天声信語

天声信語

2021年4月15日 (木)

補助金狂騒曲・・・

私がよく補助金や給付金を取り上げるせいか、

最近よくメールや電話いただきます。

ご依頼のお問い合わせも多いです。

大変ありがたいのですが、丁重にご説明した上で

ご依頼に対してはお断りすることがほとんどです。

 

今日から受付申請が始まる「事業再構築補助金」についても

何度かメールとお電話いただきました。

 

4月30日締め切りなので、正直日程もきついので

現実には今新規のご相談は無理です。

やはりいい加減な仕事は受けられないのです。

 

困るのは

「6000万円の補助金申請をしたいのです。いくらですか?」

いきなり聞かれるのですね。

私は小心者でそこまで言えませんが

「・・・万円です。着手金は・・万円で・・・」

何て言ったらどうなるのでしょうか!??

 

また昨日も個人の方からメールあったのですが

「一時支援金の確認をお願いしたいのですが、いくらですか?」

 

個人の一時支援金の給付額は30万円ですよね。

ここから報酬もらう訳にはいきませんよね・・。

タダでやってあげられる訳にもいきませんし・・・

そこで申し訳なく思って、無料の相談会場をお教えしました。

 

まあ、ここからは内緒話・・・。

令和2年分の確定申告も今日でオシマイ。

また令和3年度の法人の決算もたくさんやってきましたので

この1年間でコロナのおかげで結構な額の補助金・給付金を個人や企業が

もらっているのですね。

正直びっくりするくらい・・・。(内緒)

 

でもこれも内緒話ですが、これに対して報酬を取っている方々が

結構いるのですね。

まあ特定業種の方の名前をあげると申し訳ないのですが、

社会保険労務士の方々は「補助金バブル」なのでしょう・・。

 

雇用調整助成金など相場では受給額の20%相当。

15%というのは多く見ました。

 

しかし、

「コロナで苦しんでいる方々から報酬をしっかりとるのは

どうなの・・・。」

つい思ってしまいます。

(ご商売なので仕方がないでしょうけど、すいません)

 

あの事業再構築補助金6000万円で報酬しっかりとったら

相場で20%ですから、1200万円!!

すごいですね。

これだけで、数年分の商売になりそうですね。

 

先日面白いメールが来ました。

特定のある企業からの事業再構築補助金のご依頼のメールです。

 

でもいかにも、「メルマガのシート」に打ち出されたような

型通りのメールです。

このあたり、私も毎月メルマガやっているので、すぐ気が付くのですね。

 

「これは認定支援機関の登録者をデーターベース化して

一括送信したのでは?」

 

つい勘ぐってしまいます。

認定支援機関の登録者は経済産業省のHPでエクセル化されています。

誰でも入手できます。

ですので、ちょっと知っている方なら、アレを流し込めばすぐ

同じメールを一括送信できてしまうのですね。

 

これに反応すると、きっとさらに

「××な認定支援機関」として

「データベース化」

されてしまうのでは・・・。

 

つい勘ぐってしまいました。

 

「補助金バブル」を踊らされそうなのは

ある意味認定支援機関でもあるのです。

 

この意味わかりますか?

この制度自体に反対する訳ではありません。

正しく、補助金や給付金が使われることを

心から希望します・・・。

2021年4月 2日 (金)

事業再構築補助金 概要発表! その1

20210402-091022

 

確定申告やら年度末でやたら忙しいですね。

まあ今年は花見もないので真面目に仕事しております。

 

実は先週から突然電話で

「事業再構築補助金の策定をお願いできませんか?」

という電話が増えてきています。

 

ご存じでしょうか?

3月26日に公募が開始されているのですね。

 

20210402-090837

 

忙しくて読む暇なかったのですが、昨日ようやく読むことができました。

日々更新されていて「3月31日改訂版」ですね。

 

実は昨日もご依頼のお電話いただいたのですが、

丁重にお断りさせていただきました。

私も認定支援機関であることは何度もアップした通りで、

それは認めるのですが、「事業再構築補助金」は初めて知る

補助金なので、いい加減な気持ちで受任はできないのですね。

 

20210402-092040

 

 

何よりスケジュールがこのようです。

今月15日から申請受付開始されて、30日締め切りです。

今日が2日ですから、これから初めてお会いするお客様とこの申請をすること

自体が難しいと感じるからです。

 

現状では個人の確定申告が4月15日までで、

それ以降は年度末で2月決算と3月決算と目白押しです。

申し訳ないですが、新規のお客様のお話を聞いて差し上げる

時間がないのです。

悪しからずご了承ください。

 

ただ何となく、何本かお電話受けて感じるのですが、

今までの持続化支援給付金や家賃支援給付金のように

「申請してたらオシマイ」という簡単な補助金と

勘違いされているように思います。

 

このあたりじっくり説明しないと難しいのです。

何より事業計画の策定が難しいのでしょうか。

作成にあたり、現在の会社の強み弱み分析、

新しい事業の市場分析、優位性の確保に向けた課題設定と

その解決方法、実施体制、資金計画の検討など

いろいろ議論することが多そうです。

 

何だかパンフレットだけ見ると簡単そうですが、

実際には違うように思います。

そういうことでいろいろ考えた上でお断りしております。

悪しからずご了承ください。

ただやる気は十分あるのです・・・・。

2021年4月 1日 (木)

メルマガ100回記念!!

おかげ様で

「夢をかなえるゼイ! 人生はランランラン! 中小企業応援メルマガ」

 

がついに本日で100回目の発信となりました。

何と100回ですからね。

毎月1回しか発信しないのですが、8年以上続けているのですね。

 

税理士のメルマガで100回以上続けている人は

少ないでしょうね。

理由は簡単です。

結構大変なのですね。

ただ「義務感」で続けていると面白くなくなるのですね。

自分で楽しんで書かないと、面白みが伝わらないのでは

ないかと本当に思うのです。

 

しかし、8年前はメルマガ始めた当初は結構悩みましたね。

毎日ブログ書いている位ですから、書くのは大好きなのですね。

 

しかし、メルマガの難しさは分かりますか?
メルマガというのは発信してしまったら訂正ができないのですね。

その点ブログは気が楽です。

書いてからいくらでも編集もできますし、

それこそ「炎上でもしたら」削除してしまえばいいのです。

 

その点メルマガは怖いのです。

発信してしまったら、もう訂正がききません。

 

変なたとえですが、テレビ番組で例えるなら、

「録画放送」でいくらでも編集がきくのがブログで、

「生放送」がメルマガなのでしょうか・・・・!?

つまり、「放送事故」が怖いのですね・・・。

 

しかし、

「令和の時代でメルマガ?」

と言われてしまうのでしょうか。

 

それでもこれからは楽しんで書こうと思います。

実はブログでなかなかハッキリ書けないことも多いのです。

この理由も簡単ですね。「不特定多数」の誰が見るか分からない

からなのです。

 

その点メルマガは、「特定少数」で好き勝手書いております・・・。

ここだけのお話ですが、100回記念として

新シリーズを始めてみようかと思っております。

多分業界初でしょうね・・・。

すいません。内容は内緒です。メルマガにご登録ください。

 

101回目からもよろしくお願いいたします。

2021年3月30日 (火)

桜満開!

Snapshot_1

 

こっそり桜の名所をお教えしましょうか。

杉並に住んでいる方ならご存じの場所ですね。

 

Snapshot

 

五日市街道と善福寺川が交差する場所に「尾崎橋」という

橋があります。

そこから見る橋は本当に絶景です。

 

Snapshot_3

 

毎年この場所の桜を見るのが楽しみだったのですが、

昨年はコロナで桜どころでなく、しかも天気も悪くて

雨が降ってすぐ散ってしまいましたね・・・。

 

Snapshot_4

 

今年こそはと思って、この週末

いつものランニングクラブのメンバーと

「お花見ラン」を楽しみました。

いつもの年なら、土日など花見客でごった返すのですが

さすがに今年は中止です。

 

尾崎橋から川下に向かって走るところがまさに絶景ですね。

 

Snapshot_5

 

 

桜のトンネルは本当に楽しい。

 

Snapshot_6

 

この桜を見たくてもう10年近くここを走っていますね。

ちょうど3.11の頃からですね。

 

なかなかタイミングが合わなくて

本当の満開の時期にはいけないのですが

たぶん、ちょうど本日あたりが見頃です。

 

来年こそは楽しいお花見ができますように・・・・。

2021年3月25日 (木)

柔道古賀さんの諦めない気持ち

20210325-083014

 

昨日は本当に衝撃のニュースでしたね。

53歳とはあまりにも若すぎる死でしょう。

 

1992年(平成4年)7月31日。

バルセロナ・オリンピックでの

古賀選手の金メダルは一生忘れられません。

 

私はそのか月前の5月に某野村証券を退職したばかりの31歳。

ちょうどバブルの余韻に浸っていたまだまだ景気のいい頃。

「バブリー証券マン」から、無職の「プアー受験生」へ転職!?

そのギャップに苦しんでいた頃ですね。

 

税理士試験が行われる8月までの3か月間、朝から晩まで受験科目の

簿記論をひたすら勉強していました。

電卓をたたきすぎて「筋肉痛」になったくらいです。

 

「たった3か月で簿記論合格だ!」

意気込みだけは誰よりも負けない気持ちだったのです。

しかし、直前の専門学校の答練で、100点満点で10点しか取れません。

(確か席次が2000番くらい!?)

それでも合格を信じ、「逆転満塁ホームラン」を狙っていました。

 

今思えば、たかだか3か月で合格できるほど

税理士試験は甘くはなかったのです。

でもまだまだ私も若かったから、「うぬぼれ」だけは人一倍

あったのでしょう。

 

税理士試験の日前の古賀選手の金メダルにものすごい勇気を

もらいました。

 

「そうか。あきらめてはいけないのだ!」

 

あの意気込みだけを学んで試験会場に乗り込みました。

簿記論の試験科目は3問。

1問できるたびに、

「よっし!」

古賀選手のようにガッツポーズを取ります。

 

気合だけは負けないようにすることと、周りの受験生を

ビビらせようとする?作戦です。

 

でもこれも今思えば、本当に「姑息な」作戦でしたね。

すぐ実力不足が露呈し、結局は不合格・・・。

 

古賀選手のように努力と実力があってこそ、諦めない気持ちが

大切なのですね・・・。

 

そんな思い出も29年前の出来事なのですね。

29年前の私は、

「夢見てばかりの実力のないただの税理士受験生」

 

あれから29年。

「もう」29年なのか、「まだ」29年なのか・・・。

 

私自身その29年間いろいろありましたが、

古賀選手もその間私の何倍も努力され、力強く生きてこられたのでしょう。

 

私自身の人生のどん底において、本当に目標となった方でした。

ご冥福をお祈り申し上げます。

合掌。

2021年3月16日 (火)

一時支援金の詳細発表 その7

 

 

20210316-090404

 

さっそく登録確認にチャレンジです。

登録確認機関になったときに、自分の顧問先に

「登録確認機関になりました。申請のご準備お願いします。」

と一斉に連絡したら、早速確認の依頼が来たのでやってみました。

 

これが私ログイン画面です。

これに事務局から送られてきた

IDとパスワード入れると

 

20210316-093350

 

こうなります。

さすがに私のコードはアップできないので一応

「伏字」にします。

 

左下側の「新規事前確認」のボタンをクリックすると

 

「事前確認登録の画面」

 

20210316-090600

 

もうここに数字入れるだけですね。

チェックは4か所。

 

一番上の確認の種別。

私の場合は、自分の顧問先ですから下の「一部確認」

 

あとは「法人」か「個人」か。

 

それと事前に 「申請ID」 と 「申請者の電話番号」 を

聞いておくとスムーズですね。

会社によっては、何種類も電話番号使ってあるところ

あるでしょうから、あくまで「申請に使った電話番号」

これがポイント。

これだけ違うだけで次に進めませんでしたから。

 

 

でもこれだけ入れて「次へ」。

 

20210316-092828

 

するともうこの画面。

さすがに顧問先の名前等はアップできませんので

すべて伏字です。

 

右下の「登録」のボタンをクリックでおしまい。

 

確認通知番号が出てくるのですが

これは自動的に事務局に送られるので、

何もしなくてよいのですね。

 

本当にこれだけです。

慣れるとわずか30秒ですね。

 

もちろん手順書に従ってのキチンと確認はします。

ただ操作に関しては30秒・・・・。

 

たったこれだけのことで料金は取れませんね・・・。

(あくまでの私個人の意見です・・)

 

2021年3月12日 (金)

一時支援金の詳細発表 その6

20210312-105448

 

おかげさまで、ようやく

登録確認機関に掲載されました。

 

東京都 中野区

 

で検索すると出てきます。

でもまだ今日現在で全国で10.750件だけなのですね。

これは大変ですね。

私が登録確認機関に申請したのが2月23日。

約2週間かかって昨日11日に掲載されたのですからね。

今から登録確認機関に申請したら、今月間に合うのかどうか・・・。

 

システマチックに登録はできないものですかね。

何か手作業でもしているのでしょうか?

 

「この方を登録確認機関にしていいかどうか?」

 

そのあたりチェックしているのでしょうか?

これでは全然数が足りないでしょうね。

 

10日から日本税理士会連合会のWEB研修に、

「一時支援金の申請に関する手続等の解説」

 

というのが配信されたようです。

この動画全部見たのですが、

「いったいどうやって確認するのだろう?」

 

具体的に今一つ分からなかったのですね。

解説はすべてWeb上にアップされたものですから。

読んだことがある人なら知っている情報でした。

 

そうしたら本日、本当に先ほど

一時支援金事務局からメールが来ました。

 

登録確認機関ご担当者様

 

一時支援金事務局です。

 

この度は、一時支援金の登録確認機関に申込いただき、

誠にありがとうございます。

 

登録確認機関マイページのログインID・パスワードをお知らせいたします。

 

ログインID: ※※※※

パスワード: ※※※※

 

 

これです。

ログインID と パスワードが記載されています。

 

これでログインできるようになりました!!

アップしたものはログイン後の画面です。

この画面から「事前確認通知番号」が発行できるようになるのです。

しかし、実に登録申請から17日後でようやくです・・・。

 

ただ以前アップしましたように

当事務所の顧問先様を優先いたしますので

悪しからずご了承ください。

2021年3月11日 (木)

あれから10年

もう10年になるのですね。

忘れられない出来事です。

ブログを10年以上やっているものですから、

朝からあの頃のブログを読み返しております。

再掲します。

 

 

偶然大震災で父親を亡くした小学生の「被災児童の日記」を見つけました。
その小学生のお父さんは先日の東京マラソンを完走したそうです。
そのわずか12日後にあの大津波で亡くなられた・・・。

 

この日記を勝手に転載しては申しわけないと思いましたが、
多くの方に読んでいただきたいので、アップします。

20210311-095343

 

20210311-095427

 

被災児童の文を読んだのも初めてでしたが、
小学生らしい本当に素直な文章で、被災の生々しい様子に
読んでいて思わず目頭が熱くなりました・・・。
何度も読み返していたら、山中湖で走られなかったことなんか
どうでもよくなりましたね。

 

ようやく2週間後に遺体で発見された時、
「顔が水より冷たく・・」というところに涙ですが、
腕時計が動いていたところに本当に心が打たれました。
きっとマラソン用の時計をされていたのですね。
トライアスロンでも使用できる完全防水のものだからでしょう。

 

気になったので、ネットでこのお父さんの情報を探しましたが、
確かにマラソンはフルマラソンを3時間台で走られる49歳の
トップアスリートでした。
東京マラソンもこの息子さんと一緒に東京に来ていたそうで、
親子マラソンにも参加する子煩悩な良きお父さんだったのでしょう。
自慢のお父さんであったことも、この日記からひしひしと伝わります。

 

介護施設を経営されていて、被災時一旦は非難できていたものの、
やはりお仕事柄でしょうか、安否確認のため車で戻ってしまい
不幸にも被害に遇われてしまったようです。
この小学生はこの介護施設を継ぐ言っているそうです。

 

いつか大人になったら、あのマラソンウォッチを身に付けて、
東京マラソンを必ず走ってください。
きっとお父さんも喜んでくれるでしょう・・・。(涙)

2021年3月10日 (水)

一時支援金の詳細発表 その5

20210310-093816

 

今日で申請受付開始3日目なのですが、

なんとなく「ぐだぐだ感」が伝わってきますね・・・。(すいません。)

 

登録確認機関は、まだ10,750件

 

しかありません。

私自身もいまだに登録すらされません。

これではまったく進まないのでしょうね。

 

20210310-094220  

 

申請サポート会場も東京で一つだけ・・・。

ネット申請をメインと考えているのなら

まず登録確認機関を大量に設置しないと

お話にならないのでしょう。

 

ネット上で「登録確認機関難民」という言葉を見つけました。

「登録確認機関が見つからない・・・・」

 

ということなのでしょう。

ネットで見つけたら

15万円です・・・・」

 

これはどうなのでしょうか?

コロナ禍で皆困っているのです。

申し訳ないですが

「人の足元見ている」

ような感じもしますね。

 

20210310-093900

 

一時支援金のトップページにも「料金」について

きちんと出ています。

 

「1件1000円」が事務局から支払われます。

 

「1000円では割に合わない」

 

と思う士業の方もいるのでしょう。

 

20210310-093657

 

登録確認機関向けのQ&Aには

 

「事務手数料の支払いを受ける場合には、申請希望者から

事前確認の対価(報酬)を受けることはできません。」

 

ただ「辞退する場合はこの限りではありません。」

 

ということは、「1000円辞退すれば」、報酬をいくらでも

取ってもいいということになってしまいますからね。

 

よく読むと

「代理申請はできない」みたいですから、そういうサイトのところは

ぜひお気を付けください。

 

私もこの確定申告シーズンでなければいろいろできたと

思うのですが、現状では自分の顧問先だけで精一杯です。

これは「難民の方々」にお気の毒というしかありません・・・。

 

20210310-093924_20210310100101

 

 

3月下旬には、事務局に登録確認機関が設置されるようです。

当然「タダ」でしょうね。

今無理して「ボッタクリ」登録確認機関にお支払いされませんように・・・・。

2021年3月 9日 (火)

一時支援金の詳細発表 その4

Photo_20210309094201  

 

「この業種は対象なのだろうか・・・」

 

登録確認機関として申請している身ですからね。

確認して

「これで大丈夫。60万円もらえますね。」

と言って差し上げたいですからね。

コロナの影響で打ちひしがれている事業者を

元気づけたいのが人情ですから。

 

そのため、根っからの心配性!?なもので、

もらえるかどうかは気になって仕方がないのです。

でも、「衝撃的な」記述を発見しました。

 

31日から事前確認の受付を開始しているのですが

そこにバッチリ記載されているのですね。

 

「登録確認機関は給付対象であるかの判断は行いません。」

 

そうなのですか・・・。

 

2_20210309094301  

 

昨日3月8日からの申請サイトにも書いてあります。

ということは登録確認機関は

 

「もらえるかどうか分かりませんが・・・確認しました。」

 

ということをするのですか・・・。

 

Photo_20210309094301

 

ついでに書くと、自分の顧問先では「電話で」いいのですね。

 

何を確認するかというと、50%以下かどうかです。

申請サイトには、中小企業の場合に4パターン出ていましたね。

これじっくり見てください。

とにかく、これにまず該当しなければならないのですね。

 

20210309-090931

20210309-090953

20210309-091054

20210309-091118

より以前の記事一覧