天声信語

天声信語

2022年9月22日 (木)

インボイスで免税事業者はどうなる? その4

 ハイ。また出てきましたね。「下請法」ですね。

 

しかし、このケースはいわば「だまし討ち」みたいですからね。

ちょっと下請業者がかわいそうな気もします。

 

ただAさんが

 

「課税事業者になることは、もちろん喜んでなりますが、

その分消費税の1万円上乗せして11万円請求していいですか?」

 

ここまで言えるかどうかなのですね・・・。

まあ下請の立場は弱いものです。

それを守るのが「下請法」であってほしいですね。

 

ではこのケースの方がもっとあるかもしれないですね。

今後、特に建設業界などでは問題になってくるかもしれません・・・。

これもう現実に起こってきているのです。

よくお考え下さい。

 

20220922-090623

 

 事例3

 

取引先A 取引先B がともに免税事業者とします。

元請業者などから要請を受けるケースです。

 

20220922-090646

 

元請の会社が

 

「うちは免税事業者との取引が多いし、とりあえず、

課税事業者になってもらおう」

 

そう考えたのですね。

免税事業者の下請を多く使う建設業ではありうるお話ですし、

小規模のライターなどたくさん使う出版業界でも多いでしょう。

 

20220922-090702

 

要請文書の中に

「インボイス事業者にならなければ、消費税はお支払いできません。

承諾いただけなければ、今後のお取引は考えさせていただきます。」

 

実にキビシイですね。

取引できないと本当に困るので、無理にインボイスの登録するところも

出てくるでしょう・・・。

 

でもやはり納税することもキビシイので

免税事業者のままでいたいというところも、中にはいるかもしれません。

それでAさんは免税事業者ままでいることを選択したのです。

 

20220922-090720

 

「免税事業者のままでも、価格を据え置いて

もらえませんか?」

 

「免税のまままら10%価格を引き下げます!

それがいやなら今後の取引は考えさせていただきます!」

 

これ言われたら本当に困りますね。

それがイヤなら契約打ち切り・・・。

しぶしぶでも承諾せざるをえませんね・・・。

 

20220922-090737

 

Bさんは、しぶしぶながら課税事業者になることを

選択しました。

 

「課税事業者になります」

 

でも、せめて消費税分を上乗せしてくれないと

税金払えませんね。

でもこういわれてしまうのです。

 

「今まで通りの金額でお願いします」

 

Bさんはボヤきます。

 

「価格交渉もさせてもらえない・・・」

 

これは本当にキビシイですね。

 

ハイ。ここでもっと恐ろしい法律が出てきました。

 

20220922-090759

 

「独占禁止法違反!!」

 

2022年9月21日 (水)

インボイスで免税事業者はどうなる? その3

20220921-155432

 

次は事例の2ですね。

これも、今後よく出てくるのではないでしょうか。

 

20220921-155455

  

下請事業者Aさんが出てきますね。

同じく個人事業者です。

親事業者から仕事を「継続的に」10万円で受けてました。

 

Aさんが免税事業者であることも知っている」

ということもポイントです。

 

親会社の担当者から

 

「今度インボイス制度始まるけど、

ところでAさんは免税事業者なの?」

 

というようなことを聞かれていることも想定されますね。

 

Aさんは

 

「免税事業者です」

 

と正直に言っているのでしょう。

まさは、確定申告書を親事業者に提出しているということは、

ちょっと想定しにくいでしょうから。

Aさん自身がそもそも「免税事業者って何?」レベルかもしれませんが・・・。

担当者としては、日ごろの取引額から容易に年間売上1000万円以下で

あると予想される下請業者も多くいるのでしょう。

 

 

20220921-155518

 

担当者から

 

 「今後を踏まえ、インボイスの登録をお願いします」

 

そう言われることもあるのでしょうね。

 

インボイスのことはさておき、仕事を継続したいAさんは、

 

「承知しました!喜んで!!」

 

もちろん「居酒屋の店員みたいな」二つ返事です・・・。

まあ、発注元と下請けとの関係ですから

絶対に断れないでしょうから・・・。

 

 

20220921-155537  

 

 

Aさんはインボイスのことよく分からないままに

とりあえず登録してしまいます。

でも登録すると「税金が取られること」を知ってしまうのです。

それでは、今までの10万円をもう少し上げてもらわないと

税金分で手取り減ってしまいますからね。

ここはいくら税金が出るのか難しくて

分からないと思いますけど、何となくはお分かりになりますか。

 

ここでAさんは思うのです。

 

「インボイス事業者になったら、次回は価格交渉を

しないと・・・」

 

20220921-155557

 

そう思っていたので、価格交渉しますね。

「今後は消費税1万円分を乗せて11万円でお願いします。」

 

「それは無理です!いつもの10万円で発注させて

いただきます!」

 

そう言われたら本当に困ってしまいますよね。

親事業者の依頼で税金を納めることになったのに

単価を買えてくれない・・・。

 

現実にはこんなこと起きるかもしれませんね・・・。

 

20220921-155640

 

 

でも安心してください!

 

 これも「下請法違反!」なのです・・・。

2022年9月20日 (火)

インボイスで免税事業者はどうなる? その2

20220920-081440

 

ハイ。ここで「下請法」って何?

と絶対に聞かれますね。

 

免税事業者の方々は今後大変ですね。

「インボイス」どころか「下請法」なんていうものを

勉強しなければならないのですね。

 

 ここで公正取引委員会のHPから抜粋します。 こちら

 

下請法は「親事業者の濫用行為を取り締まる法律」

のようですね。

つまり、

ズバリ「優越的地位の」濫用行為を取り締まる法律のようです。

 

ご存じでしたか?

もう少し詳しく説明すると、

 

20220920-081512

 

 

親事業者が下請法に違反した場合には、公正取引委員会から、

やめなさいと勧告されるのですね。

 

その勧告も、

1.違反行為の取りやめ

2.下請け業者の被った不利益を原状回復すること

3.再発防止措置を採る

 

ということまでやってくれるのです。

ですから、親事業者が、10万円の請求に対して

 

「免税事業者の人には消費税分払えないなあ・・・」

 

言われたら

「1万円をきちんと払いなさい!」

と代りに行ってくれるようですね。

 

それだけでなく、

 

「勧告された場合は、企業名、違反事実の概要などが公表される」

 

のですね。

これは親事業者にとっては怖いですね。

コンプライアンス(法令順守)が強く叫ばれるなか、

下請法違反は企業価値を大きく損なってしまうのです・・・。

 

でもここまで書いていろいろ思いましたが、

下請の立場は弱いものです。

 

1万円もらえなかったからと言って、

「下請け法違反で訴えてやるぞ!」

とはなかなか言えないのでしょうね・・・。

 

「そんなこと請求して今後契約打ち切られたら・・・」

 

ただ、そういう法律もあるということを、

ぜひ知っておいてください。

 

ただ研修で学んだことですが、このケース何が問題かというと

親事業者が契約段階で、

「10万円が税込みなのか税抜なのか」

確認しなかったことですね。

当然この場合には

「インボイス発行できるか?」

つまり

「免税事業者であるかどうか?」

という確認も含みます。

 

ということは、「免税事業者として知っていながら」

発注していたら「悪質」となるかもしれないです・・。

 

最後に書きますが、

この「考え方」のパンフレットが実にあいまいなのは、

下請法違反の「おそれがあります」ですから

「違反です」とハッキリ書いていないところですね・・・。

2022年9月16日 (金)

インボイスで免税事業者はどうなる? その1

 

「インボイス制度が始まったらいったいどうなるのだろう?」

 

税理士会の研修会でいろいろと消費税を勉強しております。

 

先日の朝日新聞には

「シルバー人材センターで働いている人はどうなる?」

結構切実な問題ですね。

いろいろ書きたいことはあるのですが、

勝手な憶測では書けないので、真面目な公式文書で勉強していきましょう。

 

 

財務省の公式サイトからです。 こちら

マンガで実に分かりやすく出ていますのでご紹介しましょう。

 

20220916-094446

 

事例1

 

20220916-094508

 

下請事業者Aさんが出てきますね。

個人事業者です。

親事業者から仕事を11万円で受けました。

いかにも10万円と消費税1万円という感じですね。

来年の10月1日からのことです。

 

20220916-094527  

 

仕事終わって請求書を親事業者に出しますね。

でもここで問題なのがAさんは免税事業者ということです。

ということはインボイスの登録はできないのです。

そうなるとインボイスの番号はもらえません。

インボイスの番号が書かれていない請求書を

出すことになります。

 

このあたり分かっていればいいのでしょうけど

そもそもAさんは「インボイス?何それ??」

全く知らないのかもしれませんね・・・。

 

20220916-094548

 

ここで親会社の担当者は

Aさんが免税事業者であることをはじめて分かりますね。

 

20220916-094608  

 

Aさんは

「あなたは免税事業者なら、消費税相当額は払えないなあ・・・」

 

そう言われてしまうのです。

ズバリ1万円値引きされてしまった・・・。

 

これ来年の10月から本当に起こっても不思議ではないですね。

 

税理士として日ごろから思いますが、免税事業者として

消費税のことを一切考えてこなかった方が、今急に

「消費税について勉強しろ」

と言われても分かる訳ないからです。

 

令和5年9月30日まで、普通に

「10万円と消費税1万円請求してきた」

それが変わったことにさえ気が付かないからです・・・。

 

20220916-094628

 

 でも安心してください。

「下請法違反」

だと財務省は言っているのです・・・。

2022年9月 5日 (月)

値決めは経営

 先週稲盛さんの名著「京セラフィロソフィー」をご紹介して、

久しぶりに読んでしまいました。

 

このウクライナショックや円安の影響で、あらゆる資材、食材が

値上がりしていますね。

これをどう価格に転嫁していくのか、今こそまさに経営者の責任、手腕なのです。

 

「『この値段なら結構です』とお客様が喜んで買ってくれる値段、

しかもその一番高いところを見抜く知恵、技術なのだ」

 

好きな箇所です。

今まで何度も読み返しました。

 

でもさらに読み直すと、また新たな発見があります。

 

「『値決めは経営なり』と私は言っていますが、それを決めるだけを

指すのではありません。値決めが経営の本質であるなら、

そのプロセスである、仕入にも責任を持ちます。

製造のコストダウンにも責任をもちます。」

 

 

「すなわち、値決めを行う瞬間に、もうコストダウンの方法を

考えていけなければならないわけです」

 

コストダウンの方法を考えずに、やみくもに値上げすることは

許されないのでしょう。

 

「円安だから仕方ない」

 

「食材が値上がったのだからしかたない」

 

と安易にあきらめてはいけないのでしょう。

 

もう一つ大事な稲盛さんの教え。

「『原価+利益』=売値という原価主義は取らない」

これも何度も読み返した箇所ですが、分かりますか?

 

「原価率・・%」でなければならないという考え方は

しないということなのです。

「つまり、売れる値段とは、マーケットが認めてくれる製品の価値

で決まってくる」

 

どういうことでしょうか?

昨日たまたま面白い番組やっていたので、それを例に説明しましょう。

「つぶれない店」という番組で、栃木県のサンドイッチの繁盛店が

東京進出するお話をやっていました。

 

20220905-084139

 

お店のインスタからですが、 こちら

美味しそうですね。

栃木の獲れたてのいちごをふんだんに使ったフルーツサンドが

大人気なのだそうです。

いかにも、

「料理大好きな家庭の素人の主婦がたまたま当たった店」(失礼!)

という感じで、オーナーと称する女性が出ていましたね。

実に美味しそうなのですが、

「原価率はいくらですか?」

というMCの質問に

「50%超えることも・・・」

これ聞いて皆絶句ですね。

この原価率で、東京の高い家賃を払って

さらに人件費はとても賄いそうにありません。

 

20220905-084231

 

番組的に面白くするために、

「天ぷらそばサンド」

というのも紹介していましたが、この定価650円。

プリプリのエビが入っていて、

「この原価いくらだよ!」

と突っ込みたくなるところ・・・。

一日80個くらい売れて大成功!という番組的には盛り上げていましたが、

650円で一個当たり仮に300円儲かって、そこから販売手数料払って

そうなると一日の利益はたぶん1万円くらいか・・・。

 

なかなか難しそうですね。

もちろん、東京では有名なサンドイッチ屋さんは当然多いのです。

 

20220905-085703

 

 

写真は東京駅のエキナカで有名なメルシー。

東京でもフルーツサンドのお店はたくさんあります。

こういう繁盛店の中での勝負です。

 

「売れる値段とは、マーケットが認めてくれる製品の価値」

 

もっと美味しいサンドイッチにして、ブランド力を高め、

1000円出しても喜んで買ってくれ商品にするか、

さらなるコストダウンの方法も決めてから

進出しないと、絶対に勝てないということでしょう。

 

栃木のサンドイッチ屋さんも頑張ってほしいと思います。

料理の天才だと思うし、何より

本当に美味しそうですから・・・。

 

でもこれを参考に、価格転嫁で悩んでいる経営者は

「京セラフィロソフィー」を何度も読み返してください。

 

「値決めは経営・・・」

2022年9月 2日 (金)

巨星逝く・・・

20220902-073646

京セラの稲盛さんがお亡くなりになりました。

結構ショックです。

稲盛さんの著書は何冊もこのブログで取り上げましたね。

自慢ではないですが、ほとんど持っているつもりです。

 

20220902-073735  

 

中でも、名著「京セラフィロソフィ」は繰り返し繰り返し

読みました。

もうボロボロになっているくらいです。

今また読み返すとしたら、

「値決めは経営」

の箇所ですね。

為替140円となり、値上げラッシュ。

中小企業は喘いでいます。

どう価格添加するべきか。

値上げすることでお得意さんを失わないだろうか・・・

「稲盛さんならどう決断するだろう?」

まず聞きたいでしょうね。

 

多くの中小企業が稲盛さんの教えを「羅針盤」に

していたと思うのです。

以前にも書きましたが、

盛和塾に本当に入りたかった。

事務局に電話したら

「経営者であることが加入条件です」

と断られたのですね。

私も一応会計事務所を経営する経営者なのですけど・・・

一度くらい直接お会いして薫陶を受けたかったと

本当に思います。

もうそれができないかと思うと少し寂しい気もします。

 

書きたいこといろいろあります。

「アメーバ経営」を一時強烈に勉強したことも

ありました。

高額なセミナーにも参加したことも・・・

 

思いは尽きないのですが、そのうち

「追悼ブログ」をまとめたいと思います。

 

合掌

2022年8月25日 (木)

ランナーズの買収について

20220825-091721

 

昨日アップしたことで、あれこれ考えてしまいました。

月間ランナーズは私が10年前に走り出してからの愛読書です。

 

私のランニングの成長とともに、常に月間ランナーズも発行部数も拡大して

きたのです。

売上高見てびっくりしましたね。

58億円もあったのですか。

もう少しで上場公開になったのでしょうね。

 

毎年暮れにこのブログでアップしていましたが、

ランナーズ主催の忘年会は年を追うごとに

盛大に開かれていましたからね。

 

「コロナなかりせば・・・」

上場企業になったのにと本当に残念ですね。

 

20220825-091656

 

あと気になったのは株主構成ですね。

資本金1億円に対してオーナーのご夫婦の占める割合が

87%。

財団と持ち株会社に残り13%持たせていたみたいですが、

いわゆる上場公開を視野にした「資本政策」はあまりうまく

いっていなかったのかもしれませんね。

 

ベンチャーキャピタルからの資本は入っていなかったですから

全額借入金で賄っていたのでしょう。

 

総資産が43億円に対して純資産が18億円。

ということは差額の25億円は負債ですね。

借入金も多額にあったことも容易に想像されます。

 

ランナーズはもともとはマラソン愛好家のための月刊誌の発行が

メイン業務でした。

1975年創業というのですから、50年近くは出版一筋。

それがいくらマラソンブームにうまくのったとはいえ、

ランネットやTATTAなどのITサービス事業にも

多額の投資をしていたのでしょう。

 

なかなか経営は難しいのでしょうね。

忘年会でお会いしましたが、人のよさそうなご夫婦に

話しかけられたのもいい思い出です。

でも正直なお話ご高齢でもあり承継問題もあったのでしょう。

 

昨日から思っていますが、

「いったいいくらで売却したのだろう?」

 

会社自体を買収するというより、

登録者350万超の日本最大のポータルサイトに

アシックスも日テレも興味があったのは事実でしょう。

アシックスが出版事業をやりたかったとは到底思えないからです。

これはアシックスの有価証券報告書を「穴のあくほど」見つめて

ご報告します。

 

でも日本全国のランナーにとって、

本当に良かったと思える買収になることを心から祈ります・・・。

2022年8月24日 (水)

ランナーズがアシックスの子会社に!

20220824-102013

 

先日ショッキングなニュースを聞きました。

ランニングサイト「ランネット」を運営する株式会社アールビーズが

アシックスの子会社になりました。こちら

ランネットは10年来愛用しているランニングサイトですからね。

ランニング愛好家なら誰でも使っているはずです。

 

アシックスのホームページに詳細が出ています。

 

当社グループは、日本テレビHDと共同で、スポーツメディア事業、

スポーツイベントの企画・運営事業などを手掛ける株式会社アールビーズの

自己株式を除く発行済株式の全てを取得するため、本日付で

アールビーズの創業者である橋本治朗氏らと本取引に関する株式譲渡契約および

その他の各種契約を締結いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。

本取引により、当社がアールビーズの株式の65%を取得し、

同社をグループ会社化するとともに、日本テレビHDが35%を取得いたします。

 

日本テレビと共同で取得するのですね。

ランニングブームでシューズが売れているアシックスと

箱根駅伝や東京マラソンで視聴率を稼ぐ日本テレビと

うまく思惑が一致したのでしょうね。

 

 アールビーズは、登録者数350万人超を誇る日本最大級のランナーのための

ポータルサイト「RUNNET」の運営を行っています。また、競技計測の分野でも

トップクラスの企業で、国内ランニングイベントの運営受託および企画開発で

圧倒的地位を築いています(国内大会エントリーシェア65%、1万人以上

参加大会シェア95%、参加者ベースシェア80%)。

他にも国内唯一の大会エントリー連動型トレーニングアプリ「TATTA」など

スポーツ愛好家が利用する各種アプリの開発や、全国の地方自治体との

強い関係性を活かしたランニングおよびウォーキングイベントの企画・

運営等を通じて、国内のランナー人口の増加とランニング文化の発展に

貢献してきました。

 

そうなのです。アールビーズは国内のランニングイベントのほとんどの大会を

運営しているのです。

特に大規模のマラソン大会の95%のシェアとはすごいですね。

 

譲渡価格はいくらとは開示されていませんでしたが、

面白い表が出ていました。

 

20220824-101601

 

ここ3年間のアールビーズの経営成績ですね。

 

売上高見るとここ3年で

58億円→49億円→19億円

と急激に下がり利益では

1億3600万円→△4億4100万円→1900万円

と厳しいですね。

やはりコロナの影響をもろに受けていることも分かります。

2021年8月期までですから、今月の2022年8月期も

きっと厳しい数字なのでしょう。

 

赤字会社をいくらアシックスで引き取っても、

アシックス自体は売上4040億円の上場企業ですからね。

 

アシックスのブランド力で「ランネット」がますます

良くなることを期待しましょう。

 

20220824-103550

 

アールビーズの新社長には現編集長の黒崎氏が

なるみたいですね。

本当の箱根駅伝ランナーで、個人的には何度か取材を受けて

良く知っている方です。

2015年1月号に初めて取材を受けたときは、

まだまだ編集部の若手社員でしたが

それが新社長さんですからね。

 

心から応援しましょう!

ガンバレ! 新アールビーズ!!

2022年8月23日 (火)

消費税インボイス登録完了!!

20220823-090432

当事務所の課税事業者のお客様はすべて今月

登録申請し、ほぼ完了しました。

 

実は今月8月8日(大安)に

「適格請求書保存方式(インボイス)の登録申請を

一斉送信して終了していたのです。

 

お盆休みが入りましたが、

早いもので17日(水曜日)、つまり、

実質6稼働日後ですね。

ほとんどが18日(木曜日)、つまり

実質7稼働日後に登録が終了しました。

 

やってみて分ったのですが、結構早いです。

電子申請で2週間、郵送で1か月ということでしたが、

電子申請なら「1週間で」できてしまうのですね。

 

やってみて分ったこともいくつかあるので

ご披露してみましょう。

 

20220823-090110

20220823-090130

 

まず、国税庁から問い合わせ電話。

「043-306-5635」

です。

「043ってどこだ?」

まず思いましたが、千葉県なのですね。

住所で言うと、千葉市花見川区武石町1丁目520番地

これ実は千葉西税務署内なのです。

ここに「東京国税局インボイス登録センター」があるのです。

千葉なのに「東京国税局」に注意です・・・。

 

問い合わせで多いのが、

「登記上の住所と申請の住所が違う」

です。

申請書を登記簿で必ず突合しているようです。

今法人番号を入れると瞬時に分かりますから、

申請時に念のため確認した方がいいですね。

 

実は、たまたま住所移転したところがあって、

1件それでひっかかりました。

これは注意点です。

 

それと、これはかなりまれなケースですが、社長さんの名前が

登記上の名前と字体が違う場合。

守秘義務があって、詳細に言えませんが、当用漢字でない難しい字体を

使われる方がいらっしゃって、申請上の字体と異なってしまったのです。

 

「印字ができないため電子申請は受けられないので、

後日郵送となります・・・」

 

なかなかこれは難しいところですが注意点です。

 

20220823-090302

 

 

あと大事なところですが、申請して、初めてインボイスの登録番号を

もらった社長さんに全員必ずこう申し上げました。

 

「適格事業者公表サイトに当社の番号を入れてください」 こちら

 

20220823-090320

 

ご自分の会社名と住所が瞬時に分かるのです。

そうしてみて初めて、「インボイスの制度の意味」が分かっていただけた

ようです。

 

「要するに、消費税をキチンと納めている事業者しか

消費税を請求できなくなるのか・・・」

 

それをいち早く分かっていただきたいからこそ

あえて今月登録申請したのです・・・。

 

いろいろ言いたいことがまだまだありますが後日に・・・。

2022年8月19日 (金)

東京の相続税申告の実態

20220817-161211

20220817-161146

先日取り上げた「東洋経済の相続税特集記事」なのですが、

もう少し「突っ込んで」おきましょう。

 

業界関係者にとっては非常に興味のある数字が出ていましたから。

まあ、一般の方には関係ないかもしれないのですが・・・。

 

驚きました・・・。

コレです。

 

「相続税の課税割合」なのですね。

 

 

これ見てピンとこないでしょうけど

なかなかすごい数字です。

 

まず相続税の課税割合は毎年国税庁が発表しています。

だいたい1年遅れくらいですから、今最新の数字で令和2年度

でしょう。

 

20220819-083650

 

令和2年度で被相続人数(つまり亡くなった方)が137万2755人ですね。

そのうち相続税の申告件数は12万372人です。

割合で言うと8.8%なのですね。

 

20220819-090218

 

ここ数年8%台ですね。

 

20220819-090357

27年度から税制改正により「基礎控除額が縮小」され課税割合が

跳ね上がったのです。

この数字を踏まえた上で、冒頭の表を見ると分かりますね。

東京の平均が17.0%と以上に高いことがわかります。

課税遺産総額も億7,436万円!

それに対する相続税額2,913万円なのですね・・・。

 

これに驚いていたらもっとすごい数字も出ていました。

 

東京の「課税割合20%以上の地域」です。

 

麹町税務署・神田税務署管内は、何と課税割合39.4%

なのですね。

全国ダントツの1位でしょう。

4割の方が課税されているのですね。

 

20220817-161236

 

それに驚いていたら

芝税務署・麻布税務署管内は、課税価格3億3,326億円!

相続税7,793万円です。

これはすごいですね。

 

因みに私の地元中野税務署も、課税割合21.9%ありました・・・。

 

ここでもう一つ説明しておきますが、課税割合より申告割合が多いのです。

これは小規模特例など使って課税はされないものの、申告しなければならない

件数が多いからなのです。

東京に「資産税専門の税理士法人」が多いのも納得しますね。

こういう高額納税者をターゲットにCMなどバンバンやっていますから・・・。

 

20220819-092123

 

私ももう少し宣伝した方が良さそうですね。CMでもやりますか・・。

 

相続一筋25年!中野のランドマーク 吉田事務所・・・!?

 

より以前の記事一覧