趣味のお話

趣味のお話

2022年9月26日 (月)

川﨑月例

Dsc_1440

 

このところ台風でまったく走れなかったですからね。

雨続きで2週間くらいはまともに走っていません。

 

しかし、今日は台風一過で28度予想。

なんとなく走る前からイヤな感がありましたが、

見事的中してしまいました・・・。

 

月の月例の参加者は少なかったのですが、今月はやたら多いです。

先月の倍くらいいいる感じです。

来月くらいから本格的にマラソンシーズンですからね。

場所柄、10月30日の横浜マラソンにエントリーしている人が

多いみたいです。

でも私と一緒ですね。

猛暑の後の長雨で、どのランナーも走りこめていない感じがするのです。

ましてやコロナも長引いていますからね。

 

久しぶりなので恐る恐るスタート。

でも最初の1キロは5分20秒くらい。

速すぎますね。

少し抑え気味に走りだすと、すぐ異変に気が付きました。

ドッと汗が噴き出して暑い・・・。

2キロくらいからもうペースダウン。

そうなるとバンバン抜かれだすのですが、

今日は変です。皆回りもゆっくりなのですね。

 

28度予想なのですが、河川敷のアスファルトの上は

30度くらいの体感。

川﨑月例はいつもエイドが2キロ地点と8キロ地点にあるのですが

2キロ過ぎで皆暑さにあえいでいます。

 

私自身いつも水を持って走るランナーなので、

これは正直救われました。

皆暑さにやられ出しているのですね・・・。

 

川﨑月例は結構気候に合わせて距離を調整するのですが

今日は正直10キロは無謀ではなかったのではと

感じたのですね。

少なくとも5キロの折り返しあたりに臨時的にでもエイドが

欲しかった。

水を飲み切るともうきついのです。

 

顔がほてって、首筋が暑く感じます。

「やばいっ! 軽い熱中症かも・・・」

ちょっとそんなことが頭をよぎったので、

道脇をそれて、水飲み場まで行きます。

頭から水をかけ小休止。

こんな時にはタイムを拘ったらいけないのですね。

 

まあこの川崎月例に関しては通算46回走っていますが

道脇をそれて水をかぶったのも初めてでしょう。

 

46回走った中で一番きつかったでしょうか・・。

あとはゆっくり走ります。

 

今日ばかりはタイムはいいでしょう。

 

フラフラでゴール。

無事にゴールできただけでも良しとしましょう。

 

1時間9分47秒!!

 

まあ70分切りでしたから・・・。

 

こんな日もあります。

今日からマラソンシーズンに向けて「少しづつ」ギアを

上げていきましょう!!

20220926-090004

2022年9月12日 (月)

税理士の料理番 その84

Dsc_1427  

 

今月もまさに「フレンチ」ですね。

「えびとクリームコロッケビスク風」。

 

「ビスク風」というのがフレンチっぽいですね。

ビスク風と聞くだけで、ワンランク上のレストランで

食べるイメージでしょうか。

 

まあこうやって料理の基本用語を知るだけで勉強に

なりますね。

「ビスク」とはフランス料理の名称の一つで、

甲殻類を使ったスープのことを指すのですね。

ですから、フランス料理ではロブスターやえびで作る

スープのことをいうのだそうです。

 

でも今回はクリームコロッケですね。

スープではないのです。「アメリケーヌ」と呼ばれる

ソースを使うのですね。

60年も「無駄に」生きていて「アメリケーヌ・ソース」なんて

初めて聞きました。

これ普通のスーパーではなかなか売っていないそうです。

ちょっとこのあたり「再現性」がちょっと乏しいですが・・・。

 

ではまず、えびとクリームコロッケ。

みじん切りのたまねぎをバターで炒めます。

これにえびと白ワインを加え炒めます。

これとは別に薄力粉をバターで炒めます。

さらにこれにアメリケーヌソースと牛乳を加え

炒めるのです。

結構しっかり炒めるのですが、このあたり難しい。

混ぜ方まで指導されました。ここですね。

フレンチの奥深さは・・・。

 

これで、えびクリームコロッケのタネは完成。

あと卵、牛乳、薄力粉で「バッター液」を作ります。

粉物文化の発展した関西の方なら分かるでしょうけど、

私のような東京人は「バッター液」を聞いたことも作ったことも

なかった・・・(すいません)

 

あとはそのバッター液をくぐらせ、パン粉をつけて

揚げるだけなのですが、タネが結構柔らかくなってしまって

難しい・・・。

コロッケを甘く見てはダメですね・・・。

タネの空気を抜いてよく冷ますのがポイントのようです。

 

あと同様に揚げ物としてメンチカツも。

これはハンバーグの要領で肉のたまを作り揚げるだけ。

あと実に美味しい「さっぱりタルタルソース」の技も

伝授していただきました。

 

もう一品「白いんげん豆のスープ」

たまねぎ、セロリ、にんじん、ズッキーニを切ってから、

まずにんにくを炒めその後野菜を入れ、蒸し焼きにします。

この「蒸し焼き」というのが「フレンチ」ですね。

野菜本来のうまみをこれで出すのだそうです。

 

これは実に簡単。

美味しい野菜スープの出来上がり。

 

本日のメニュー

えびクリームころっけビスク風

メンチカツさっぱりタルタルソース

白いんげん豆のスープ

2022年8月29日 (月)

川崎月例

Dsc_1419

 

なんと雨です・・・。

おかげで涼しいのですが、ちょっとテンション下がりますね。

参加者も少ないようです。

 

とにかく「継続は力」なりですね。

これで通算45回目。

連続出場記録は22回を更新中です・・・。

 

もう一つ書きますが、

 

「夏を制する者はマラソンを制す」!!

 

夏を走り込んだときは冬場のマラソンで結果が出るのですから・・・。

 

 

とはいえ、雨の中待たされて、正直寒いくらい。

やっとスタートです。

最初の1キロは5分48秒。

若干身体が重い感じですね。

まだ先週の疲れが残っているのでしょうか・・・。

 

キロになって6分30秒まで落ちてきました。

降り注ぐ雨に、さらにテンション下がります。

 

3キロくらいになってから、ようやくペースが出てきました。

 

4キロラップ6分09秒。上がってきました。

 

5キロの折り返しまでちょっと苦しい。

31分20秒。

 

 

いつもならここでまたペースダウンするところ、

今回は頑張ってみました。

ペース上げてみます。前のランナーを追ってみました。

キロ6分から5分台へ上げます。

 

まあこういう練習するのもいいでしょう・・・。

5分40秒・・・5分20秒・・・。

5分まで上げられるかと思ったらここが限界。

 

ただ7キロ以降ガクッときました。

まだまだですね・・・。

 

9キロのキツイ折り返しのあと、最後に少しだけ上げます。

ゴール。

1時間4分49秒・・・。

 

なかなか充実した雨中トレーニングでした・・・。

 

20220829-083738

2022年8月22日 (月)

火祭りロードレース

Dsc_1416

3年ぶりに開催ですね。

大好きな大会なのですが、出場はなんと5年ぶりですね。

 

そんな前かと思い、もう5年前のブログ読み返してしまいました。

あのときは2時間37分だったのですね。

 

毎回「こんな苦しいハーフは嫌だ!もうやめよう!」

本当に思わせてくれるキツイ大会なのですね。

それでもついエントリーしたくなる・・・。

「日本で一番キツイハーフ」だと本当に思います。 

 

しかし、さすがのこのコロナ禍で参加者は少ないようです。

ハーフで850人くらいですから、いつもの半分以下。

10年前なら2500人の参加者いましたから。

Dsc_1414

 

天気予報も雨予想。

河口湖インター下りても曇り空。

富士山はあいにく少ししか拝めませんでした・・・。

 

スタートまで雨の覚悟はしていたのですが、

直前に急に晴れてきました・・・。

逆に暑くなると非常にキツイコースですから。

 

謙虚に「ベテラン火祭りファン」としては、最後尾に並びます。

一応2時間30分以内のプラカード。

でもなんだかウキウキしますね。

このコロナ禍開催していただいた主催者に感謝です。

 

キロ分台で走れたのは最初の1キロのみ。

あとはゆっくり。

いきなり延々に続く登坂です。

走りながら5年ぶりのコースに、何だか懐かしい気持ち。

 

「そうだそうだ。これが火祭りだ・・・」

 

トレイルのコースに入り本当に思います。

こんなコースを走らせるのは火祭りだけですから。

 

ただ登りは本当にキツイ・・・。

走っているつもりですが、早歩きのよう。

でもトレイルのところ走るのも楽しいですね。

 

ようやく登りが終了。折り返し。

10キロ。1時間26分05秒。

「半分でこれだから・・・?3時間??」

 

もうこの時点でワーストは覚悟しました。

でも11キロあたりからの楽しい下り。

 

5年前のブログでは「キロ5分で走った」と書いてあって

ちょっとびっくりしました。

 

さすがにそこまで速くは走れない・・・。

雨に濡れた路面が走りにくく、キロ6分台がやっと。

 

でも、針葉樹の中走るここが一番気持ちよいコース。

 

途中のエイドで「凍ったブルーベリー」。

これも懐かしく実にうまい。

さらに一気に下り。15キロまで。

でもこの後足が止まりました。

最後の苦しい坂が残っています。

でもまたここで、

 

「そうだそうだ。これが火祭りだ・・・」

 

ここまで肉体と精神が叩きのめされる大会はないでしょう。

 

ようやくゴール。

2時間55分39秒。

 

まあ、無事にゴールできただけでも、良しとしますか・・・。

 

ゴール後の吉田うどんが一番の楽しみだったのですが、

今年は中止。コロナ対策でしょうか・・・。かなり残念。

 

帰りの高速は渋滞でしたが、マラソンバスで爆睡。

さらに家に帰って風呂に入ってビール飲んだら

またも爆睡。子供のように10時間熟睡しました・・・。

  

「そうだそうだ。これが火祭りだ・・・」

 

Onlyusermyrecordcertificateaction

 

2022年8月 9日 (火)

東京マラソンに(仮)エントリー

20220809-094121

 

なんと日本全国誰よりも早くエントリーできました。

先月チャリティーランナーの申込みをしたとアップしましたが

実はこういうメールを当選発表日にもらっていたのですね。

 

===================================================

◇◇ 東京マラソン2023 チャリティご寄付入金のご案内 ◇◇

===================================================

 

 

吉田 信康 様

 

このたびは、東京マラソン2023チャリティを通じて

「公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・

ジャパン」へご寄付のお申込みをいただき、誠にありがとうございます。

 

当団体は公示しておりました基準に基づき、多くのお申込者の中から

貴方を当団体の東京マラソン2023 チャリティランナーに「決定」

させていただきます。

 

 

面白いですね。「当選」ではないのですね。

「決定」なのです。

チャリチィランナー4000人の募集に対して

これは定員に満たなかったことも予想されますね。

私自身も体験しましたが、当選してから何と

2度も中止を受けましたからね。

2度もエントリー料を払わされたので

今回も「このコロナ禍で本当にやるのかな・・・」

と疑り深い人も結構いるのでしょう。

 

まあともあれこれで2023年も走れることが決定しました。

前回のリベンジで頑張りますよ・・・。

 

しかし当然でしょうけど、今回も申込に際して

「コロナに関する確認」

を何度もさせられました。

来年の3月にもし中止になってもやはり文句は言えないのですね。

まあ、これは仕方ないでしょう。

 

因みにまだエントリーフィーは払っておりません。

だから正しく言うと(仮)エントリーなのですね。

だからあと23,300円のエントリーフィー

を払う必要があるのですね。

 

23,300円の中身は

 

参加料、事前検査費用、参加費等返金保険料、事務手数料、消費税込み。

 

「消費税込み」ということで、つい商売柄消費税分10%で

割り返してしまいましたが割り切れないのですね。

まあ、税理士らしく解説しますが、参加費等返金保険料には

消費税がかからないからですね。

 

このさらなる内訳が分かりませんでしたが

返金保険料まで払わされているのですね。

 

因みに「事前検査費用」とは、前回もやりましたPCR検査だと

思いますが、注書きに

 

「新型コロナウイルス感染症対策として実施予定の事前検査について、

今後感染症法上の取り扱い変更等により、検査を実施しないこととなった場合には、

参加費の一部を返金します。」

 

となっています。

 

まあ、少しは親切になったのでしょうか。

とにかくまだまだか月あります・・・。ガンバ。

 

2022年8月 8日 (月)

こりゃ多摩ラン

Dsc_1412

 

どうも炎天下を見ると走りたくなるのですね。

悪い癖です。

また無謀にも多摩川マラソン(愛称:多摩ラン)に

参加してきました。

この大会も10年目になるのだそうですね。

 

「もう10年になるの?」

 

思わずブログを検索してしまいました。

こうやって「無駄に」ブログを10年以上続けていると

非常に便利なのですね。

すぐ分かりました。

 

2013年7月8日が初参加の日でした。こちら

ということは、私自身「初期メンバー」なのですね。

初めて参加したときは本当に覚えていますが、

あんなに苦しいマラソン大会は初めてでした。

水がなくなって、自販機を探して飲んだのも初めて。

 

「こんな大会2度と出るか!」

 

とあの時は思ったのですが、走り終わるとまた走りたくのが

このマラソンの魅力でもあるのですね・・・。

 

しかし、今回もまたあの時の「地獄」を思い返してしまうような

大会になりました・・・。

 

最高気温31度予想ということで、参加者も遠慮しているかの

ようで、参加者は少ないです。

 

20キロの部と10キロの部があるのですが、

つい調子に乗って20キロの部にエントリーしたのが

運のつき・・・。

 

この時期でも20キロを走ろうとする人は

かなりの猛者が多いのですね。

スタートしてからバンバン抜かれます。

 

1キロラップが6分20秒。

ここから土手の上を延々と走るのですが、

さすがに灼熱地獄・・・。

「とにかく完走」

ということでゆっくり走ります。

 

エイドは4か所もあって十分すぎるくらいなのですが

最初からペットボトルも3本持って走ります・・・。

ここは用意周到。

 

5キロのエイドで36分14秒。

まあ今日タイムはどうでもいいでしょう。

 

6キロ地点のバーベキュー会場もコロナの影響もあるのか

これだけ暑いと閑散としていますね。

7キロ~8キロ地点が一番苦しいところ。

このあたりからキロ分台。

もうジョギングペース。

 

10キロの折り返し。

ここで1時間18分38秒。

 

もう折り返してから、超ゆっくり。

なんとか完走だけを意識して走りました。

 

やはり今日の20キロはちょっと無謀だったか・・・。

 

でもこのブログの読者にはこれだけは、毎回伝えておりますが

 

「走り出して10年以上。途中で棄権したことも、歩いたこともない。」

 

これだけを意識して走ってきましたからね。

途中で「関門アウト」もないのですから・・・。

 

必死の思いでゴール。

 

2時間49分27秒!!

 

ただ

「良い子のみんなは真似しないように・・・・」

2022年8月 2日 (火)

税理士の料理番 その83

Dsc_1408

 

だんだん本格的な「フレンチ」に挑戦ですね。

まずは「たいのソテー・ブランソース」。

なんだかそのまま高級レストランに、

ありそうなメニューですね。

たいのさばき方は結構和食で勉強しましから、

刺身は得意になりましたけどね。

その捌いた「たい」を美味しいフレンチにするワザですね。

 

まず「ブールブランソース」作り。

ちなみに「ブール」とはバターのこと。

「ブラン」とは白いという意味。

つまり「ブールブランソース」とは「白いバターのソース」

ということ。

何だかもうこれだけでフレンチを極めたような・・・!?

 

まず、たまねぎをみじん切りに。

それとトマトとケイバーを細かく刻みます。

ちなみに、ケイバーとは地中海原産の木の花のつぼみを

酢漬けにしたもの。これもフレンチっぽい・・・。

 

刻んだたまねぎを白ワインで煮詰めます。

それに生クリームとバター。

それによく絞ったトマトとケイバー。

これでブールブランソースの出来上がり。

 

あとは肝心のたい。

塩をふって10分置き、よく水気を取ってから

オリーブオイルでじっくり焼きます。

たいの焼き加減を学びました。

身がだんだん白くなってくるところですね。

裏返して火を止めるのもポイント。

焼きあがったたいにブールブランソースを

フレンチっぽくデコレーション。

これは絶品。

 

もう一品。

ラグーソースのパスタ。

「ラグーソース」というのも初挑戦ですね。ちなみに「ラグー」とは

煮込むということ。

 

まずはパスタを茹でておきます。

これは慣れたもの。

次にソース。

たまねぎ、にんじん、セロリ、にんにくをみじん切りにして

炒めます。

あと合いびき肉を厚いいまま炒めます。

それと先ほどの野菜と炒めたベーコンと共に

ワインで煮込むのですね。

これは美味しくないはずがないですね。

 

これで絶品パスタの出来上がり。

今回は本格フレンチ。満足の出来上がりでした・。

 

本日のメニュー

たいのソテー ブールブランソース

ラグーソースのパスタ

セロリのスムージー

2022年8月 1日 (月)

川崎月例

Dsc_1409

 

朝から35度の猛暑予想。

よほど棄権しようかと思いましたが、

一応連続出場記録がかかっているのですね。

古市場陸上競技場に到着すると、

5キロの部と10キロの部はともに3キロに

短縮することが発表されていました。

 

まあ仕方がないですか。30度越えならまだしも

35度の中で走るのは確かに危険ですからね。

しかも、河川敷のアスファルトの上は、風もないし

それ以上の体感気温を感じるくらいですから。

 

3キロに短縮された5キロの部に出場。

コロナ第7派が拡大しているせいか

参加者はいつもより少ない感じですね。

 

スタートしてすぐはキロ5分半くらいの、いつものロケットダッシュを

試みますが、さすがにヤバそうな雰囲気。

 

アスファルトになると「もわっと」した熱波を感じます。

すぐペースを落としますが、それでも

息苦しいくらいの暑さです。

 

1キロ6分23秒。

 

それでも息苦しい。

さらにペースダウン。

 

2キロラップ。7分34秒。

あとは必死でした。

わずか3キロでもこれだけ暑く苦しいとは・・・。

 

3キロのコースに2か所のエイド。

水を補給しながらゴール。

 

21分48秒。

まあタイムはどうでもいいでしょ。

無事にゴールに帰ってきたことだけで・・・。

 

さらに気温が暑くなってきたようで、

何と10キロの部は中止に。

 

わざわざ川崎まで来て3キロ走って終わり。

まあ仕方ないですか。

 

仕方ないついでに水分補給(ビール?)は

しっかりしておきました・・・。

 

20220731-162957_20220731173102

 

2022年7月12日 (火)

東京マラソンチャリティー申込開始

20220712-085811

 

昨日から申し込み開始ですね。  こちら

申込されましたでしょうか・・・。

 

20220712-085624

 

大事なことは「先着順ではない」ということです。

初めてですね。

今までは「先着順」でしたから。

「先着順」なら申込すれば必ず東京マラソンを走れたのですね。

募集人員が4000名ということですから、

これを超えたら抽選となるのでしょうね。

抽選の可能性もあるのでまだ10万円は

必要ないのです。

 

永年「自称東京マラソン応援大使」としては

何としても走りたかったのです。

 

 

また、これも永年ですが

「東京マラソン寄付金控除」をライフワークとして

研究もしてきましたからね・・・。

 

当然申込要綱も詳しくチェックしました。

募集要項の「寄付金控除」もバッチリ書いてありますね。

 

個人の寄付については、所得控除または、税額控除の対象

となります。

法人の寄付については、拠出していただいた資金が寄付に

当たるかどうかはケースにより異なりますので、

所管の税務署へお問い合わせください。


※ただし、以下の団体への寄付は寄付金控除の対象外です。


・一般財団法人東京マラソン財団 スポーツレガシー事業-1
・一般財団法人東京マラソン財団 スポーツレガシー事業-2
・特定非営利活動法人 芸術と遊び創造協会

 

気になるのは「法人の寄付について」ですね。

「所轄の税務署へお問い合わせ」みたいですね。

どういうことでしょうか?

 

「これはうまいことできそうだ!」

まあ、中小企業の社長の考えそうなことは

税務署はお見通しですからね。

 

真面目に私が税務署で聞いてきましょうか??

まあ想像するに

「会社のカネで寄付していますが、それ本来は

ランナーとして走る社長自身が負担すべきカネですね。

それでは役員賞与と判断しますので、

法人の寄付として認められません」

とバッチリ言われるのかなと・・・。

(これはあくまで想像です・・・)

 

あと毎年注意点として申し上げている

「スポーツレガシー事業」は寄付金控除できないのですね。

あと「芸術と遊び創造委員会」もダメですね。

これは注意しておきましょう。

 

20220712-085734

 

予定では24日までに「申し込み受付」で

25日~27日に「当選発表!」

 

寄付は8月5日まで。

 

そうなるとやはり一般申込で当選待ちはできないと

いうことですね。

 

抽選になるかどうか・・・。

とりあえず楽しみにお待ちください。

 

もちろん、当選したら「得意げに」アップします・・・。

2022年7月11日 (月)

税理士の料理番 その82

Dsc_1395

 

大好評!「フレンチ」第三弾!

基本のパスタですね。

「カルボナーラ」です。

 

これは昨年「おうち時間」で、結構Youtube先生から

習いましたからね。

一応得意なつもりです。

 

でもプロのレシピを習いました・・・。

まずチーズ。

「パルミジャーノ・レッジャーノ」

これを細かくすりおろすところから始めます。

まずソースづくりですね。

卵と牛乳。

まあこのあたりいろいろYoutube先生からも教わりましたからね。

生クリーム使ったり、卵黄だけにしたり・・・。

これは一般家庭でも作りやすくするレシピなんでしょうね。

あと秘伝の味としてマヨネーズ。

ここがミソらしいですね。

卵が固まりにくくなることと、こくとうまみがでるそうです。

 

にんにくをみじん切りにしてベーコンを切って準備完了。

ここから一気に仕上げですね。

このあたり普通のパスタづくりと一緒。

 

鍋にお湯を入れ、塩を入れた後パスタを茹でます。

通常の湯で時間より2分早いのもポイント。

 

オリーブオイルでベーコンを炒め、にんにくを入れます。

火を止めてからゆで汁を入れるのもポイントのようです。

いわゆる「乳化」ですね。

それに湯であがったパスタを入れ、

水分を吸わせます。

ここにソースをのせ混ぜてから弱火にかけます。

とろみがつくまで混ぜながら火を通します。

 

いわゆる「シャバシャバ」にならないように

ソースを蒸発させるのですね。

ココですね。

生クリームを使わずに、

カルボナーラを美味しく作るコツは・・・。

 

でも失敗しないカルボナーラの作り方ですね。

あとはサラダとジンジャーティー。

まあこのあたりはお手のもの・・・。

 

さっそくカルボナーラを家で作ったら

大成功でした・・・。

 

本日のメニュー

カルボナーラ

緑のサラダ・雑穀ドレッシング

フルーツ・ジンジャーティー

より以前の記事一覧