趣味のお話

趣味のお話

2017年9月25日 (月)

越後湯沢秋桜マラソン

0001


何と!初の新潟遠征です!
新潟出身の方から、「楽しい大会ですよ。」と誘われ即エントリー。
わざわざ新幹線に乗って参加です。
でも越後湯沢駅は東京駅からわずか1時間10分。


0002


駅に着くとそのままシャトルバスへ。5分足らずで会場に到着。
これは恐るべし。意外に近いのです。

スタートは9時30分。
ただ私は何故か第2ウェーブの9時33分。まあ実力どおりか・・・。

スタートして大混雑の中、狭い農道を上ってきます。
1キロラップ6分39秒。
なかなかキツイ・・・。しかも狭いコースにランナーでぎっしり。
2キロ~3キロ。のどかな田んぼの中走ります。でも6分50秒台。

走る前から、「イメージ的に火祭りロードみたいに前半ずっと上り」
とは聞いていましたが、まさにそのとおり。

0004


5キロ。もうすでに35分35秒。
このあたりの急坂が一番キツカッタ・・・。完全に足が止まりました・・。
6キロくらいまでずっと上り。なかなか厳しいコースですね。
1キロラップ8分超え・・・やはり上りが私の弱点・・・。

でもそのあと7キロくらいからは楽しかった。
1キロ5分台で快調に飛ばします。
8キロ、9キロ、10キロの1キロラップがそれぞれ
5分21秒、5分10秒、5分20秒。

0010

10キロ地点到着。
1時間8分21秒。
ちょっとこのあたりでタイムは諦めました・・・。
こんなキツイコースとは知りませんでしたから・・・(言い訳)
でも写真でお分かりのとおり抜けるような青空。

0014


でもここから、川沿いのコスモス街道!
遠くにスキー場も見えなかなかの景色。

ただ微妙にアップダウンがあり、結構足に来ています。
14キロ過ぎにスタート地点に戻り、さらに温泉街へ。
でも速いランナーはもう帰ってきていて、少しメゲマス・・・。

15キロ地点までほぼ下りは終了。

0018

そのあとのJRを超える陸橋がキツカッタ。

ここでも完全に足が止まります。


0021


そのあとのエイドのミニトマトが最高に美味かったですね。
こんな甘いトマト食べたことない・・・。

大声援を浴びながら温泉街を走ります。

0020

17キロ過ぎようやく折り返し。
「ここから残り4キロがキツイ」とは聞いていましたが
ウワサ通り・・・。

日差しもきつくなり、また足が止まります・・・。

最後の2キロもキツカッタ・・・。

ようやくヘロヘロでゴール。
2時間25分56秒!!


記録はどうあれ、これで8月からの、火祭りロード、巨峰の丘とつづく
「激坂シリーズ」終了!

0027


0028


そのあと温泉優待券で名旅館の温泉を堪能。
さらに駅ナカの「ぽんしゅ館」で新潟の銘酒に舌鼓!
楽しい週末でした。

2017年9月21日 (木)

月刊ランナーズ またまたまた出ました!

20171194

「月刊ランナーズ 2017年11月号」より 


本日発売2017年11月号の94ページの

走る仲間のひろばに出ました!

先月走った横浜月例マラソンの記事です。

原稿にはちゃんと私の写真も送ったのですが

なぜかカット。

スペースの関係でしょうか。ちょっと残念。


ランナーズには今まで何度か登場したことありますが、

いつも取材されて出ていたので、すべての

記事内容はランナーズの編集者の作成でした。

今回初めて、私オリジナルの文章です。

他のランナーの投稿記事と読み比べてみてください!

書いていて結構楽しかったのですね。


ところで


「ハマラソン ブルー」はランナーの間で

今後はやりますよ。

たぶん、今年のランナーズ大賞流行語部門に

ノミネートされるでしょう・・・・!?

2017年9月19日 (火)

巨峰の丘マラソン

Start

最近は毎年のように参加していますね。
昨年は「ふるさと納税」で参加しましたが、
今年は一般参加。
ふるさと納税の参加費が1万5000円に上がったからなのですね。
一般参加は4000円だから、還元率26%。
ここにも総務大臣の命令による「30%ルール」の弊害か・・・。
こんなこと気が付くのはきっと「自称ふるさと納税大使」の私だけ
でしょうね・・・・。

しかし、今年は台風の直撃が予想され、予報も雨。
大雨の東京から、諦めムードのまま電車で山梨市駅へ。
駅へ到着するとなんと降っていないのですね。

会場へ到着するとすぐ、いつもの小学校前のぶどう売り場へ。
しかし、何と売り切れ。
これが楽しみで来ているのにちょっとがっかり・・・。


奇跡の雨上がりのスタート。
ただ最近は少し走りすぎで、やや調子悪い(早くも言い訳)
ゆっくり目のスタート。
それでもこのコースはきつい。すぐ上り坂です。
3キロあたりの上り坂が一番キツイ。

ヘロヘロで上りきると、またさらに上り坂。
なかなかタフなコースですね。
しかし、ここで凍らせたブドウを配っていました。
何度もこのコース走っていますが、運よくこれをもらえることも
実は少ないのです。

美味のブドウに気を良くし、一気に下り坂。
ここがまた気持ちが良い。

しかし、7キロから折り返しの10キロまでの延々と続く上り坂。
ここを上りきるとまた下り。
15キロで左折すると、本当にブドウ畑の脇を上ります。
ここは正直すでに足にきていて、走って上れません。
そのブドウ畑の急坂が2度ほど続き、今度は下り。


これでもうアップダウンは終わりかと思ってはいけません。
何度も騙されました・・・。
最後のとどめの上り。
これでもか!というアップダウン。

ヘロヘロのゴール。
2時間7分24秒。

まあタイムを争う大会ではないですからね。(言い訳)
昨年の2時間15分の惨敗比べれば大幅アップ!

Photo


しかし毎回思いますが、
「こんな大会もう二度と走るまい。」
と最後思うのですが、また走りたくなる変な大会です。

きっと参加賞のぶどうが美味しいのと、
スタッフの方々が愛情持って運営しているからなのでしょうか。


Photo_2


走り終わっていつもの温泉へ。これが本当に楽しみ。


今回はプチ情報。
いつも送迎バスで最初に到着する花かげの湯にいっていましたが
今回初めてはやぶさ温泉へ。ここは超穴場ですね。

ランナー心理で、一刻も早く汗を流したいから
花かげの湯は結構混むのですから。

はやぶさ温泉は空いていました。
しかも、低温ながら硫黄の香りのする源泉かけ流し。
なかなか良い温泉です。
ここでお土産のぶどうをさらに買い増し。

特急列車で、風呂上がりのビールを堪能し、良い週末でした・・・。

2017年9月11日 (月)

拝島ロング

Dsc_0625


またまた走友会のお楽しみラン。
荻窪から拝島までの30キロ。
距離は結構あるのですが、仲間とワイワイやりながら走るのが
結構楽しい。
普通の30キロ走だと速い人なら2時間半。
私くらいでも3時間と少しでしょうか。
これくらいが平均なのでしょうけど、
それを約5時間もかけて走るのですから、かなりゆっくりペースですね。

やはりマラソンはタイムを計測しないとプレッシャーもなく
楽しく走れるのですね。

荻窪駅を8時スタート。
環八沿いを走り高井戸駅まで。
ここから神田川沿いを走りますが、いつもの慣れたコース。

井之頭公園まで意外と近いのですね。
三鷹駅を縦断してここから玉川上水のランニングロード。

ただ今日は9月と言いながら残暑厳しく蒸し暑い。
途中何度も休憩してこまめな給水。
ここまで10キロ以上走っているのですが、
ランニング仲間とランニング談義しながら走るので
それほど疲れないのですね。

小金井公園到着。
ここのコンビニでアイスを食べるのも楽しみ。
普通のマラソンではエイドでアイスなんか食べられませんからね。

休憩の後玉川上水の木陰をひたすら走ります。
ほんとうに素晴らしいランニングロードです。

ただ途中で思いがけず転倒。
切株に足を取られてしまいました。
転倒と同時に今までの疲れか足をつってしまいました。
ただ仲間と走るとありがたいものです。
励まされ、あっという間に完治!

残り5キロからフリー走行となりましたが
若干の疲れからかスピードアップできず。
フラフラのゴール。

Dsc_0627


目的地はいつもの中華料理「大陸」

Dsc_0628

お店の心遣いか、シャワーのサービスまで。
冷たいシャワーを頭からかけ、
サッパリとした後はもちろん冷たいビール。
至福の時。

ここの餃子は本当に絶品です。


仲間とマラソン談義でさらに盛り上がります。
心地よい酔いと疲れで楽しい週末でした・・・。

2017年8月28日 (月)

火祭りロードレース

Photo

通算7度目です。
毎回走り終わるたびに

「こんなツラいハーフはもういいい。
タイムも最悪だしこれで止めよう!」


本当に思うのですが、ついエントリーしてしまう大会です。
3年前の2時間19分のコースレコードを出してから
2度も2時間半さえ切ることができず、屈辱的な思いをして
しまっているからなのですね・・・。


誰に聞いても、このタフなコースでは
「通常の平地のハーフに比べ10分から15分は遅くなる」
と言われますから。


しかし、今年のコンディションは最高でした。
いつもなら酷暑の影響でまさに「火祭り」となるところですが
本当に涼しい。

ここ数カ月しっかり筋トレもしているし、

「これではひょっとしてコースレコード?」
期待してスタートの位置に並びます。


ただ今年はいつもの陸上競技場が補修工事で使えず、
変則的なスタート。
写真はゴール地点の野球場です。


スタートして野球場をぐるっと1周。早くも1キロ。
6分15秒。
競技場を出て若干上るも、まだまだ余裕です。
2キロ、3キロが6分57秒、6分38秒。


さあ!これからが正念場。3キロから7キロの激坂。
ここを毎年苦しみます。
ただ涼しいのが救い・・・。

1キロ8分台へ・・・。
このあたりですね。上り坂は本当に苦手なのです。
これを一気に駆け上がることのできるランナーは本当に
うらやましい。


トップランナーとすれ違います。
飛ぶように下りてきましたね。


7キロの折り返しまでが本当に苦しい。
1キロ9分へ・・・。ヘロヘロ・・・。
7キロまでで早くも1時間。

ただその後の下りのコースは実に楽しいのですね。
10キロを通過。早くも1時間18分。


11キロの1キロラップが5分3秒。
この針葉樹の中を一気に突っ走ることができるのが、火祭りレースの醍醐味。

12キロでお目当てのエイドに到着。
凍らせたブルーベリーが超美味い!

ここでまたギアを上げ、15キロくらいまで
キロ5分前後で一気に駆け下ります。
ここも大好きなコース。

ただ残り4キロくらいから足がまた止まります。
このあたりですね。課題は・・・。
残り3キロの激坂をヘロヘロペースで。
残り2キロのエイドで力をもらい突っ込んでみたものの
やはり手ごわいです。このコースは・・・。

結局は手元の時計で、2時間37分21秒でゴール。
2時間半も大幅にきれず残念・・・。


やはり、ゴールした瞬間、絶望的なタイムで
「もう止めよう!」そう思いましたが
たぶん来年もエントリーすると思います。


その理由は

1. 上りは本当に苦しいが下りが超楽しい
2. エイドのブルーベリーが最高
3. エイドの応援が暖かい
4. スタッフ全体がやさしく盛り上げようとしている
5. 富士山のお水は最高に美味い
6. ゴール後の吉田うどんが本当に美味い

などなどいろいろあります。

また性懲りもなくエントリーするでしょうね。
とにかく、諦めたらダメなのですね・・・。

「ブルゾン吉田」も頑張りますよ・・・!?

2017年8月21日 (月)

横浜月例マラソン初参戦!

Dsc_0600


8月の中旬ですから、この時期あまり大会ないのですね。
夏の走り込み月間として、横浜月例に初参戦してきました。
神奈川の月例大会は川崎月例に何度か出ましたが、
横浜月例は初めてです。

理由は、場所が新横浜と何となく遠く感じていたからなのですね。
ところが、地下鉄丸の内線新宿三丁目駅乗り換え、東横線を使えば
中野から1時間弱とそれほど時間はかかりません。
意外と近いのですね。

新横浜駅あたりからやる気満々のランナーがたくさんいます。
歩いて10分ほど、横浜アリーナからすぐの河川敷が会場です。
鶴見川を走る往復10キロのコース。

Dsc_0598


まず驚いたのが、赤いユニフォームの選手の多いこと。
このあたりの地盤の大きな走友会かなと思っていると
開場で受付するとすぐ分かりました。
10回連続出場するとその赤いユニフォームがもらえるのです。
写真でもよく分かりますね。
これは5キロの部のスタート時点。
半分くらいは赤いユニフォームですね。
一番手前の紺のユニフォームの方は、
何と20回連続出場したランナー限定品。

これはなかなかユニークな企画ですね。
100キロマラソンで有名なサロマ湖ウルトラでも
10回走ると「サロマンブルー」と称してブルーのTシャツもらえる
そうですが、あれと匹敵できますね。

実は5キロの部は躊躇して走らなかったのですが、
ほとんどが5キロ走ってから10キロも走ります。
5キロと10キロの間の時間は40分。
私が通常30分くらいかかるから、中10分で10キロは
キツイかなと思ったのです。
見ていると20分もすると大量のランナーが戻ってきました。
なかなかレベル高そうです。

あっという間に10キロのスタート。
また遠慮して後ろからゆっくりスタートしていると、
7分ペース。さらに狭いので前にも出られません。
「失敗した!」と思って焦って前に行きます。
一気に5分台のペースに。
汗がどっと出て、心拍数も150越え。
最初の1キロラップが6分4秒。
ペースが上がってきました。
5分30秒~40秒をキープ。
本日の目標ラインですね。

ただ最初の2キロくらいは結構狭いコースです。
月例マラソンでは一番狭いくらい。
4キロあたりで折り返して来るトップ集団をすれ違いました。
見て驚きです。
川崎月例でトップを取っていたあの顔の長い選手。
さすが走りこんでいますね。
4キロから折り返しまでがキツカッタ。
汗がしたたり落ち、ユニフォームはびっしょり。
気温は高くないのですが、湿度は78%と蒸し暑い。

折り返しの5キロ。
28分39秒。まずまずのタイム。
ただ正直復路はへばりました。
ペースは6分台へ・・・。
このあたりは夏場の苦しいトレーニングとしてタイムは諦めます。

ラスト1キロだけスピードアップして見ました。
それでも1キロ6分7秒。
ゴール!
1時間43秒。

1時間はわずか切れませんでしたが、このコンディションでは・・・。
なかなかレベルの高い良い月例大会でした。

これで赤羽月例、川崎月例、そしてこの横浜月例と
「三大首都圏月例大会」を制覇しグランドスラム達成!?

「月例会荒らし」としては、
まったく無名のランナーでしょうけど・・・。

2017年8月 8日 (火)

税理士の料理番 その28

Dsc_0556


本日のテーマはチキンソテー。
家庭料理としては定番、基本でしょうか。


鳥のもも肉をいかに美味しく焼くかを学びます。
まずは下ごしらえから。
これが大事なのですね。
料理教室で学ぶべきことはココです。
なかなかこういう大事なことは教えてもらえません。
鳥皮を串でさして、軟らかく、かつ、油が流れ出るように
します。


あとは焼き方のコツ。
如何に皮をパリッとさせるかですね。

あとのもう一品はペンネアラビアータ。
パスタの基本を学びます。
玉ねぎをみじん切りにし、にんにく、オリーブ、
赤唐辛子を加え、トマトの水煮缶を加えるだけ。
これは実にシンプルで簡単。
シンプルだけに、いろいろ具材を足すことで
応用が効くそうです。

それとジンジャエールの作り方も学びました。
こんなものも作れるのですね。

以上三品をあっという間にでき、かつ、
なかなか美味しゅうございました・・・。


本日のメニュー

チキンソテー
ペンネアラビアータ
ジンジャエール

2017年8月 7日 (月)

こりゃ多摩ランで「ガチゆる走」

Dsc_0559


気温35度の猛暑の予想の中、性懲りもなく
多摩ランに行ってきました。

早起きしていたら、ちょうどボルトの現役最後の
「ラスト・ラン」
を見ることができました。

ちょっと感動しつつも、その日は熱中症の超警戒の予報ですからね。
私自身の「ラスト・ラン」になりませんように・・・。


今日の参加者は100名程度。
いつもより少なく、やはり遠慮しているのか・・・。

ゼッケン番号が妙に若い「39」
「サンキュー」かな・・・。


スタートして1キロ。キロ6分程度で様子見ながら走ります。
1キロすぎると土手の上。

「暑い!」

早くも汗がどっとでます。
「これはヤバいか!」
本能で早くもペースを落とします。
この汗の量はハンパないです。


次の2キロは6分50秒。
2.5キロのエイドで水を飲みながら考えました。

「今日は無理せず、『ガチゆる走』でいこう!」

筑波大学の鍋倉教授直伝の「ガチゆる走」ですからね。
20キロのうち、2キロは一応「ガチ」で走ったから
あとは「ゆる」で十分なのですね。

ランニング・ウオッチの画面を心拍数モードに、
切り替えます。
いつもなら、1キロラップを見ながら走るのですが、
敢えて見ずに心拍数だけ。
これも「ラン・スマ」でやっていた「心拍数トレーニング」


提唱者はもちろん鍋倉教授!
心拍数を見ながら走ると、走っている疲れ加減がよく分かるのですね。
このキビいしい夏場のトレーニングで無理して
心拍数を上げることは、やはり危険なのだそうです。


いつもだと、ペースを上げると心拍数150~160まで
上がりますが、今日は無理しません。
心拍数を130位にとどめるとよいようです。
そうすると脂肪燃焼効果が高いそうです。

ペースでいうと1キロ8分から8分30秒くらいでしょうか。
もう「ゆる走」をやろうと思った時点で当然ですがタイムは諦めていました。


10キロの折り返し。
暑かったですが、ゆっくりのせいかそれほど疲れていません。

14キロの公園で頭から水を浴びます。
糖質をエネルギーに変えるより
脂肪をエネルギーに変えたほうがどうやらよいようです。


とにかく、無事ゴール。
タイムはあえて書きません・・。


Dsc_0561


そのまま調布駅まででて、送迎バスで10分。深大寺温泉へ。

真っ黒な本格温泉で疲れをいやした後、
たっぷりのビールで水分補給。
猛暑を堪能した一日でした・・・。

2017年8月 2日 (水)

走行距離は裏切らない!?

昨日のブログをアップしてから、いろいろ気が付かされました。
2013年、つまり今から4年前には月間走行距離が
261キロもあったのですね。
その当時のブログを読み返しながら、
何でこんなに走っていたのに、遅かったのか?
反省をするとともに、考えてしまいました。

261キロも走った翌月に、火祭りロードレースに出場し、
ハーフを2時間29分!
まったくサッパリなタイムですね。

その後、11月に富士山マラソンを走って4時間57分。
ギリギリの5時間切り!


走っている割には速くなかったのですね。
月間走行距離が261キロも走っていながら、
「どうしてサブフォーもできないのだ!」


きっとキビシイご指摘を受けるのでしょう。
当時はランニング中にソニーの「ウォークマン」を
聞きながら走っていました。
もちろん、タイムなんか気にしないでのんびり・・・。
それはそれで楽しかったのですけど・・・。


ただ2014年1月にハーフの自己ベストが出ましたので
徐々には力が付いてきたのでしょうか。


2014年5月くらいから、例の月刊ランナーズの取材を受け
「スピードで遊ぼう!」
という特集企画で数カ月特訓。


そこでさらに走力が付いたのですね。
だから、「走行距離が多ければいい」というのは
何となくおかしいとも思うのですね。


真面目に取り組むことが速くなるコツなのでしょう・・・。

ただあの企画で「4時間半切を目指す」
と紹介を受けながら、いまだに切っていないのは申し訳ないですね・・・。


反省をしつつ、この猛暑を走りきりましょう!!


2017年8月 1日 (火)

月間走行距離200キロ突破!


7月の走行距離は合計201キロとなりました!
久しぶりですね。
これはいったい何年ぶりの200キロ越えでしょうか?

「月間走行距離200キロ!走る税理士!!」

というキャッチコピーを守らなければいけませんね。

記録をさかのぼるとどうも7月というのは走行距離が延びるようです。
暑い時期なのですがなぜか走りたくなるのですね。

初めてですが当時の練習日誌を後悔して見ましょうか。

20137


2013年7月はなんと261キロ!
これは私自身の月間最高記録ですね。
この年はなぜか雨がほとんど降らなかったのです。
記録を見ると、2日を除き29日も走っていました。

20147


次に多いのがやはり7月の2014年。
この月も233キロ走っていました。
これを見ると201キロ何てまだまだですね。

最近150キロから170キロくらいで低迷していましたが
先月から伸ばしていますが、もっと走らなければいけませんね。

ただ先月から、何度かアップしているように、筑波大学の鍋倉教授直伝の
「ガチユル走」を主にしています。
さらに筋トレもランニングの途中に入れているのです。

腹筋100回。
背筋30回。
腕立て30回。

なかなかきついですが、そのあとさらに「ユル走」すると
汗が噴き出ます。

走行距離も大事かとも思いますが、
その密度もより大事なのではと感じています・・・。

今日から8月!
さらに筋トレ&走りこみ をしたいと思います。

「夏を制する者はマラソンを制す!!」

より以前の記事一覧