天声信語

天声信語

2018年1月19日 (金)

ビットコインって何だ? その4

ではまず簡単な売却の税金から。
値上がり益は雑所得になると申し上げましたね。
100万円で買ったビットコイン(BTC)が200万円になったので
売却したら100万円の儲け=雑所得になるのですね。
50万円が200万円になっても150万円の儲けとなるので
これは分かりやすいですね。

ここでビットコインを以下BTCと略します。
慣れないと、少しややこしいですか・・・。


でもそんな単純なケースは少ないのですね。
設例1です。


01321


200万円で4BTCを買ったケースですね。
これを全部売却したら簡単なのですが、0.2BTCと
一部だけ売却したケースです。


01322


1BTCあたりの取得価額を出して計算するのです。
そうすると10,000円の儲け=雑所得になるのですね。

これだけでもややこしそうですが、
実際は何度か売買を繰り返しているでしょうから、
その都度1BTCあたりの取得価額を計算することになりそうです・・・。
(あとでサラッと説明します)


では次の設例。
仮想通貨で商品を購入した場合なのです。

これは知らない方多いでしょうね。
仮想通貨といっても「通貨」ですから、貨幣の代わりとして使えるのを
ご存知でしょうか?
例えばビックカメラでは仮想通貨で決済できるそうです。

「購入しても税金」がかかる??
これは今までにない税金の考え方なのです。


01321_2


では2番目の設例。
同様に、200万円で4BTCを買ったケースですね。
0. 3BTCで商品購入の際に決済に使った場合です。
要するに、売却と同じ考え方ですね。


01322_2


結局5,000円の儲け=雑所得になります。

「使っても税金かかるの??」

まったくそんなことも知らないで、全部使ってしまったら
トンデモナイことになるのですね・・・。

2018年1月18日 (木)

ビットコインって何だ? その3

年末に取り上げてから、
「ビットコインってある意味博打かな・・・・」

と思っていたら、最近暴落しているようですね。
なかなか怖いもののような気がしています。

年初から税理士仲間と新年会であうとこのビットコインの
お話がでますね。

「ビットコインの確定申告って大変だな・・・」

そうなのですね。
まだ明確な指針が国税庁から発表されてから
日が浅いのですね。
実は昨年の12月1日に国税庁から発表されています。

0131


税理士会としてもこのテーマでまだ研修すら行われていない
状況ですね。

12月に発表したということは、国税庁も慌てて
出したのでしょう。


まず大事なお話がコレです。


013120

20万円というのは税金の考え方で、「少額不追求」というものがあるのですね。
所得が20万円までは申告不要です。

でも、サラリーマンの方から現実にこんな質問があったのですが、

「ビットコインで値上がりして30万円くらい利益が
あるのだけど大丈夫?」

そうなのですね。
こういう疑問、不安のある方は現実に多いのです。
前回ご紹介したとおり、一年間でなんと20倍にも
なったビットインですからね。
よく読んでいただきたいのですが、

「仮想通貨の売却又は使用による・・・」

と書いてありますね。
仮想通貨を持っているだけでは所得が発生しないので
大丈夫なのですね。
売ったりしない限り所得は発生しないのですから。
ただ「使用による」ということもポイントですね。
売却しないけど、使ってしまった場合でも所得が
発生するのですね。

このあたり説明していきましょう。

因みに目次がコレです。

0131_2


実は9まであるのですが、
たぶん「ナニコレ????」となるから割愛します。
なかなか難しいですから・・・・。

2018年1月 5日 (金)

今年のテーマは「ネバー・ギブアップ!」

あけましておめでとうございます。
本日より、「吉田会計18」がヴァージョンアップ・スタートします。

年始は、いつものように「ニューイヤー駅伝」と「箱根駅伝」との
駅伝ざんまいで、本当にあっという間でした。

でも、一方で昨年の反省と今年はどうやっていこうか
いろいろ考えておりました。

実は、昨年の抱負として掲げたものは「チャレンジ」だったのですが、
果して本当にチャレンジできたのか?
これは正直かなり反省いたしました。

昨年は事務所移転して、そのおかげか
仕事面では忙しくそれはそれでよかったのですが、
その反面、新しいことをチャレンジする余裕があまりなかったのです。
でも忙しいことを理由にそのチャレンジをどこか心の隅で
あきらめていたと思うのです。

この3月でちょうど開業20年を迎えますが、
あの頃のやる気満々の気持ちを思い出し、
「ネバー・ギブアップ」の精神で
今年は頑張ろうと思います。


30


箱根駅伝で東京国際大学の渡辺和也選手が
どうしても箱根を走りたくて30歳ながら
大学に入学したことを知りました。
箱根駅伝に年齢制限がないことにも驚きましたが
これはすごいお話ですね。

Photo

また早稲田の10区の谷口選手の力走も見事でした。
高校までは囲碁部だった一般受験生が
早稲田で駅伝走るのは並大抵な努力ではないと思うのですね。
夢を諦めたら何にも進みません。
二人から感動と勇気をもらいましたね。

自分自身でよくブログでアップしながら、
マラソンやダイエットで記録が伸びないことを諦めては
本当にいけないと思うのです。
もちろん本業の仕事でも、もっともっと考えて
新しいことにチャレンジしていかなければいけないと
この年初に心底感じました。


Photo_2

正月に読んだ本で「いのちのスタートライン」という本が
あります。
素晴らしい本なので、今度詳しく紹介しようと思いますが、
42歳の働き盛りのサラリーマンが重度の癌になり、
その癌を克服したうえで、さらに100キロマラソンを完走するという
感動の物語でした。
正直読みながら泣いてしまいました。

健康に仕事ができて、健康にマラソンができることは
本当に幸せなことなのだと心底思いました。
その幸せを感じることをせず、努力しないことは
本当に申し訳ないとさえ思いました。

今年は「ネバー・ギブアップ」の精神で頑張ります!!

2017年12月29日 (金)

今年の反省

おかげさまで本日で仕事納めです。
本当はいつも27日か28日で目途をつけて
終了していましたが、なんと開業以来初めて
29日まで仕事してしまいました。

これはお客様並びに職員に本当に申し訳なく思います。
もっと計画的に前倒しでやらなければならなかったと
深く反省しております。

世の中的には「働き方改革」ということが叫ばれ、
例えば「元旦を休みにしよう!」
という動きも出ていますね。
ですので、本当は25日くらいから「クリスマス休暇」と
したかったのですけどね・・・。

現状では「年末調整」という年末恒例の手のかかる仕事があるため
それもままならないのです・・。

でもあと何年か経ったら、きっとAIが年末調整を
自動計算するようになるかもしれませんね。
そうなると我々業界的には痛手かもしれませんが、
本当に「クリスマス休暇」が取れるかもしれません。

まあ、そうなったら別のサービスができるかもしれないので
新たなビジネスチャンスと考えていくしかないのでしょう。


仕事納めに当たっていろいろ考えることが多いです。
年初に「今年のテーマはチャレンジです!」
といいながら、実はあまりチャレンジできなかったですね。

これも反省点です。
マラソンも自己記録を更新できなかったし、
伸び悩んだ一年でした・・・。
年末年始は「海より深く反省し」来年の構想を考えたいと
思います。


今年一年ありがとうございました。

新年は5日から。
「吉田会計2018」がヴァージョンアップ・スタートします!

2017年12月28日 (木)

ビットコインって何だ? その2

「ビットコインって何だろう?」

「ちょっと調べておこう。」

と軽い気持ちで始めましたが、なかなか奥が深いようですね。
これは軽々に余計な発言はできなさそうですね。

まずビットコインの市況を調べてみました。

「本当に20倍に跳ね上がったの?」

確かめたいですからね。

Btc_2


よく分からなかったので、取りあえず「ビットコイン 市況」
でググってみたのがこのグラフです。

初めてみる市況なのでよく分かりませんが、
2017年1月に100,000円だったものが
今年の12月に確かに2,000,000円を超えていますね。

本当に20倍になったようですね。
だけど、その後短期間で暴落しているようで、
これは乱高下の激しい取引のようです。

昨日アップしたのが、国税庁の「雑所得」の見解ですね。
HP上では今年の4月1日です。

でもこの市況見る限り暴騰してしまったのですね。
それこそ大儲けした方々は出てきてしまったのです。

実際に例えば年初に500万円投資した方が、年末に本当に
1億円になったのでしょうね。
それを売却して、1億円-500万円で9500万円の大儲けですね。

テレビに出演していたので本当にいるのでしょう。
でもこれは昨日アップしたように「雑所得」のなのですね。

雑所得は、ご自分の給与所得や事業所得と合算されて
いわゆる総合課税されるものですね。

現在では4000万円を超える方には
最高税率45%が課税されますね。

ということは1億円儲けた方は半分近く税金で持ってかれるのですね。
ですので、昨日アップしたように20%ではないのですね。


とここまで書いて10年くらい前のFXブームを思い出しました。
その頃、FXが流行りだして、かなりブームになりましたね。
本当に億単位で儲ける方もそれこそテレビに出てきたりして
話題になりました。

当時申告しなかった方も多くいたらしいです。
システム的に追いつかなかったという事情もあったと思いますね。
数年たって税務署の税務調査がこのFXに対して
一斉に行われました。
実は、かなり追徴取られた方が多かったのです。

でもそれを取り返そうとFXにのめりこんだ方が
多かったのですが、その後の暴落で大損しました・・・。

何だかこんなことを思い出すと、
業界の方々から文句言われそうですね・・・。


2017年12月27日 (水)

ビットコインって何だ? その1

最近話題ですね。
よくテレビで取り上げられて、


「20倍にも跳ね上がったビットコイン!」

とか


「ビットコインで1億円儲けた方」

など本人が顔出しでテレビに出てたりしていますね。
正直ビットコインなんて「FXの新種の取引」くらいしか
考えてなかったのですが、

「そんな儲かるの?」

というのが正直なところですが、


「ビットコインで決済できるレストラン」

なんてテレビで紹介されたりしていますね。
ビットコインだと決済手数料が1%となって、
クレジットカードの決済手数料より安いらしいのですね。

お客さんからも

「ビットコインって儲けると税金かかるの?」

とか

「ビットコイン始めようかと思うのだけど大丈夫?」

何てよく聞かれます。

まあ、私も元証券マンとして必ず言うことは

「博打は止めてください。」

何ですね。
まあ、博打です・・・・。

でも何だか世間ではいろいろ誤解されているようです。

「ビットコインって儲かるとFXみたいに20%持ってかれるの?」

というのが多いのです。
まず国税庁のもともとの見解がコレです。
こちら


No.1524 ビットコインを使用することにより利益が生じた場合の課税関係
[平成29年4月1日現在法令等]

ビットコインは、物品の購入等に使用できるものですが、
このビットコインを使用することで生じた利益は、所得税の課税対象となります。

このビットコインを使用することにより生じる損益(邦貨又は外貨との
相対的な関係により認識される損益)は、事業所得等の各種所得の基因となる
行為に付随して生じる場合を除き、原則として、雑所得に区分されます。

要するに利益は課税します。と国税庁は言っていますね。
ようするに「雑所得」なんですね。
「事業所得等の各種所得の基因となる行為に付随して生じる場合を除き、」

これはまさにビットコインで生計を立てているような方は
「事業所得」なんですが、これはまず例外でしょうから
一般の方がビットコインで儲かると雑所得なのですね。

ただ、ここでもういろいろ「突っ込み」があるのですね。
ビットコインとは仮想通貨の一つなのですね。
現在は1000種類もあるそうです。
その中の一つだけ取り上げているのはおかしいと言われているようです。
まあ、最初は国税庁がそれくらいの認識だったのでしょう。


2017年12月26日 (火)

陸王 ラストラン!

Photo

陸王の最終回をじっくり見ました。
原作読んでいるから当然知っていましたが、
マラソンシーンに素直に感動しましたね。

やはり陸王はマラソンシーンが良かったですね。
またフルマラソンを走りたくなりましたね。
茂木選手みたいにカッコよく走れたら本当に良いですね。

上り坂のスパートなんて芸当は私には一生できないでしょう。
ドリンクを取りそこなったライバルにドリンクを与えるなんて
これもカッコいいですね。

しかし、ミッドフット走法はこれで流行るのでしょうか?
また足袋型シューズも販売されるのかもしれませんね。
これも私には絶対あわないとは思います。

マラソンシーンが多くてテレビ的には良かったとは
思います。

でも池井戸潤さんの小説ですからね。
やはり、企業再生にもっとスポットを浴びないと
いけないのでしょうね。
銀行マンがやたら出ていましたが、原作の銀行マンは
もっとイヤらしい方でしたね。

池井戸さんお得意とする「銀行マン悪者説」が
多少オブラートに包まれていましたね。

原作では、復活したこはぜ屋を見て、銀行の支店長が
地団駄踏んで悔しがるところがもっとスカッと
したのですが・・・。

ただ冷静に考えてみたら、こはぜ屋はあのままだったら
間違いなく倒産していたのでしょう。
フェリックスが欲しかったのは、こはぜ屋という足袋屋ではなくて
シルクレイだけでしたからね。
飯山氏は最後はフェリックスにシルクレイの特許を売却していたのでは
ないでしょうか・・・。


いろいろ書きたいことはありますが、
歌舞伎役者がシューフイッターを演じるのは
無理がありましたね。あの「カクカク」の喋りでは何だか・・・。

ドラマはいいとして、これでシューフイッターが認知されましたね。
やはり、マラソンにはシューフイッターが必要なのです。
アトランティスはadidasかNikeをイメージしていたと
思うのですが、ピエール瀧さんや小藪さんが演じていた
小原部長や佐山のような悪役のシューフイッターでは
困るのですね。

Photo_2


ぜひ市民ランナーにも、村野さんのような「ランナー目線の」
シューフイッターをぜひ増やしてほしいです・・・。

2017年12月22日 (金)

ふるさと納税 あと1週間!

さあ!いよいよ今年も終わりですね。
何度もアップしていたからでしょうか?
本当にこの時期問い合わせ多いのですね。

「それでどうやったらいいのですか?」

初めてふるさと納税やる方も多いのですね。

「ふるさと納税が有利だというのが分かりましたけど
どうやって寄付するのですか?」

確かに初めてやる方は分からないでしょうね。

「ふるさとチョイスとかさとふるのサイト見て選んで
申し込んでください。意外と簡単ですよ。」

そういうことにしています。

「何がお得なのですか?」

ズバリ聞かれることも多いのですね。

「総務省のお達しで還元率が30%に抑えるように
指導されていますが、自治体によってはそれ以上努力している
ところも多いのですよ・・・」

そういうことにしています。

「それで先生は今年何が良かったのですか?」

そうズバリ聞かれることもあります。
せっかくなので今年良かったふるさと納税を
アップしておきましょう。

Photo


さとふるのランキングでもいまだにトップなのが
コレですね。北海道八雲町の毛ガニですね。
450gの毛ガニが何と2匹です。
これは美味しかったですね。

Photo_5

あと個人的に良かったのは
千葉県勝浦市の西京漬け。
12パックも入っています。
こういうのは家族が喜ぶのですね。

それ以外に豚肉、牛肉、お米などなど
あとまだまだありますが、一番便利だなと思ったのが
大阪府の泉佐野市のサイトですね。

Photo_4

ここのサイトは良く利用しました。
1万円で5000ポイントがつくシステムですね。
日本全国のそのタイムリーな商品を割安で提供しています。
こういう「企業努力」している自治体に応援したくなりますね。
サイトが充実しているところはみなクレジット決済可能ですので
まだまだ間に合います。

あと1週間!急ぎましょう!!

2017年12月21日 (木)

マチ工場のおんな

Smatikouba_2


NHKのドラマ毎週楽しみにしておりますね。
以前アップしたように、原作を何度も読んでいるので
あらすじはバッチリ知っております。

ただ数回見て、
「やはりドラマ仕立てでかなりデフォルメされている」
ということを感じますね。

テレビですからね。視聴者が感情移入しやすいように、
「親子の情」や「夫婦の情」
がかなり脚色されているのですね。

原作は社長ご自身ですから、こんな脚本のような
シナリオはもともと書けるはずないのですから・・・。


でもこれがノンフイクションであることに
このドラマの価値があると思うのですね。

64歳の現役社長が急死されて、32歳の娘が
突然社長を引き継ぐわけなんですね。

「こんなこと起こりうるの?」

やはりココですね。
たぶんこういうことが中小企業で現実に
今後もっと起こりうるだろうということなのです。

ただ、ドラマでも原作でも感じましたが、
こんなことをアップするのは私だけでしょう。
でも、

「いったい顧問税理士は何をやっていたんだ!」

そう感じますね。
こういう時こそ税理士の出番ではないのかと・・・。
残念ながら、このダリア精機の顧問税理士はまったく
出てきません。
潰れかかった会社の再生に経理担当者が奮闘しますが
本当は一緒になって戦ってほしかったですね・・・。

ネタバレなので、ちらっとしか言いませんが、
この会社はこの後、原価計算システムを完成させていきます。
まさに経理主導で会社を再生させていくのですね。
こここそ税理士の出番なのですね。

内山理名さんが演じる女社長が
素人ながら会社を立ちなおしていきます。

でもこれ私として税理士としての経験則で
何度も書きましたけど、

「どんな社長さんも、大学で経営学を学んだわけでも
簿記会計を学んだ社長はいないのです。」


社長としての力量はその後の努力で培われるものなのです。

このドラマから経営者の方々に何か感じ取っていただきたいですね・・・。

2017年12月19日 (火)

おんな城主 直虎

Photo


もういよいよ年末ですね。
大河ドラマの最終回を見るたびに思います。

「おんな城主 直虎」

結局最後まで見てしまいましたね。
井伊家という、かなりマイナーな戦後武将を
取り上げて盛り上がるかと思っていたら、
結局は予想通りというところでしょうか。
あまりなじみのない武将にスポットを当てるのは、
やはり難しかったのでしょうね。


個人的にはなかなか秀逸なドラマだたっとは
思いますね。
何が一番良かったかというと、囲碁のシーンですね。
今までの大河ドラマでこれほど囲碁のシーンが
でてくるものはなかったでしょうね。


Photo_2

まず、家康がこれほど囲碁好きだたっとは
知りませんでしたね。

「一人碁」

をやっているシーンがありましたけど、
私も囲碁歴50年愛好家ですが、一度も
「一人碁」なんてやったことありません。
相手が何を打つか分からないから面白いのですね。
自分と打っても面白くないのではないでしょうか・・・。

Photo_3


あとはやはり直虎と政次の囲碁のシーンですね。
何度も出てきましたから。
囲碁を打ちながら戦略を考える・・・。
なかなか高度な会議ですね・・・・。

このドラマのプロデュサーは囲碁を通じて
どんな戦国時代を語りたかったのでしょうか・・・・。

大河ドラマをきかっけに、囲碁を打つ子供が
増えてほしいのですどね・・・。

先日井山裕太七冠がついに国民栄誉賞を受賞されるような
ことが話題に上っていました。

小学校の授業にでも囲碁が取り上げられ、
それこそ「国技」にでもなればよいのですけどね。
相撲も国技らしいですけど、暴力問題がありますから!?
安全な囲碁をもっと国を挙げて普及してほしいですね・・・・。

より以前の記事一覧