天声信語

天声信語

2019年12月 4日 (水)

キャッシュレス還元事業者に認定!

Dsc_0019_20191204095101

昨日経済産業省から、わざわざ速達で封書が来ました。

さすが国からの通知文書ですから速達までにしていただいたのですね。

 

これに何が入っていたかというと、コレです。

5_20191204095101

要するに「キャッシュレスの5%還元事業者」として認定されたのです。

よって、今日から吉田事務所にキャッシュレスでお支払いいただいた

場合には5%の還元があるというのですね。

 

10月1日の消費税増税に合わせて、登録加盟店が一気に増え、

10月末で30万店あった登録待ち店舗もあったのです。

 

12月1日時点では86万店になり、12月11日には

90万店になって登録待ち店舗もかなり解消されるみたいです。

私も結局2か月も待たされたのですから。

 

しかし、税理士事務所で認定はまだ少ないでしょうね。

もちろん、当事務所の宣伝拡販ツールとして、認定を受けたのでは

ないということはお分かりですね。

顧問先の企業のキャッシュレス化をどう図るべきかという

まさに「実験」なのですね。

 

今朝早速、paypayの画面を開いてみました。

普段よく使っている方はお分かりですね。

真ん中に「支払う」というボタンを押してから

バーコードを出して決裁しているはずです。

 

その隣に「近くの店」というボタンがありますね。

これは位置情報と連動していて、近くのpaypayが使える店が

出てきますね。

 

「ありました!」

 

吉田信康税理士事務所も「5%還元店」として表示されるのです。

 

paypay使える税理士事務所を探す人はまずいないと思いますが

paypay使える飲食店を探す人は今後間違いなく増えると思うのです。

 

さらに「5%還元を受けられる」なら来店する動機に

間違いなくなると思うのですね。

 

 

ということで、当事務所も

paypay登録事業者決定キャンペーン」でもやりますか。

 

「開業相談」

「消費税増税対策相談」

 

『税務相談料 通常1時間1万円を5000円!

キャッシュレス決済で50%還元』

 

2019年12月 3日 (火)

流行語大賞「ONE TEAM(ワンチーム)」的中!!

予想通りの結果になりましたね。 こちら

まあ、今年はワールドカップネタ以外には考えられないですからね。

 

「軽減税率」という業界人としては嬉しい受賞もありましたが

それでは盛り上がらないのでしょう・・・。

 

しばらくは、この「ONE TEAM(ワンチーム)」という

フレーズが流行るのでしょうね。

 

先月も書きましたが、

「わが社もあの目標に向かって、社員一丸になって戦い、

ライバル会社からジャッカルするのだ・・・・」

そう叫ぶ社長もこれから多いのでしょうね・・・。

 

Photo_20191203090001

これですね。これも得意の「昭和・星飛雄馬ネタ」

昭和のスポコンアニメには必ず出てきそうなシーンですからね。

 

「あの目標に向かってわが社もひとつになって突っ走るのだ・・・」

 

私がかつてサラリーマンだった30年前には

「滅私奉公」という言葉がありました。

「会社のためには」なんでも犠牲にしすべてをささげる

みたいな・・・。

「モーレツサラリーマン」

なんて言葉もありましたね。

 

昨日、くしくも野村證券の社長の交代が発表されていました。

30年前の野村證券は、カリスマ経営者「コタブチ・オオタブチ」がいた

バブル全盛時代。

この神様達のためには、社員はすべてを犠牲にして戦ったものでした。

当時「ONE TEAM(ワンチーム)」という言葉は当然なかったですが、

「24時間戦えますか!」

というCMがあったほどでした。

 

巨人の星やスポコン漫画をみて育った我々の世代は

まったく疑うことなく当たり前のように受け入れたのですね。

 

時は変わって、あれから30年。

昔みたいにカリスマが「理不尽に」、「強引に」引っ張っていく

時代ではまったくなくなりました。

「サービス残業」を強要し、「パワハラ」で社員を鼓舞することは

当然できないのです。

 

前期1000億円もの巨額損失を出した野村證券を

どうやって新社長は引っ張っていくのでしょうか。

ただ因みに私より3年も後輩の新社長を現役時代に

見たことも話したこともありません・・・。

 

「ONE TEAMになって頑張ろう!」

 

と社長就任式でいうのでしょうか・・・。

 

 

ところで、「ONE TEAM(ワンチーム)」の受賞者は

ラグビー日本代表でなく、

安倍総理になってほしかったですね。

何だか、

「安倍総理を一丸となって守る政府と役人」こそ

いまや日本中のどこのチームよりも

「ONE TEAM(ワンチーム)」ですから・・・。

2019年11月27日 (水)

東京オリンピック2次抽選

20191126-091205

 

昨日が期限でしたね。

マラソンを走っていたりして結構忙しかったので

早朝仕事前に慌てて申し込みしました。

 

1次抽選はなんと大当たりだったので、調子よく

2次抽選もということで、いろいろと悩んだのですね。

 

まず「開会式と閉会式」なのですが、

本当に1次抽選で当たった人を聞いたことがないのですね。

よほどどこかの旅行会社が大量に抑えているのではないかと

思っているのです。

それはそうですよね。

もし観戦ツアーを世界規模で売り出すのなら、

開会式か閉会式は外せないところですからね。

 

でも確かに

 

「4年に一度ではない。一生に1度。」

 

ですから。

一応閉会式だけは申し込んでおきました。

 

あとは悩んだ結果、「当たり屋吉田」の必勝法を公開!

 

やはりゴルフですね。

男女とも第1ラウンドです。

これは平日なので穴場ではないでしょうか。

ただ、当たってから仕事はどうするか考えます・・・。

 

あとはラグビーの男女とも平日夜の試合。

ただワールドカップで人気が出てしまったので

これはどうか?

 

それと陸上の10000メートルの決勝。

これも平日の夜なのですね。

一度はオリンピックスタジアムにいきたいですから。

それと考えた末に、野球の決勝。これも何と19時からなのですね。

以外にあたりやすいのではないかと・・・。

順当にいけば日本は黙っていても決勝に行くでしょうから。

 

大体このあたりをあてに行きました。

あとは「運試し」の男子バスケットボールの決勝と

男子テニスの決勝。

とにかく高かったけど、まず「当たらないでしょうから」

本当に「逆宝くじ」のような感じ。

まあ当たらいという確率の点では宝くじ以上です。

 

でもこのエントリーは楽しいですね。

結局、18枚で、なんと 537,696円!!

 

すごいですね。

全部あったったら本当に大変ですね。

でも10億円の年末宝くじより確率は低いのかもしれません・・・・。

 

12月18日が楽しみです・・・・。

2019年11月15日 (金)

eLtaxで電子納税!

Eltax_20191115095101

先月から地方税のポータルシステム(eLtax エルタックス)で電子納税が

できるようになったのですね。

あまり宣伝していないのはどうしてでしょうか?

 

先日中野区長と昼食懇談会があったのですが、

区長はこれについてまったく口にもしなかったのですね。

 

大々的に宣伝して普及させればよいと思うのですが、

私が持論とする「公務員の大幅削減」につながってきてしまうので、

それを慮ってのことでしょうか・・・。(たぶんです・・・)

 

まあ政治ネタはこれくらいにして早速試してみました。

 

Eltax

まず こちら のサイトから事前準備が必要です。

PC-DESK版(WEB版)が便利です。

従来はダウンロード版しかなかったのですが、

最近このWEB版ができました。

 

IDとパスワード入れて入っていきます。

まあ、これは電子申告している税理士に聞くしかないでしょうね。

もしくは自分でこのIDとパスワードを取得してください。

Eltax_20191115095102

こういう画面が出てきます。

「なんだこれ?」

 

と迷うでしょうね。

 

「納税メニュー」をクリック。

 

そうするとこういう画面が出てきます。

 Eltax_20191115095103

「口座情報の登録」をクリック。

 

ここで電子納税する口座の情報を入れるのです。

銀行名、支店名、口座番号ですね。

そうすると打ち出す画面が出てきて

それをプリントアウトして郵送することができます。

大事なことは、取引銀行の支店に郵送するのではないのですね。

各銀行ごとに受け付ける場所が決まっているようです。

それも「ご親切に」宛名の書いた紙がプリントアウトできますので

それを貼って郵送すればおしまい。

簡単ですね。

 

10日ほどで「登録ができた旨」のメールがきます。

そうなると、これ以降もう簡単に電子納税ができるのですね。

 

先日の10日に「住民税の特別徴収」の納付を

やってみました。

 

先ほどの「口座情報の登録」の画面の右下に

「個人住民税(特徴)」という画面がありますね。

そこをクリックして、「指定番号」を入れると

住民税の情報が出てきます。

あとはクリックするだけで電子納税できてしまうのです。

いままで10日ごとに銀行にいかなければならなかったのですが

もう行かなくて済むのです。

 

実に簡単です。

ぜひお試しください。

2019年11月14日 (木)

アルバイト求人の応募

先日長年勤めていただいたアルバイトの方が

退職したので現在求人募集をしております。

週3から4日程度、平日10時から16時。

詳細は応相談です。

 

「弥生会計の鉄人事務所」と長年うたっている以上、

弥生会計をマスターしてみませんか。

場所も中野駅前ですので通勤も至便なはずです。

ぜひお問い合わせください。

よろしくお願いいたします。

 

 

実は求人募集は何度もやっていますが、

なかなか大変なのですね。

特に当事務所というよりお客様の求人募集をお手伝いすることも

多いのです。

そのため、今回いろいろあえて試してみました。

 

最近の流行りは「クリック課金」なのでしょうか。

通常ですと一回の求人広告で5万円~10万円は取られるのが

普通なのですね。

クリック一回150円くらいです。

でも侮ってはいけません。結構料金もかさんするのですね。

あと以前もやったことがありますが、新聞の折り込み広告は

3万円程度からできます。

でも時代はやはりネットなのですね。

 

それと興味本位と実際の効果を試すためにも

人材紹介会社の方にも何社かお会いしました。

でも勉強になりましたね。

アルバイトの人材紹介でもそれなりの紹介料が

取られるのです。

これもびっくりしましたが最低でも30万円です。

普通にネットで募集するよりはるかに高いのです。

 

もっと専門性の高いところでは50万円!

さらにはスキルがある程度以上だと70万円!!

 

これもびっくりしました。

世の中には経理専門の紹介会社があるのです。

これこそ成功報酬の料金。人材紹介会社もなかなか大変なのですね。

 

しかし求人とはまさに「ご縁」です。

お金をかけたからといっていい人が来るとは限らないし、

以前無料のハローワークでもたまたま良い人がくることも

ありました。

 

あとはもう神頼みですね。

神様から紹介料は取られないでしょうし(!?)

 

良い方を心よりお待ち申し上げます。

2019年11月12日 (火)

東京オリンピック! いよいよ2次抽選!

さあ!明日からですね。

また運試しのチャンスが来ました。

 

ところでマラソンの当選者はどうなるのでしょうか?

私の要望通り、他の競技に振り替えていただけると

ありがたいのですが・・・。

まあ、今日まで何もないということは単なる払い戻し

なのでしょうね・・・・。残念。

 

Photo_20191112092601

 

HPで親切に一次抽選の結果内容が公表されてますね。

これはじっくり読んで傾向と対策を練らなければならないのですね。

 

ある程度予想されたことかもしれませんが、

やはり日本人選手のメダル獲得のシーンが何より見たいわけですから

日本の強い競技の決勝に集中するのが人情でしょう。

 

2番目が面白いですね。

一番高い席と一番安い席に集中したようです。

3番目は予想されたことですが、4番目も大事ですね。

バスケットボールは埼玉スーパーアリーナですからね。

比較的人数が多く入る会場ですし、予選のセッションが多いですから。

なので私が7枚も1次抽選で当たったのですね。

 

Photo_20191112092602

 

各競技の詳細な傾向も出ていますね。

これが非常に参考になりますね。

 

これ見た瞬間、

「まず開会式と閉会式は絶対当たらない」

そうあきらめるしかないのですね。

 

あとバトミントン。会場調べたら、武蔵野の森スポーツ

プラザなのですね。きっと会場が狭いのでしょう。

テニスも厳しそうですね。

これも会場の理由からなのでしょうか。

 

いろいろ考えると、「星3つ以上」の競技です。

赤丸ですね。

やはり予選のセッションを選ぶのが妥当のようです。

 

本当はバスケットボールのメダルセッションが

一番見たいのですが、これも厳しいですね。

 

「穴場はどこだ?」

 

結構考えると楽しいですね。

「星2つのゴルフ」

なんかも面白いかもしれません。

 

タイガーウッズも来るでしょうし、渋野スマイルも見たいですからね。

楽しみな2次抽選が始まります・・・。

2019年11月 8日 (金)

キャッシュレスポイント還元スタート!

10月から消費税が10%に上がり、

キャッシュレスによる決済は5%もしくは2%の還元が

あるのでした。

 

まず基本のところからおさらいします。

 

Photo_20191108104801

 

経済通産省のパンフレットから、一部切り貼りして

ご説明します。

 

 

税抜き1万円のものを購入した場合には

10%ですから1万1000円払うことになるのです。

でもなんと550円も最大ポイント還元があるのですね。

ここで注目は原則「税込」に対してポイントが付くのですね。

 

5_20191108104801

中小小売店の場合は5%

2_20191108104801

大手フランチャイズ等の場合には2%になります。

 

Photo_20191108104901

このあたりはたぶんご存じでしょう。

ではここで「本邦初公開」!!

私のクレジットカード明細です。

私はVISAカードを使っているのですが

11月1日付けで、256円ポイント還元されていました。

 

ただしどの分でポイントと還元されたか

よくわからないのですね。

256円を5%で割り返すと5,120円ですし、

2%で割り返すと12,800円。

該当する金額がありません。

このあたり不親切ですね。他のカード会社は分かるでしょうか。

 

ただこれから経理的な突込み。

このカードは私の商売用(つまり税理士業務のための)カードですから

256円は収入と考えて「雑収入」となるのでしょうね。

国からの補助金ですから消費税上は「不課税」でいいと思います。

まあこのあたり「経費の値引き」と言っている方も

いるのかもしれませんが、そうなるとまた消費税を払うことに

なるのですね。

 

経理処理のお話大事なのですが、基本的でもっと大事なところ。

このカードは私のカードですから、利用の内容はよくわかっているのです。

絶対商売用にしか使っていないからです。

 

もし、プラーベートな経費が経費が入っていて、

それがポイント還元されていたらどうなるのでしょうか?

 

雑収入に計上したら、余計に税金がかかることになってしまうのですね。

その場合のそのプライベートな支出のポイント還元を

省いて計算することになります。

でも書いたようにどの支払いのポイント還元かまず分からないのですね。

これは困りますね。

 

ですから、私の持論の超簡単経理の

「クレジットカードを使い分けよう!」

というのはこのことなのです。

 

商売用のクレジットカードと

プライベート用のクレジットカードを

ぜひ使い分けてください。

 

プライベート用のものは一切無視すれば

ポイント還元があろうがなかろうか

何も考えなくて済みます。

 

お分かりになるでしょうか?

真面目に考えると結構ややこしいことなのです。

こんなこと毎日考えていると秋の夜中寝られなくなります・・・。

2019年11月 7日 (木)

今年の流行語大賞は「ONE TEAM(ワンチーム)」!?

Photo_20191107090101

毎年恒例の流行語大賞のノミネートがされましたね。

大興奮のワールドカップの直後ですからね。予想された通り、

日本代表の「名言」がいろいろでていますね。

「ジャッカル」

「笑わない男」

「4年に一度じゃない。一生に一度だ。」

はまずないと思いますが、個人的には

ONE TEAM(ワン チーム)」になってほしいと

思っていますね。

 そもそも「令和」あたりでは面白くないですからね。

  

連日日本代表がテレビにまだ出まくっていますね。

日本中に、いまだ日本代表の余韻が残っていますから、

きっと今月決まるなら絶対コレでしょう。

 

何度も取り上げられていてお分かりのことでしょうけど、

所属チームがあってプロ選手なのにも関わらず、

年間240日も合宿したそうですからね。

しかも日当1万円!

こんなスポーツチーム他にはないのでしょう。

 

個人的に応援している男子バスケットボールだって

オリンピックまであと一年切っているのに、

これから200日以上も合宿なんて絶対できないからですね。

他のスポーツすらそうです。

ONE TEAM(ワン チーム)」の名のもとに

選手監督、スタッフ一同一丸となって戦ったのですから

まさに「美談」です。

まして国籍が様々な選手の集まりを、この言葉でまとめ上げたのですから

称えられてしかるべきです。

 

あと、この言葉、企業経営者にとってたまらなく、うらやましく思えた

はずです。

なかなか企業経営において「ONE TEAM(ワン チーム)」

にならないからですね。

 

「年間240日も合宿? それは社命ですよね。

残業代は出るのですか? 単身赴任手当はどうなるのですか??」

 

「働き方改革」が叫ばれる今そんなことを社員には強制できないからです。

 

社長の進むべき方向に向かって、損得抜きに全社員一丸となって戦う・・・。

 

Photo_20191107090302

昔見たアニメ「巨人の星」を思い出しました・・・(すいません。また古い?)

なんだか、まさに昭和の時代のようですね。

 

「飛雄馬よ!あれば巨人の星だ!

あれに向かって進むのだ・・・・」

 

令和の経営者なら

 

「わが社もあの目標に向かって、ONE TEAMになって戦い、

他社からジャッカルするのだ・・・」

 

大賞は12月2日。発表が楽しみです・・・・。

2019年11月 6日 (水)

札幌移転で当選チケットどうなる??

Photo_20191106081701

以前アップしましたが、私も東京オリンピックの

男子マラソンのチケット当選していたのですね。

かなり「自慢げにアップ」していたと思います。

 

当選枚数はなんと16枚!

これだけ当たった人はまわりにあまりいません。

 

因みにマラソン以外はすべて男子バスケットボール!

八村塁選手と馬場雄大選手、そして渡辺雄太選手が大活躍する

「プラチナチケット」(たぶん)なのですね・・・。

 

かなり無理して全部払い込んでおります。

スタジアムに行けるのはマラソン競技だけなので、

正直行きたかったのですね。

たぶん払い戻しになるのでしょうか。

 

でも遠方から会場に来られる方は、すでにホテルの予約を

してしまった方も多いみたいですから、その補償問題が

いろいろ取りざたされておりますね。

これもいったいどうなるのでしょうか?

 

個人的な意見をここで申し上げておきたいと思います。

いっそのこと、閉会式のチケットと交換していただけるのは

どうでしょうか?

それなら遠方の方のホテル代は無駄にならないし、

多くの方は喜んで交換するのではないでしょうか?

 

あと、これは実現はできそうにありませんが、

札幌会場のチケットと交換できるなら、それはそれで

ありがたいと思うのですね。

わざわざ札幌まで行ってでも見たいですから。

ちょうどお盆のシーズンですし、夏休み取って

北海道旅行が楽しめますからね。

 

札幌のコースは観客席がないらしいですが、

どこかに作ってもらえないでしょうか。

 

オリンピックを本当に楽しみたいと思っていたから

こそなのですからね。

 

味気なく返金で終わってしまったら、本当に残念な

大会になってしまうのです。

たぶん、IOCの役員はそこまで考えてはくれないのでしょうね。

小池知事らのとの交渉見ていて、正直そう感じてしまいました。

 

まあ一枚6000円のお話ですからね。

せめて、昔の半沢直樹の「決め台詞のオチ」はどうでしょうか?

一人12000円の支払いで

 

「倍返しだ!」

2019年10月21日 (月)

ありがとう!桜ジャパン!!

 

 

Photo_20191021092401

 

楽しい一か月でしたね。

夢を見させていただきありがとうございました。

 

南アフリカ戦の前半までは

「ひょっとして・・勝てるかな・・・」

と見ていたのですが、後半やはり自力でまさる南アフリカに

圧倒されてしまいましたね。

 

まあ目標だったベスト8になったのですから

これで満足なのでしょうか。

 

思い起こせば、今から4か月前からTBSドラマの

「ノーサードゲーム」で盛り上がらされていたのですね。

あれを見てラグビーが「面白そう」と感じた方も多いのでしょう。

 

いわゆる「にわかファン」があの番組から生まれたのでしたね。

そういう私も正直書くとまさに「にわかファン」。

あの番組で「ジャッカル」という言葉を初めて知ったのですからね。

 

予選リーグで、姫野選手が見せた「ジャッカル」に

「いいぞ!姫野!ジャッカルだ・・・!!」

と叫んだ「にわかファン」も多かったでしょう。

 

写真は南アフリカに負けて、皆選手が自分の子供たちを

グランドに引き入れて写真を撮っていたシーンです。

 

このシーンで泣けた方も多かったでしょう。

年間250日も合宿しているのですからね。

家族と一緒にいられる時間は限られていたはずですからね。

 

4年間で知らない間に成長していた自分の子供たちに

「申し訳なかった・・・」

という罪滅ぼしの気持ちだったのでしょうか・・・。

 

負けて悔しいはずなのですが、皆喜んでいたようで、

口々に「ほっとした」という選手もいて

その意味でなんだか感動しました・・・・。

 

これでラグビー人気がまた高まるのでしょうか。

ただ、日本人は「熱しやすく冷めやすい」正確ですからね。

4年前の「五郎丸ブーム」で盛り上がったラグビー界でしたが

結構人気は続かなかったのですね。

 

このあと東京オリンピックでまた新たな感動があるでしょうか。

「7人制ラグビー」

での福岡選手の活躍もまた見たくなりました。

 

そういえばかつて鳴り物入りで始まった

「スーパーラグビー」

も5年目の2020年で参加が除外されてしまうそうですね。

 

これだけ強くなったのに何とかならないものでしょうか。

ニュージーランドや南アフリカにまだまだ戦えるはずですから。

「にわかファン」を代表して申し上げておきましょう。

 

とにかく選手の皆様ありがとうございました。

より以前の記事一覧