キロ。2時間8分56秒。

それでも先月の金沢マラソンは確か2時間4分台。

ちょっとへばってきましたか・・・。

 

ここで衝撃的な光景が目に入ってきました。

4時間30分のペーースメーカーです。

 

「前半までは予定通りだったのに・・・」

 

ちょっとガッカリはしたものの、今まで4時間30分のペーサーには

とっくの前に抜かされているか見たことがないのが

ほとんどだったのですね。

 

ハーフの中間点。2時間16分42秒。

やはり反省ですね。ハーフで2時間10分は切らないと話にならないのですね。

走る前の戦略としてはハーフで2時間5分から10分。

30キロで15分以内ならなんとか・・・。

そう思っていたくらいですから。

 

でも気を取り直して22キロのエイド。

ここの凍らせたブルーベリーがつくばの楽しみ。

 

24キロ地点から大通りを左折して狭いコースに入ります。

正直ここからの5キロくらいが結構つらい。

 

25キロ。2時間46分3秒。

30キロで3時間15分切りは無理そうです。

 

27キロから大型スーパーを左折してからの

ゆるやかな坂がこれまたつらい。足が止まります。

 

29キロのエイド。ここでハプニング。

走友会のメンバーが応援に来てくれていました。

嬉しいですね。

ちょっと元気に。

 

さあ!目標の30キロ地点。3時間24分56秒。

タイム見てちょっとがっくり来ました。

先月の雨の金沢でも3時間20分でしたから。

さらにこれからの1キロラップは8分に近い。ダメですね。

 

「8分ではダメなんだ!」

 

気合を入れなおし踏ん張ります。

34キロのいつもの「おしるこエイド」。

 

慣れたようにお汁粉2杯。ベテランランナーは、先にもらった

水を飲まずにお汁粉をもらうという技を披露!?

 

35キロ地点。4時間4分49秒。

 

いつもならここからさらに失速するところですが

キロ7分くらいで粘ります。

今回のつくばでの良かった点はココダケですね・・・。

 

大学構内で入ったときに、大学生のアカペラの「負けないで」を

聞いてからさらに奮起。

でもこのときすでに4時間30分。

 

「せめて5時間は切ろう!」

 

必死でした。

ゴール直前の走友会のメンバーに笑顔で応えます。

 

ゴール!

4時間58分11秒!!

 

目標としていた4時間半切りは達成できませんでしたが、

インターバルトレーニングとスクワットの効果を

実感した大会でした。

何より一度も足をつらなかったことはたぶん初めてであり

タイムはさておき多少自信につながったレースでした。

今年4回のレースはすべて5時間切り。

でもそのうち3回は大雨・・・。

雨のせいにはしません!

このリベンジは3か月後の東京で晴らします!

 

応援ありがとうございました。

Photo_20191126104802

2019年11月25日 (月)

つくばマラソン その1

Photo_20191125113501

 

さあ!ついに決戦の日が来ました。

ただ、あいにく朝から雨です。

つくばエクスプレスで早朝7時に到着。

降りしきる雨の中を会場に向かいます。

 

つくばマラソンはこれで6度目。

雨で走ったことは一度もなかったのですね。

それどころか、これだけ大雨の日は過去なかったそうです。

 

会場につくと、受付の場所は泥だらけ。

荷物預けだけでマラソンシューズがぐちょぐちょ。

 

しかもスタート直前にかなりの土砂降り。

スタートブロックはFブロック。

先頭より15分遅いウェブスタート。

降りしきる雨で身体も冷え切ります。

かなりテンション下がります。

最初にお断りしておきますが、

大雨のためスマホは諦め、今回は途中写真なしです・・・。

 

9時15分。7ブロックスタート。

身体が冷え切っているので、最初から5キロから10キロは

アップのような感じで入ります。

しかも筑波大学の構内はランナーでぎっしりで前に出られません。

しかも、ところどころに水たまりがあって、それをよけながら走るので

かなり走りづらい。

1キロ。ラップが6分31秒。

まずこんなもんでしょう。

つくばマラソンは「得意の」ロケットスタートは

無理なのですね。

ペースを集団にまかせ、下を見ながら水たまりをよけながら

ひたすら走ります。

 

大学構内を抜け5キロ。

32分3秒。平均6分20秒くらい。

雨で大混雑の中でもいい感じです。

 

ここから大通りに出ます。

いつもなら紅葉できれいな筑波山が見えるところなのですが

雨で全く見えず。

でもようやく走りやすくなってきたので、

フォームを意識しながら自分のペースで走ります。

するとだんだんとペースが上がってきたのです。

7キロラップ。6分11秒。

8キロラップ。5分46秒。

9キロラップ。5分50秒。

なんと1キロ6分を切ってきました。

 

ここで10キロ。1時間2分49秒。

なんとここまでの5キロのラップが30分46秒。

いい感じで上がってきました。

 

昨年はこのあたりから失速してきたのですが、

今回は違いました。

6分30秒くらいで粘ります。

15キロ。1時間35分56秒。

まだまだいい感じです。

 

「今日は違う!イケル・・・」

 

まだまだそう思っていました・・・。

2019年11月11日 (月)

東京税理士会秋季囲碁大会

Photo_20191111090901

 

たまには囲碁ネタ。

いつも走ってばかりではないのですね。

頭も鍛えているのです・・・。

 

昨年の秋季大会では、なんと優勝!

見事日本棋院の6段の免状までゲットしたのですね。

 

「東京で一番強い税理士」

 

とあちこちで言いふらしていたのです!?

今回はそういう意味でディフェンディング・チャンピオン!

でもなかなか連覇は難しいのですね。(言い訳)

というのも優勝すると持ち点が上がる仕組みだからなのです。(もっともらしい言い訳)

しかも、最近走るほうに忙しくて囲碁はあまりやっていないし・・・。(またまた言い訳)

 

1回戦。結構苦手とするHさん。

ハンデはほとんど変わらないくらいで何度も打っている相手。

序盤がうまくいって、終始押し気味に進めて大差で勝利。

やっぱり初戦は大事なのですね。

そのあと昼食だから、負けるとご飯が美味しくないし、

もう優勝がないからやる気もなくなるし・・・。

 

2回戦。これは完全に苦手とするKさん。

この方はもと税務署出身の方で現役の時から何度も対戦し、

なかなか勝てない相手。

やはり、その先入観がよくなかったのですね・・・。

序盤から劣勢。

大石が取られてしまって万事休す。

余程投了しようかと思ったのですが、粘ります。

最後は大石を逆に攻め合いに持ち込む「返し技」が

決まりそうになりましたが、やはり相手が一枚上手。

あっさり返されて本当に投了。

これで連覇の夢は立たれました・・・。

 

がっくりして3回戦。

精神的に気合が入らずそのまま不本意ながらあっさり

土俵を割った感じ・・・。

 

こうなると気持ちの立て直しが難しい。

最終の4回戦も、序盤で大石が取られて残念・・・。

 

結局入賞にもならずさっぱり。

まあ、こんな日もありますね。

 

でも懇親会はまさに「ノーサイド」

これが楽しい。長年やっていると囲碁を通じて諸先輩と

酒を交えていろいろ語らいます。

 

まあ反省しきりの一日でした。

この悔しさはつくばマラソンでリベンジします!?

2019年11月 5日 (火)

税理士の料理番 その54

Dsc_9273

 

久しぶりの料理です。

先月は台風で中止でしたからね。

今月は2回分頑張ります。

 

本日はとりむね肉を使った料理です。

とりむね肉は「低カロロー高たんぱく」

まさにアスリート向きの料理なのですね。

 

それを今回はクリスピー焼きにします。

クリスピー焼きなんていかにも今流ですね。

まさに「カリっと」、「パリッと」焼く技を学びます。

 

まずしょうゆ、にんにく、しょうがでタレづくり。

とり肉をそぎ切りしてタレにつけます。

それにてんぷら粉をまぶして、砕いたコンフレークを

まぶすのです。

あとは焼くだけ。結構簡単です。

まさに「パリッと」仕上がります。

付け合わせは、キャベツとにんじんのマリネ。

これも簡単。

 

つぎにだいこんのポタージュ。

だいこんとたまねぎを切ってバターで炒めます。

それをミキサーにかけます。

それに牛乳をいれるだけ。

 

なかなか美味しいのですね。

 

最後の一品はかぼちゃシナモン。

これは切ったかぼちゃをシナモンスティックで煮るのが

ポイント。

なんとなくデザート風に仕上がります。

 

今回は品数多かったのですが、

やってみるとあっという間に出来上がりました・・・。

 

 

本日のメニュー

 

とりむね肉のクリスピー焼き

キャベツとにんじんのマリネ

だいこんのポタージュ

かぼちゃシナモン

2019年10月30日 (水)

金沢マラソン!! その3

0055

 

14.5キロ地点。

金沢マラソン名物の「食べまっしステーション」

何かと思ったら「ちくわ」でした・・・。

 

でも実はトンネルを超えた13キロ地点くらいから

雨が降ってきていたのですね。最初は「霧のよう」で

気持ち良かったのですが、結構降ってきていました。

 

15キロ。1時間32分20秒。

ちくわを食べていたせいか、ちょっとタイムロス。

 

ここで考えました。

「せっかく調子が良いのに、これは自己ベスト更新のチャンスだ!」

スマホを早くもしまい込みます。以降は写真はお預けです。

 

16キロ。ラップは6分01秒。

 

このあたりから旧街道の街並みゾーン。

雨の中多くの方が応援してくれています。

 

19.6キロ地点。また食べまっしです。

通過しようかと思ったのですが、つい「きんつば」に手が出て・・。

なかなか旨かったです・・・。

 

昨晩訪れた東茶屋街が雨でかすんでいます。

20キロ。2時間4分27秒。

エイドで楽しんでいるとだんだんロスしますね・・・。

 

でもさらに雨が強くなってきました。

 

22キロ、23キロ。キロ6分30秒前後。

「大丈夫だ。後半このまま粘れば、仮に7分になっても

4時間半切りだ!」

 

でも無情の雨がさらに強くなってきました。

このあたりから本当に「土砂降り」です。

ここから30キロくらいまでは本当にキツカッタ。

 

それでも応援してくれる人たちには本当に頭が下がります。

 

「風邪ひかないでよ~。」

 

そんな声援が聞こえます。本当に体が冷えてきました。

 

「拷問のようだね・・・」

 

そういわれたとき、本当にそう感じていました。

足が完全に止まり、本当に心が折れそうな土砂降りでした。

最初は水たまりを避けて走っていましたが、

もう靴自体もその中も雨でずぶぬれで

そんなことは、もうどうでよくなってきました・・・。

 

29キロくらいになってようやく小降りになり、

ようやく30キロ。3時間20分29秒。

結構ショックでした。

「また4時間半切りはダメか・・・」

31キロの食べまっしで「カツカレー」をやけ食い・・・。

でも意外とうまかったのですね。

 

あとは降りしきる雨の中を、ひたすら走りました。

それでも応援の方々の声援は暖かった。

本当に金沢マラソンは応援がありがたい。

 

ようやくゴール。4時間56分6秒。

 

0056  

 

4時間半は切れませんしたが、収穫のあったフルマラソンでした。

確かに雨が降らなければとは思いましたが、

それも言い訳にはできませんね。

あの大雨の中でゲストランナーの山中教授は自己ベストの3時間24分で

走ったと後から聞きましたから。

 

「腹筋ローラー」と「ヤッソ」の効果は確かにあったと思います。

「もっと筋トレに励めば自己ベストは更新できる。」

そう確信した金沢マラソンでした。

 

「金沢の仇は茨木(つくば)で撃ちます・・・・」

応援ありがとうございました。

 

0057

2019年10月29日 (火)

金沢マラソン!! その2

2キロのラップがちょうど6分。

飛ばしすぎかと思って抑えたのですね。

でも足が自然と加速していきます。

 

0041

金沢駅前の鼓門で折り返し。

 

0043

昨日行った近江町市場のある武蔵交差点で右折。

金沢市の繁華街を通りますが、応援がすごい。

0044

待ち合わせしておいた家族からパチリ。

実に楽しいですね。

 

またまたキロ6分を切ってきます。

 

5キロ通過。

29分50秒です。

フルで5キロを30分を切って走ったことないですからね。

ここで絶好調宣言!

 

「今日はイケル!」

 

直線コースが走りやすく加速していきます。

犀川を渡り市役所方面へ。

徐々に上りです。

0045

 

ここで戦略を書いておくと、金沢マラソンのコースは

前半12キロくらいが上りなのですね。

でも上りはここだけ。

私の不得意な上りさえクリアすれば、あとはずっと下りか

平坦なのですね。

ほんとに「私のためだけの記録狙いのコース」なのです。

 

坂でもキロ6分台で粘ります。

8キロのラップは5分48秒。

9キロのラップは5分51秒。

 

驚異的に6分を切って駆けあがっているのです。

 

0048

ようやく10キロ地点通過。

うれしくなって一枚。

 

記録は1時間48秒。

なんとほぼ6分ペースで駆け上がったことになります。

 

 

このあたりでサプライズ。

ゲストランナーの野口みずきさんです。

ランナーに声かけながら通り過ぎていきます。

写真はあえて撮りませんでしたが、思わず後ろ向きでタッチ!

金メダルランナーからパワーをもらいました!

 

0049

ここでトンネル。

最後のきついところですが、暗闇の中粘ります。

 

0052

トンネルを抜けると12キロ!

 

「これで坂が終わった!」

 

写真で分かるでしょうか。

あとはずっと下り坂なのです。

 

うれしくなってスキップするかのような思い。

 

「これで記録は狙える!」

 

そう確信した瞬間だったのですが・・・。

 

2019年10月28日 (月)

金沢マラソン!! その1

0031

 

いよいよ待ちに待った日が来ました。

金沢マラソンは当日受付がないので、当然前泊です。

ありがたいことに新幹線は前日からようやく動き出したのですね。

 

金沢というと実は20年ぶりです。

ずいぶん様変わりしましたね。

 

0032

まず金沢駅のシンボル鼓門(つづみもん)です。

なかなか壮観です。

ここで受付です。駅前の受付なんて参加者にはありがたいものです。

 

0030

 

受付会場で気合の4時間30分切りを誓います!

 

0033

ここから兼六園に行こうかと思ったのですが、

まず、近江町市場で腹ごしらえ。

 美味しい寿司を食べようと思いましたが、どこもランナーで大行列。

そこで海鮮丼をいただきます。

これで2000円!

なんと、のどぐろの刺身とのどぐろの味噌汁付き。

 久しぶりの金沢を楽しみます。

 

0034

夜は東茶屋街。

なかなか幻想的でよいところでした。

0035

ここでも、洋食の名店でステーキ丼!

もうこれで「カーボローディング」はバッチリですね・・・。

 

 

金沢を十分満喫したうえで、さあ!ついに当日です。

気になった天気予報は、「雨のち曇り」。

ところが、朝6時に起きるともう雨は止んでいます。

多少寒いくらいですが、

 

「絶好のマラソン日和」

 

 

0036

 

スタート1時間前には会場へ。

ブロックはEです。

 

写真で分かるでしょうか。

Eブロックでスタート地点が見えるくらいなのですね。

やる気満々で待ちます。

 

スターターは市長さん。

スピーチでも

 

「本日は絶好のマラソン日和」

 

スタートしてすぐ気が付きましたが、金沢マラソンのコースは広いのですね。

混雑はまったくなく、スタート直後のストレスがないのです。

そのためスタートして一気に金沢城の坂を下ります。

 

飛ばしすぎかと思って時計を見るとなんと!

5分20秒!

その後の1キロラップが素晴らしい! 5分31秒!

今までのフルマラソンで区間最速!ですね。

調子は絶好調!実に楽しい。

 

私だけでなく誰しもその後の「大事件」をまったく疑うことなく、

スタートしたのでした・・・。

より以前の記事一覧