趣味のお話

趣味のお話

2017年11月20日 (月)

よこはま月例マラソン

Dsc_0680

久しぶりのよこはま月例ですね。
月刊ランナーズに紹介記事を書いて以来ですからね。こちら


Dsc_0681


会場についてみるとビックリです。
以前来た時以上に大混雑。
やはり月刊ランナーズのあの記事を読んだ読者がよこはまを
急に走り出したのでしょうね・・・・!?

私の方はというと、来週いよいよ今年の本命レースの
「つくばマラソン」ですからね。
先月横浜マラソンを走り損ねた以上、何としても頑張りたいところ
です。

本当はあと1週間前ですから、ジョギング程度にとどめて
あとは疲労抜きの期間なのです。
あまり無理して身体に負担はかけたくないところというのが本音。

そこで今日のテーマは

「1キロ6分20秒ペース
できるだけゆっくり、しかもフルマラソンを
意識した走りをしよう!」


ということにしました。

何度も書きますが、筑波大学の鍋倉教授の「ゆっくり走」を
そろそろ自分のものにしないといけないからなのですね。

やる気満々のランナーを避け、あえて一番後ろに並びます。
9時50分スタート。

ランナーが次々と飛び出していく中、マイペースをキープします。
ここで焦ってはいけないのですね。

最初の1キロラップは6分58秒。
スタートロスを加味したらこんなもんです。
2キロ6分23秒。いい感じです。
ちょうど同じようなペースで走る女性ランナーを
見つけ、そのあとを「ストカーのように」つけて行きます・・・・。


5キロの最初の折り返し、32分05秒。
予定通りですね。6分20秒を5回繰り返すと
5キロで32分くらいなのですから・・・。

つまり、この5キロ32分ペースを8回繰り返すことができたら
フルで4時間半切はみえてくるのです・・・。

最初の1周目は好調です。
10キロ1時間3分30秒。ジャストですね。

かつて10キロ以降で失速することもありましたが、
最初から抑え目ですからこのままキープできます。
15キロ。1時間35分07秒。完璧です!

20キロでゴール。
2時間7分42秒。
平均ペース6分20秒ジャストです。

何となく「ゆっくり走」掴みましたかね。
このペースで30キロくらいまで持てば
今までにない走りができると思うのです。


Dsc_0682


走った後は、東横線を途中下車して、
「丸子温泉」!
ここはランナーの間では有名らしいですね。
天然温泉が470円で入れるのですから。

超混雑でしたが、さっぱりして疲れも吹っ飛びます。
来週のつくばマラソンが待ち遠しいです。


(つくばマラソンまであと6日)

2017年11月13日 (月)

日中囲碁友好囲碁大会

Dsc_0678


毎年心待ちにしている大会ですね。
団体戦だからですね。


お分かりの通り囲碁は個人競技です。
自分自身で完結して自由に打てる、それが囲碁の醍醐味なのですが
それをまたあえて団体戦にすると、それはそれで楽しいのですね。


チームワークが生まれるからです。
5人一組で行われる大会ですので、3人以上勝たなければならないのですね。
つまり、自分一人だけ勝っても、後のチームメイトが負けると
1勝4敗で負けなのですね・・・。


一回戦、慎重に進めます。
初戦は大事なのですね。
大会で波に乗れるかどうかのカギを握ります。
優勢でいながら、最後は「一手バッタリ」

この「一手バッタリ」の意味わかるでしょうか?

囲碁をやらなければ絶対わからない単語ですね・・・。
まあ、一回のミスでその対戦を失ったのです・・・。
これだから、大会は恐ろしいのです。
これは結構ショックでした・・・。


でもこのあとはチームワーク。
私は負けたものの、あとの3人が勝ち残り、
なんと3対2で勝利。


これで気を良くして2回戦は5対0の圧勝。


3回戦くらいから相手が強くなります。
有名な子供教室の主催者の団体。
でも最近はちびっ子の参加者が少なくなっているようです。
昔はかなり強い小学生がたくさんいて結構苦労しました。
若手の打ち手と対戦しましたが、ここは踏ん張って勝利。
チームも4対1の勝利。


さあ!決勝戦。
相手は結構年配の方。
こういう方は要注意なのですが、
序盤で相手の棋力が分かりました。
慎重に進め圧勝。


チームも4対1の勝利です。
これで久々の優勝です。


打上げで当然盛り上がり、楽しい週末でした。


それと来週発売の週刊碁に掲載されるらしいです。
これも楽しみですね・・・・。

2017年11月10日 (金)

税理士の料理番 その31

Dsc_0668


今月のテーマは「ビーフストロガノフ」
ご存知だと思いますが、ロシア料理ですからね。
教室とはいえ、こんな料理が作れるのですね。

正直楽しみでした。
得意料理になったら

「ビーフストロガノフ作れるのですよ・・・」

とちょっと自慢できそうですからね。

まずポイントはタマネギを良く炒めること。
これが一番大事なんだそうです。
茶色というか、飴色になるまで丹念に炒めます。
焦げ色をタマネギにこすり付けるような感じ。
確かにこれは習わないとできません。

これさえできればデミクラスソースで煮込めば
比較的簡単。

あとはめったに作らないバターライス。
仕上げに生クリームかけて、絶品ビーフストロガノフの完成!


もう一品は温野菜サラダ。
これはさっくり作ります。


ぜひ一度このビーフストロガノフは
家でチャレンジしたいですね!


本日のメニュー

ビーフストロガノフ
バターライス
温野菜サラダ


2017年11月 7日 (火)

東京税理士会の囲碁大会で優勝!!

Photo


この週末は大忙しでしたね。
自慢の囲碁ネタ。
東京税理士会では春と秋に囲碁大会が盛大に行われます。
参加者は現在70名くらい。
以前は50名前後だったのですが、最近は大盛況になっております。


囲碁の対戦方式は、いわゆるハンディ戦。
東京税理士会が独自に決めたレーティングによって
クラス分けされます。
AクラスからEクラスまでの5クラス。

自慢ではないですが、(一応自慢?)この20年間は
ずっとAクラスです・・・・。

Aクラス16名で対戦しました。
一回戦はM先生。
元国税庁出身ですが、現役の頃から対戦していて
ここ10年来のライバル。
棋力も似通っていて、勝ったり負けたりですが、
どちらかというと苦手なタイプ。
黑番で前半にミスをして劣勢に・・・。
終盤も苦しめられます。ですがどうにか時間切れ勝ち。
この一勝は大きかったのですね・・・。

二回戦はH先生。
この先生とも20年来戦っていますが、なかなか分が悪い。
正統派でしっかりとした気風。苦手なタイプですね。
黑番で苦しめられましたがどうにか7目勝ち。

これで2連勝。
実はこの日の大会の私は幹事だったのですね・・・。
「幹事で忙しいし、あまり勝っても・・・」
と一応思ってはいました・・・。(でも勝負ですからね。)


三回戦。F先生。
これは東京税理士会で誰でも知っている強豪。
下手に恐れられている重鎮ですね。

黑番で慎重に進めますが、地に走ったものの
何となく劣勢に。そのあたりの打ちまわしは確かにうまい。
終盤に目算するとやや足りないか・・・。
ただ相手も時間を使いすぎて、少し早打ちになってきました。
ここがチャンスでした。
ヨセで逆転。何と1目勝ち。
この「拾った1勝」が大きかった。

最終局はS先生。初手合いです。
本日初めての白番。
個人的なお話ですが、白番は得意なのです。

序盤で相手のみでリードに。
でも楽観して中盤逆に責められます。
逆転されそうになりましたが最後はやはりヨセ勝負に。
ここで囲碁歴48年のキャリアがものをいいます。
作って2目勝ち。「薄氷の勝利」

Photo_3


久々の優勝ですね。
本日はツキもあったかもしれません。
そのあとの懇親会のビールは最高でした。


おかげさまで
「東京で一番強い税理士」
です。


実に楽しい週末でした・・・・。


2017年11月 6日 (月)

UPRUN川崎河川敷オータムマラソン

Dsc_0670


いよいよ11月です。
10月の練習不足を補うために急きょ大会を入れました。
本来なら横浜マラソンの翌週ですからね。
ゆっくり静養しようと、今週はエントリーしていなかったのです。

慌ててランネット見てもどこも締切り。
ホームコースの多摩ランも間に合わず。
それで「UPRUN川崎河川敷オータムマラソン」に初参加しました。

会場はなんと、川崎古市場陸上競技場。
ここは川崎月例で何度も走ったところ。
ただ、走り込み不足もあるせいか、謙虚に15キロの部。


天気も良く、スタートは11時。
周りの参加者見てもそれほどギラギラしてなく、
何となくのどかな感じです。

実は、今回取り組みたかったのが「ゆっくり走」。
フルマラソンの前に一度やっておこうと思いながら一度もできず。
何度も書きますが、筑波大学の鍋倉教授の直伝の走法ですからね。

いつもフルマラソンは
「一キロ6分くらいで走らないと・・・」
とつい最初から飛ばし過ぎてしまうのですね。
鍋倉先生からダメ出しされた私の欠点。

スタート直後、周りのペースに合わせると、
すぐ5分30秒くらいまで自然と上がってしまいました。
慌ててスピード押さえます。
これがいけないのですね。
最初は元気ですから、
「今日は調子いいかな。」
とキロ5分くらいで3キロあたりまで飛ばすことがありますからね。
この「ロケットスタート」は封印。

でも最初の1キロラップ6分4秒。
さらに落としてみます。
周りのランナーから抜かれますが、
そんなこと気にしていたらフルマラソンはダメです・・・。

2キロ6分17秒。
いい感じです。
結構楽なペースですが、これで42.195キロまで持たせなければ
4時間半は切れないのですね。
3キロ、4キロが6分21秒、6分19秒。
だんだん掴めてきましたね・・・。

10キロ1時間3分28秒。
これでちょうどキロ6分20秒ペース。

残り1キロとなり、最後は少し上げてみます。
キロ5分40秒。
ゴール。
1時間35分02秒!!

予定通り、6分20秒ペース。
あとは写真でお分かりの通り、
走り込み不足からくる「ウェイト・オーバー」を
何とかしなければいけませんね・・・・!


2017年11月 1日 (水)

横浜マラソン! 来年も出場!!

走られなかったのは大変残念なことだったのですが、
昨日ビックリポン!の発表がされました。


横浜マラソン公式HPより

Yokohama_2


まず参加賞のタオルなのですが
「横浜市へ災害緊急時のタオルにでも
寄付としたらどうか」
とまで書いたのですが、もらえることとなりました。
「2017年」と記載されたオリジナルタオルですからね。
まあ、これはありがたくいただいておきましょうか。


Yokohama_3

しかし、タオルなどはいいのですが、
来年の「横浜マラソン2018」への出走権がもらえるそうですね。
ということは、確実に来年リベンジできそうです。
今年は抽選倍率3倍近かったというから、
来年も絶対抽選でしょうからね。
これはとりあえずホッとしています。

しかし、「出走権」なんていうものはマラソン業界で
初めてではないでしょうか。

気になるのは「希望制・有料」ということですね。
希望するのはいいのですが、有料ということはたぶんまた
1万5000円取られるのでしょうね。
安くはしてくれないのでしょう・・・・。

ただ、つい気になるのが、この出走権が「流通」しないか?
ということなのですね。
メルカリで
「来年の横浜マラソン出走権です。2万円で・・・」

みたいな輩が出ないとは限らないですからね。
そんな転売しないでも、
自分の子どもや、友人などにあげることも予想されますね。
今年抽選に外れて悔しい思いしたランナー心理は
痛いほどよく分かりますから・・


東京マラソンで実施したような厳格な本人確認や
受付完了後のリストバンドなど不正防止は必要なのでしょう。

先週の横浜マラソンの受け付けは、正直いい加減でしたから・・・。

いずれにしろ、来年の1月に決定されるそうですね。
これはいろいろ議論してほしいです。

Yokohama_4


あと面白いと思ったのは
来年走れば、横浜マラソン2018の完走メダルと一緒に今年のメダルももらえるそうです。

完走すると二つのメダルがもらえるマラソン大会は
たぶん最初で最後でしょう。

取りあえず1月まで楽しみに待ちます・・・。

2017年10月30日 (月)

横浜マラソン 残念!

Dsc_0654


予想が的中しましたね。
金沢マラソン、富山マラソン、水戸黄門漫遊マラソンなどは
決行されたものの、なんと横浜マラソンだけ中止ですね。
私がかつて走ったことのある、諏訪湖マラソンや手賀沼エコマラソン
なども皆台風の中行われたようです。

ネット上で横浜マラソン中止の是非について
いろいろと書き込んでいるのをみました。

まあ、ランナーとしては、
「金沢や水戸は走れたのになぜ横浜だけ・・・」
そう思うのでしょうね。

ただ、どうもランナー特有のわがままかもしれませんけど
「参加料は返してほしい」
「完走メダルとタオルは送ってほしい」
「来年の優先出場権は欲しい」

などなど結構勝手なこと言っていますね。
走りたかった気持ちは私も十分分かりますけど
何度も書きますが、エントリーの際に誓約させられていますから
これは無理なんでしょうね。

ただ大会HP上では、タオル等は検討しているらしいのですが
タオルは他の大会でたくさんもらっているので、
横浜市の災害緊急時用の備蓄タオルとでもしていただければ
と思っております・・・。

完走メダルはどうするのか気になりますね。
来年に使い回すことはできないはずでしょうしね。
でも走っていないに「完走」メダルは正直いらないですけどね。
ただ、今までもらった完走メダルの中で、横浜が一番
「カッコいい」のですね。
錨型のずっしりと重たいメダルです。

やはり「完走」だから走ってこそ価値があると思うのですね。
もらっても「メルカリ」で売る人もきっと多いですよ・・・・。

写真は前日受付時のやる気満々の顔です。


Dsc_0655


帰りに桜木町駅のそばの名物「シベリア」まで買い込んで
カーボローディングをしていたんですけどね・・・。


最後に走られなくて残念だったけど、
正直書きますが、ホッとした気持ちもあります。


やはり10月はあまり走られなかったですからね。
仕事も忙しくて、体調もイマイチ。
どしゃ降りの雨の中を、正直あまり走りたくはなかったのです・・・。
完走するのがやっとだったかもしれません。


いずれにしろ、まだまだマラソンシーズンは始まったばかり
ですからね。

取りあえず、来月のつくばマラソンに向け、
しっかり、身体を絞ってから鍛え直します・・・。

2017年10月27日 (金)

横浜マラソン 開催か中止か!?

いよいよあと2日ですね。
でも台風22号が来る予定ですね。
どうなるのでしょうか?

今日から前日受付が開始されますが、
受付は予定通り行われるみたいです。

Photo_3


ホームページに親切に何度か更新されて
状況が開示されています。

やはり台風の進路によっては中止になる場合も
あるみたいですね。
横浜マラソンを走ったことある方ならお分かりの通り、
22キロ地点から10キも高速道路を
走りますからね。

もし強風が吹いて吹き飛ばされたら大変なことになります。
そんなことはきっとないでしょうけど、
長時間、大雨の中走るランナーには低体温症になる人も
出るかもしれないですからね。

でもランナーはいいです。好きで走っているのですから。
大雨の中、長時間あの高速でずっと立っているボランティアの方々は
きっと地獄ですよ・・・。

昨年高速道路の上で、半裸で踊っているサンバの応援団が
いましたが、本当に寒そうでした。
もしそうなるとかなり可哀そうですね。

私自身としては、9月まではしっかり走ってきたつもりでしたが
10月に入って雨続きでまともに走っていません。
昨日久しぶりに軽く走りましたが、身体が重くとても本調子とは
いえないくらい。
中止でも仕方ないかなとさえ思っております・・・・
(かなり言い訳がましく、弱気です・・・・)

ところで、10月29日は日本全国で1万人を超える
マラソン大会が多く行われる予定です。
昨年出場した水戸黄門漫遊マラソンもありますね。
あのコースはほとんどフラットで、折り返しの一か所だけ
陸橋を渡るくらいですからたぶん開催されるでしょうね。

あと抽選に外れた金沢マラソンと富山マラソンもありますね。
すべてHP覗いてみましたが、皆一様に
台風の進路に寄り判断するとアップされています。


Photo_2


金沢マラソンは中止になっても参加費の返金はありませんと
ご丁寧に書いてありますね。
ここはランナーとしては一番気になるところなのですが、
3.11の大震災の時に多くのマラソン大会が自粛で中止になり、
参加費返金するかどうかで結構揉めたところですからね。

それ以降のマラソン大会は、天候不順による中止の場合は一切返金しない旨を
エントリーの際に確認するようになりましたからね。

横浜マラソンは開催されるのでしょうか?
参加者は2万8000人!
ボタンティア・スタッフはその何倍でしょうし、
大会関係者、納入先等を考えたらその何十倍の方々が
携わっているのでしょう。


取りあえず明日前日受付だけして、参加賞のTシャツだけは
確保しようと思います。

「1万5000円の高額Tシャツ」! にならないように
神様と台風にお願いしようと思っております・・・・。

(横浜マラソンまであと2日!)

2017年10月23日 (月)

横浜マラソンまで1週間

Photo


私が総選挙の解説しても誰も読まないでしょうし、
ブログで政治のお話はご法度なので書きません!


しかし、よく雨の降る10月ですね。
先週雨の中を走ったタートルマラソンから1週間。
あの日から1メートルも走っておりません。
雨の中をカッパきてまで走ろうとも思いませんから。


本当は、昨日赤羽月例マラソンに「こっそり」出場して
最終調整したかったのですけどね。
こういうときこそ予約のいらない月例マラソンなのですね。

仕事も結構忙しく、土日もたまった仕事を処理していたので
ちょうど良かったのですが・・・。


しかし、今月の走行距離は先週時点で80キロ。
よって、23日時点でも80キロのままです。


来週いよいよ横浜マラソンなのですが、
かなり不安です。
台風一過で明日から走れそうですが、
フルマラソンの1週間前からは無理に走って
疲労を蓄積するより、走らないで体を休める方がよいのですね。

フルマラソンの前までに、筑波大学の鍋倉教授のご指摘の
「ゆっくり走」を一度試してみたかったのですが・・・。
つまり、1キロ6分半ペースくらいで前半ゆっくり走ってから
後半スピードアップするという究極の戦略。


実はこれもこっそり言いますが、今月本当は30キロ走も
エントリーしていたのですが、忙しくて走れず。
ここで一度ゆっくり走を試す予定だったのですが・・・。
あと1週間。ジタバタしてもしかたないので
自然体で横浜マラソンに臨みます。


本命のつくばマラソンまで1カ月余りですから、
この横浜で初の「ゆっくり走」を試してみようかと
思います。


結構その方がタイムが良かったりするかもしれませんね・・・・。
頑張ります!

2017年10月16日 (月)

タートルマラソン

Dsc_0649


毎年参加している大会ですね。
横浜マラソンを2週間後に控え、最後の調整レースとして出場。
本当はその前に30キロ走に参加したかったのですが
忙しくて断念。

本当は筑波大学の鍋倉教授の推奨する「ゆっくり走」
(1キロ6分20~30秒ペース)を一度実験したかったのですね。
どうしてもハーフマラソンというと、最初キロ5分くらい間で
上がるのですが、いつも10キロ過ぎに失速してしまうのですね。
なので、今日の目標は「失速しない」レース転嫁とすること。


いつもの走友会のメンバーがなんと30人ほど。
ただ残念ながら雨です。予報もこのまま降り続けそう。
ちょっとテンション下がりますね。

9時半スタート。
コース順はなんとBブロック。
周りを見ても早そうなメンバーですね。
スタート直後から周りにあおられます。
「ちょっとブロック順失敗したか・・・」
どんどん抜かれます。


最初の1キロラップは5分46秒。
予定では6分くらいで抑えたかったのですが・・・。
次のラップは5分33秒。
「ちょっと速すぎるくらい」

走友会のメンバーが次抜いていきます。
無理して押さえても5分40秒~50秒。


身体が温まってきたでレインコートを脱ぎますが
雨のせいか気温が下がって走るのには好都合なのですね。
ただやはり水たまりが多く、早くもシューズが濡れて
重たくなってきました。


5キロ通過。28分52秒。
まだ速すぎるくらいなのですね。

荒川のいつもの見慣れた風景。
赤羽に近くなってきて、何度も走った土手の上を走ります。
6キロ~9キロくらいまでほぼ1キロ5分50秒ペース。


10キロ通過。58分36秒。
これでもフルマラソン考えると速いくらいですが、
調子良さそうです。


このあたり折り返してきた走友会の速い連中と
次々すれ違いエールをもらいます。
やはりこういうところは大人数で走ると楽しいですね。

折り返し。ここからがポイントですね。
いかに失速せずキープできるかです。

13キロくらいまで1キロ6分はキープできましたが、
14キロ~15キロ1キロ6分10~15秒。
やや落ちてきました。


17キロ~19キロ。 1キロ6分20秒~30秒。
ラスト1キロ。頑張ってキロ6分まであげてみました。


ゴール。
2時間8分35秒。


まずまずの調整レース。
そのあと北千住のいつもの居酒屋へ。
そこで走友会の打ち上げ。


ちょっと飲みすぎましたかね・・・?
でも楽しい週末でした・・・。

より以前の記事一覧