趣味のお話

趣味のお話

2019年7月16日 (火)

川崎多摩川河川敷マラソン30キロ

Dsc_1076

 

なんと2週連続30キロ走!
初めてですね。
7月のこの暑いときに30キロを連続してどうなるか
試しても見たかったのです。

雨の中ヤル気満々ですね。この気合お分かりですか?


ただ先週と同様参加者は少ないのです。
ただ場所は私の「ホームグランド」である川崎古市場陸上競技場。
もう毎月走っているところですからね。
先月雨の中走っていますから状況は良く分かっていました。
でもここの河川敷は雨だとダメなのですね。
水溜りが多くできてそれを避けるため実に走りにくいのです。

参加者は9名。
この雨の中を30キロ走ろうとする方々ですからね。
それなりに走っているランナーです。
走り出してすぐ分かりました。
あっと言う間に前の方に走っています。
私はというと7番目の位置。

1キロ5分45秒くらいで1キロ~2キロまでは
頑張って走っていたのですが、そのあとペースを落としたため
あっという間にまた抜かれました。何と早くも最下位。
なかなか今日はレベルが高そうです。

雨はやんだものの、湿度が高く汗が噴き出てきます。
4キロくらいからまたペースが落ちます。

「今日は6分半くらいで」

開き直って走ることにします。
5キロ。最初の1周。31分10秒。まずまずです。
2周目。快調に6分半ペースで走ります。
10キロ。5キロラップが33分41秒。
3周目。ちょっと苦しい。(言い訳)
15キロ。1時間39分10秒。またペースが落ちました。

蒸し暑くてこんなコースコンディションでは仕方がないですか・・・。
(また言い訳)

このあたりで30キロのランナーに抜かれます。
周回遅れ・・・これは精神的に参りました・・・。
20キロ。2時間17分20秒。

このあとでしたね。
最近よくある「20キロの壁」・・・。

でも25キロ過ぎてから少し持ち直しました。

30キロゴール。
3時間37分53秒。

先週よりタイムは良くなりました。
2週連続でこのコンディションで走れたのですから
ヨシとしますか・・・。

 

715

2019年7月 9日 (火)

税理士の料理番 その51

65911204_2777907878950750_21139221593687

 

今日のテーマは多様食。
健康にはいろいろな種類の食物を食べるのが
よいそうです。
永年「糖質制限」というダイエット法をやってきましたが、
何でもやり過ぎは悪いらしいですね。
年齢と共にバランス良い食事を取ることが
健康寿命を延ばす秘訣らいいです。

さて夏本番前に、本日は夏野菜を中心にしたメニュー。
まず夏野菜のスープカレー。
夏野菜のにんじん、キャベツ、かぼちゃ、ズッキーニ、おくらを
切ります。
フライパンにカレー粉をまぶした鶏肉を焼きます。
次にたまねぎをにんにくとしょうがで炒めます。
よく色づきさせるのがポイント。これは良くやりますね。
さらにカレー粉を炒めます。
何だか本格的ですね。
それに戻した鶏肉を炒め、あとは野菜を入れて煮ます。
これで完成。
結構簡単です。

次に、じゃがいももち。
これは北海道の郷土料理らしいです。

煮て柔らかくしたじゃがいもをすりつ主ます。
これに塩、かたくり粉を入れ、「耳たぶくらい」の柔らかさに
するのがポイント。
ここが難しい。あとは切って焼くだけ。
簡単です。
もう一品。
ミニトマトの冷やびたし。
ミニトマトをわざわざ煮て皮をむく手間が面倒ですが、
これにモロヘイヤと一緒に盛るだけ。

なかなか夏らしい美味しい料理でした・・・。

本日のメニュー

夏野菜のスープカレー
ミニトマトの冷やびたし
じゃがいももち
雑穀ごはん

2019年7月 8日 (月)

赤羽荒川マラソン 30キロ

Dsc_1083

 

さあ!東京マラソンも決まったことですし、
スタートダッシュしようかと思い、何と30キロ走に出場。

30キロ走は普通はフルマラソンの1か月か2か月くらい前に
走り込みの練習としてするのですけどね。
敢えて暑い7月にエントリー。
しかし、この日は朝から雨。
ちょっとテンション下がり、よほどドタキャンしようかと
思ったくらい・・・。
しかし、今年の東京マラソンも大雨でしたからね。
雨を避けていると本番に雨にやられることもあるのです。
雨の日練習をしておかないと、本当に厳しかったのですね・・・。

ということで、8カ月後の東京マラソンに向けて
「雨の日練習」として参加。

朝9時半スタート。
何と30キロの部の参加者はやはり少なく
たったの6名。
3位以内以内が表彰の対象と聞き俄然やる気に・・・。

最初の1キロラップが5分40秒。
6名中3名がどうやらかなり速そうです。
ついて行ったらやたら速くなります。
たぶんこの3名はキロ5分以上のようです。
ちょっと諦めていつものペースに。
3キロくらいから6分ペースに。

コースは片道2キロ半の折り返し。
最初の1周は5キロラップが29分49秒。
まだまだ余裕。

ただ雨が強くなってきました。
結構疲れます。
今年の東京マラソンを思い出しました・・・。
だんだんペースが落ちてきます。

2周目。10キロ1時間1分33秒。

このあたりから実は股関節周りが痛くなってきました。(言い訳)
怪我という訳でなく、最近のフォーム改造の結果なので
仕方がないです。
キロ6分でいけるところまで、という目論見は早くも
崩れてきました。
3周目。15キロ1時間36分21秒。

雨が降ったりやんだりで蒸し暑い・・・。
4週目。20キロ2時間15分16秒。

今日は本当にここまででした。
いつものランならやめてしまうところ、
そこは大会です。
周りに刺激を受けながら走ります。
ただペースはもうジョギング状態。

まあトレーニングと割り切りました・・・。
とにかくフォーム作りです。
疲れているときでもフォームだけを心がけました。

ゴール。
まあタイムはいいでしょう。
雨の中30キロが完走できたわけですから・・。(言い訳)

 

Dsc_1077

今回試みたのはラン銭湯の利用。
ここならずぶぬれになってもすぐ湯船に
つかれますからね。これは今回大正解。
しっかり雨で冷えた身体を温め、疲れも取れました。

何といっても、人生初の「マラソンで6位入賞」!!?

 

2661_20190708_085932

2019年7月 5日 (金)

東京マラソン・チャリティー・エントリー完了!!

おかげさまで何とかエントリーすることができました。
昨日の19時ようやくメールがきました。

 

【チャリティランナーエントリー手続きについてのご案内】

この度は東京マラソン2020チャリティをご利用いただきまして、
誠にありがとうございます。
また、7月2日はアクセス集中の影響により、大変ご不便ご心配をおかけし、
申し訳ございません。

只今、事務局にてチャリティランナーとしてのエントリー手続きを
進めさせていただいております。
順次、マイエントリーへのログインに必要な情報【ご登録のメールアドレス
/パスワード】を記載したエントリー完了のメールをお送りいたしますので、
マイエントリーをご確認ください。

 


そのあとすぐメールがきました。

=======================================

◇◇東京マラソン2020チャリティ(RunwithHeart)◇◇
寄付金ならびに参加料入金確認のご報告

=======================================
吉田 信康様

 

ログインしてエントリー完了を確認しました。
エントリーしてから1日半。
ずいぶん待たされましたが、何とかエントリーできてよかったです。

ただ、お詫びは良いのですが、顛末報告も何もないのですね。
どうしてこんなことになったのか、
いったい何人がチャリティーエントリーできたのか
いまだに分からないのですね。
技術的には分かりませんが、クレジット決済画面でストップして
しまったのですから、クレジットカード情報は安全に保たれたのか
というのが一番聞きたいところなんですね。
会員情報は守られたのでしょうか・・・。

知り合いのネット業者の方に聞いてみましたが、
「3700人の定員に3万人くらいアクセスしても普通大丈夫なはず。」
「その数倍、数十倍が一度にアクセスしたのでは・・・」
と言っていましたが、いったい何人がアクセスして
エントリーできたのは、いったい何人だったのでしょうか・・・。

しかし、今後もこういうことは絶対ないようにしてほしいですね。
やはり「原因と再発防止策」くらいは大会事務局は責任もって
発表してほしいものです。

 

 
ところで、昨日ネットで面白い募集記事を見つけました。
私が愛用する「ランネット」の運営会社アールビーズ社の
募集広告です。

 

 

Photo_20190705094401

見て驚きますね。
部長職で1500万円です。

それよりもっと驚いたのが、
IT職です。
これも最高で1500万円ですね。
つまり部長職級の待遇なのです。
間に記載している編集者900万円より
格上なのですね。

マラソン業界ではこのIT職が絶対急務ということなのでしょう。
こういうことが得意なら、東京マラソン財団に営業に出向き、

「今年のようなことは絶対しません。ウチにやらせてください。」

となるでしょうからね・・・。
(東京マラソンのサイトをどこのIT業者がやったかは、もちろん知りません・・・)

 

私が今よりもっと30歳くらい若くて、
私がもっとITに強くて
私がもっと足が速ければ・・・・??
きっとランナーズに履歴書送っていたでしょうね・・・・??

 

2019年7月 4日 (木)

どうなるチャリティー・エントリー??

昨日の東京マラソンチャリティー・エントリーの続報です。

結論は進展なしです。
つまり、早朝送られてきた同じメールがまた夕方に送られてきたきりです。

よほど事務局も混乱しているのでしょうね。
ところでチャリティー・エントリー枠は3700名です。
チャリティー・エントリー枠の総合計5000名あるのですが
別にクラウドファンディング枠300名とアクティブチャリティー1000名
があるので通常の枠は3700名なのですね。

実は、昨日から私は疑っているのですが、今回の定員3700名は
はたして守られているのかどうか?

エントリーの仮登録メール発送段階でもし定員の3700名だったら、
それが送られてきていない人まですべて救済して
それを大幅に超えてしまったらどうなるのでしょう。

アクセス殺到したからこそ、システム障害だったのですからね。
想定外の人数が殺到したのは間違いないのです・・・。

もしその救済する人が数千かそれこそ数万人だったらどうなるのでしょう??
これは一般枠まで使わないと全員エントリーできなかったとしたら??
大問題になっていないでしょうか。それを昨日から事務局本部は
悩んでいるのではないでしょうか?
決済された入金額を見て唖然としている・・・。

・・・・すいません。
昨日からエントリー完了の通知メールが来ないので
あれこそ妄想?しています・・・。


しかし思うところはたくさんあります。
ただ少しだけ自慢なのは(!?)、これだけ東京マラソンのチャリティ-が
大人気になったのは少しは私が貢献しているのではないかと・・。
税メリットをあれだけ詳細に研究した税理士はいませんよ。
他の税理士の書いたブログをたまに見ますが、
結構間違っていますからね・・・。

今年は何といっても私自身が「実証実験」してまで
税務上の効果を測定したのですから・・・・。
(すいません。これも妄想です。)

ただ一方で思うことは、
チャリティーというのは慈善の心や行為、社会的な救済活動を
いうのですね。
「節税目的で寄付したら・・・」
というのも税理士として悲しい性なんではないかと
実は反省もしています。

またこれもよく解説していますが「ふるさと納税」についても
実はそう感じているのです。

チャリティーやボランティアというのは「見返りのない」
というのが大前提なのですね・・・。

いろいろ思いますが、取りあえず参加通知メールという
「見返り」を朝から期待しています・・・。
悲しい煩悩・・・。

2019年7月 3日 (水)

東京マラソン・チャリティー・エントリー完了か・・・!?

昨日は東京マラソン・チャリティーのエントリー初日だったのですね。
今まで散々「東京マラソン寄付金控除」を熱く語ってきた自称
「東京マラソン寄付金控除について日本で一番詳しい税理士」として
やはりエントリーせざるをえません。

あと昨年発表したものの、まったく反応のなかった・・・!?
非営利団体「Forever Tokyo Marathon Club 」の会長として
毎年チャリティーをすることをお約束していたのですね。こちら

10時スタートでしたが、いつもの大人気大会のエントリーとは違って
「チャリティー・エントリーだから大丈夫さ・・」
と油断していたのがいけなかったのですね。
10時40分頃ようやくサイトを開けます。
しかし、まったくつながりません。
ちょっと焦ります。
「しまった・・・」
やっと11時頃やっとつながって、エントリー入力です。
エントリーはもう5回目ですからね。しかも昨年初めてチャリティーも
やっているし・・。サクサク・・。

ようやく入力し終わって、まずクレジット決済画面。
なぜかいつも使っているカードが使えません。
また焦りました・・。
仕方がないのでめったに使わないカードで決済。
チャリティー10万円の決済はできたようです。
次にエントリー・・・。
ここでまったく進みません・・・。
また焦りました。
ここでカード会社から決済の確認メールが届きます。どうやら
チャリティー10万円とエントリー料16,200円の決済はされたようです。
しかし、ここでまったく動かず・・・。

「どうしたんだ・・・・。」

サポートの電話もつながらず、エントリー専用のサポートにようやく
電話がつながったものの、
「そういう電話が多くきていますが、チャリティー専用の方へ電話してください。」

「なんだ!この役所のような対応は!」

 

 

Photo_20190703103701

 

怒っているとトップページにこんな画面。もちろん仮登録メールなんか来ていないので


「いまさら最初から? またおカネ払うの??」

 

Photo_20190703104201

 

そうこうしているうちに、ついにエントリー終了。

「何だ!カネだけ取られてエントリーできないのか!」

まさに「エントリー詐欺ではないか!」

 

Photo_20190703104801

 

トップページにこんな画面。ようやくシステム障害を認めた感じですね。

今朝5時にこんなメールがきました。

 

「本メールは、決済画面からエントリー完了画面まで進めない事象が

    確認された方を対象にお送りさせていただいております。

    ご心配をおかけしましたが、事務局にてチャリティランナー登録の

    確認がとれましたのでご安心ください。」

 

どうやらエントリーできそうな感じです。
しかし、チャリティー料金だけ決済されて、エントリーが出来なかった人も
いたというウワサもあります。
そういう人はどうなるのでしょうか。

ほっとしたものの、何だか変な一日でした・・・。
来年からはチャリティー申込も抽選になるのですかね・・・。

2019年7月 2日 (火)

川崎月例

Dsc_1071_20190702090801

雨の週末。
天気は気になったものの、いつものとおり早朝から川崎古市場競技場へ。
これで5カ月連続。通算20回目の川崎月例。

「雨天は中止になるのですか?」

思わず受付で聞くと、

「雨でもやります」

とのこと・・・。
気合を入れて参加料を支払います。
ただ競技場は雨で使えず、河川敷の折り返しコース。
しかもその河川敷にいたるところに水溜り。
ちょっとテンション下がる中3キロの部スタート。

最初から水溜りをよけて走るので大混雑。
まあ記録狙いの方は水溜りをバシャバシャ走ります。
ただもう道路の中央はほとんど水溜りのため、
路肩を一列で走る感じ。
もう最初からタイムは諦めました・・・(言い訳)

しかも走り出すと、雨はやんだものの湿度100%。
汗が吹き出します。
1キロ。6分5秒。

なんと6分も切れません。
折り返してからまた長かった・・・。
蒸し暑くてきつい。
しかも、どうみても3キロ以上あります・・・。
最後の折り返してからまた長く感じます・・・。
ゴール。
17分56秒。

ダメダメのタイム。でもGPSでは3キロ以上あります。

続いて5キロ。
最初からテンション下がりっぱなし。

最初の1キロ。
6分15秒。
2回折り返しでまた戻ります。
このコース取りは結構キツイ。

2キロ。6分20秒。
なんだかもうヘロヘロ。

3キロ。6分32秒。
足が止まります。

最後の折り返しがキツイ。
でも最後のラスト500メートル。
一応ダッシュはしてみました・・。
ゴール。
32分21秒。

でもどうみても距離は5キロ以上あります。
疑惑の雨の川崎月例でした・・・。

2019年7月 1日 (月)

税理士の料理番 その50

Dsc_1071_20190630154601

 

「健康寿命をのばす元気ごはん」シリーズ第二段。
今回は「おから」です。
おからは健康に良いのはご承知の通りですね。
「おからパウダー」というのも、その影響で売れているのも
ご存知ですか。
今回はおからの定番料理「卯の花」です。

まず、干ししいたけを戻します。
これは何度もやっているので手慣れたもの。
にんじんの短冊切り、いんげんもそろえて切ります。
フライパンでひき肉を炒め、これらを一緒に中火で
炒めるだけ。
これにおからと牛乳をいれるのですね。
牛乳を入れるのもポイント。
滑らかになるそうです。
炒り煮して水分を飛ばせば出来上がり。
簡単ですね。

もう一品は、「おとなのアジフライ」
揚げ物は片付けが面倒なのであまりやらないのですが、
今回はカップ1杯の油だけで揚げる技を教わります。
三枚におろしたあじを丁寧に下処理。
ちょっと面倒ですが小骨を取ります。
180度の油で色づくまで揚げます。

「おとなの」とつく理由は薬味。
ゆず胡椒をそえた大根おろしとみょうがのタルタル風というのが
ポイント。
やはり揚げたては絶品です。

最後の一品は今が旬の新ごぼうを使ったみそ汁。
わかめご飯にあって美味しゅうございました・・・。

 


本日のメニュー

牛乳入りなめらか卯の花
おとなのあじフライ
新ごぼうのみそ汁
わかめごはん

2019年6月17日 (月)

お台場ロング

Dsc_1045

また走友会のお楽しみラン。
前日は大雨で天気が心配されましたが、
絶好の天気ですね。

スタートはいつものとおり荻窪駅。
荻窪からお台場まで約25キロのラン。

まず荻窪駅から善福寺川沿いを走り環七まで。
これはいつものランニングコース。

環七から新宿方面へ向かいます。

Dsc_1043
新宿中央公園で小休止の後は明治神宮へ。
さすがにここは走らずゆっくり参拝。
外国人の参拝客が多い中、ピンクの集団はちょっと異様ですか・・・。

原宿駅から表参道へ。
ここも多くの人でごった返す中、人を縫うように走ります。
青山通りを抜け根津美術館を通り、六本木方面へ。

都心のど真ん中を一気に駆け抜けるのがこのロング走の醍醐味ですね。
外国人とセレブそうな人が散歩している広尾駅を駆け抜け、
田町方面へ。
慶応大学の脇を抜け田町駅到着。

Dsc_1047

もうレインボーブリッジが見えてきます。

Dsc_1048
ようやくお目当てのレインボーブリッジ。
天気が良く最高でした。

Dsc_1049

Dsc_1050
遠くにスカイツリーが見え、同時に東京タワーも見えます。
ここがレインボーブリッジのベストビュー。

Dsc_1051
写真のように、橋には歩行者専用道があるのですね。
ここを駆け抜けるのが実に気持ち良い。

Dsc_1052
お台場到着です。


当然、皆と大宴会。

Dsc_1056
ついでに大井町線を乗り継ぎ、わざわざ旗の台の銭湯へ。

Dsc_1057
レトロでなかなか綺麗な銭湯でした。

駅前の焼き鳥屋でさらに打上げ・・・。
楽しい週末でした。

 

2019年6月10日 (月)

熱海へGO!(碁)

Dsc_1040

毎年楽しみにしている東京税理士会の囲碁旅行。
今年はあいにくの雨でしたが、雨が降っても関係ないのは
囲碁の魅力ですか・・・。
温泉にのんびりつかり囲碁を打つ・・。
囲碁ざんまいの非日常で囲碁ファンでよかったと思える瞬間です。
しかもここ20年来のお付き合いのある仲間との楽しいひとときです。
何度も書きますが、皆この業界の先輩方です。
ありがたいものです。
「芸は身を助く」
これは本当です。


それと毎年これも書きますが、熱海の景気を定点観測するのも
楽しみですね。
10年前には落ちるところまで落ちた昔の観光地のメッカも
ここ数年また復活しているのですね。
ご存知ですか?
熱海市役所の名物課長が、テレビ局に熱海を売り込んでいるのですね。
あちこちに有名スポットができて、それがテレビや映画の撮影にも使われ、
さらにその人気に便乗するグルメ番組でまた取り上げられて・・・。
なかなか戦略的に美味いですね。

言ってみてビックリしたのは、
熱海名物で「プリン」というのが定番になっているのです。
聞くと「熱海プリン」というのはここ数年で大ヒットした
商品です。
行列が絶えない名物を作り上げてしまうところがすごいですね。
それにつられてくる若い人がやたら多かった。
あちこちで「インスタ映え」する名物を撮りまくる若者たち。
こうやって人気観光地は作られるのですね。

閑古鳥を「飼い慣らしている?」日本各地の寂しい観光地は
是非熱海の戦略を真似したら良いのですね・・。

あと、ここ数年のリゾートマンションブームもなかなか
影響しているらしいですね。
駅前に一室数億円もする高級リゾートマンションができたのも
ご存知ですか?
すごいですね。これもよくテレビに取り上げられていますね。
また一方で「終の棲家」として移住してくるご年配も
多いそうです。
丘の斜面には、そういう老人向け高級マンションが並んでいます。
本当に様変わりの熱海でした・・・。

ところで肝心の囲碁の方は、初戦は勝ったものの、
あとは3連敗・・・。
まあ囲碁はいいでしょ・・。(言い訳・・・)

温泉ざんまい、囲碁ざんまいの楽しい週末でした・・・。

より以前の記事一覧