天声信語

天声信語

2019年5月 9日 (木)

いよいよ東京オリンピック

今日からもうチケットが申込できるのだそうですね。
朝から、競技日程の表を見てあれこれ考えている人も
多いのではないでしょうか。
しかし、1年以上も先のことですからね。

「対戦カードも決まっていないのに申し込めるか!」

そう思いませんか?
日本選手やチームが勝つとは限らないし、どこの国同志の
試合かもわからない・・・。
何だか変ですよね・・・。

取りあえず、バスケットとテニスは申込しようかと思っております。
マラソンは沿道で応援できますから申込はしません。
バスケットは特に男子がどれくらい強くなっているか
本当に楽しみですね。
永年バスケットの国際試合を見てきましたが、
特に男子は世界にはまったく歯が立たなかったですからね。
ここ数年の強化策により、たぶん予選リーグくらいは突破できるのでは
ないかと期待しています。
これからNBAで期待される八村塁選手、渡邊雄太選手は
間違いなく大活躍するでしょうし、
何より私が大好きな馬場雄大選手がどんなプレーをしてくれるのか
本当に楽しみですね。
ただ予選リーグは長い期間行われるので、チケット申し込みは
ある意味「賭け」ですね・・・。

当選したら必ず払い込まなければならないというのも
大変ですね。
どれくらいの確立で当たるのかも分からないし・・・。

しばらく、情報収集だけして様子見でしょうか。
今月28日までに申し込めばいいそうですから。

取りあえずID登録しておかなければいけないのですね。
しかし、ネット申込のみ受け付けというのは
なかなか時代ですね。
「ネットが使えない人は申し込むな!」
ということなのでしょうか。

何だか東京オリンピックを盛り上げようとする
「国家的意図」
が見え隠れする感じですが、鳴り物入りで始まった
「NHK大河ドラマ」みたいに失速しないように祈りますね。
たかだか19日間の競技に、多額の国費をかけているのですから・・・。

とにかくバスケットボールの試合が当たりますように・・・。

 

2019年4月26日 (金)

10連休を前に

吉田信康税理士事務所は
4月27日から5月6日まで10連休を取らせていただきます。

「休めない」
「仕事で・・・」

世間的にはいろいろな事情があるのでしょう。
でも敢えて休みにさせていただきます。
平成10年3月1日に開業してから、10日間も連続して休んだことが
なかったと思います。

ただ10日間海外旅行に行くわけではありません。
家族と1泊旅行を行き、あと2回マラソン大会に出場するのが
楽しみです。

残りは、溜まった仕事を片付け、買い込んだ本を読もうと思っております。
たまにはリフレッシュすることも必要でしょう。

では令和の新時代にまたお会いしましょう・・・。

2019年4月22日 (月)

集団左遷

Shudansasen

 

面白いドラマが始まりましたね。
日曜9時のTBSドラマというと「半沢直樹」など池井戸潤さんの
ビジネス・ドラマが定番だったのですが、TBS側としては
「脱池井戸路線」に方向転換したのでしょうか?

福山雅治さんが主役ということですから、思わず見てしまいました。
といっても、「お決まりの悪役」香川照之さんも出演しているのですね。
私なんか見ていると、半沢直樹が支店長になって戻ってきたという
設定のように思ってしまいます。

いつものように、常務と対決するのですが、半沢直樹の「大和田常務」
みたいに香川さんは登場してこないのですね。
副支店長という設定ですから、福山扮する片岡支店長側?
のようですね。(そうかな・・・?)

まあ、やはり悪役の三上博史さん扮する常務と
対決するというところは同じです・・・。

「三友銀行」という銀行の合併銀行が舞台ですから、
誰が見ても、これは「三井住友銀行」の合併されたお話と想像できるのですね。

調べたら、原作は江波戸哲夫氏は1946年生まれ
東京大学経済学部卒業で当時の三井銀行に入行されているのですね。

ということは、三井銀行と住友銀行の合併された経験者なのでしょうね。
私も当時のことをよく覚えていますが、実質的には
「三井銀行が住友銀行に吸収」
されたからなのですね・・・・。

しかし、サラリーマンとしては
「左遷」と聞いただけでイヤなドラマなのでしょうね。
初回感じたのは
「何もするな!」
と上司から命令されたら、サラリーマンはどうなるのでしょうか・・・。

「上司と部下との板挟みの問題」も、昔からよくあるお話(ネタ?)
なのでしょうね。
見ながら昔をつい思い出してしまいた。


私なりにサラリーマン経験8年間で、
サラリーマンの処世術をたくさん教わりました・・・(内緒かな・・)

「部下の手柄は上司のもの」
「部下のミスは部下のもの」


ただ、ある尊敬する上司がいました。常々私にこう言っていたのです。

「泥をかぶるのが上司の仕事」

なかなかこうは言えないですからね。
その先輩は、あることで本当に「泥をかぶって」本社からいなくなって
しまいました・・・。
でもそういう話を聞いた得意先から人間的に可愛がられていたのです。
定年後その先輩は、その会社に引き抜かれ、長年役員を
勤めました。
何が幸せか分かりませんね・・・。


日曜日の夜の楽しみができましたね・・・・。

2019年3月29日 (金)

4月からの値上げラッシュとまんぷくヌードル

ようやく慌ただしかった年度末もおしまいですね。
4月から新元号も発表されます。いったいどんな新時代がやって来るのでしょうか。

一方で食料品を始め値上げラッシュですね。
飲食関係を始め経営者の方々はもう心配で仕方がないのでは
ないでしょうか。

最近、経営者の方々から、
「利益がなかなか上がらない・・・」
そんな悩みをよく聞きます。
それに追い打ちをかけるように、この4月から食材の値上げ。
しかも4月からの働き方改革で、従業員の実質的な賃金上昇・・・。
なかなか大変な新時代がやってこようとしていますね。

それと3月末までで、先日取り上げたNHKの朝ドラ「まんぷく」も
終了しますね。

Photo_10

後半ではまんぷくヌードル(つまり、カップヌードル)が
当初100円ではなかなか売れなかったことが詳細に描かれていますね。
インスタントラーメンが一袋30円の時代にその3倍では
なかなか受け入れなかったことも容易に想像できますね。

でも社長である萬平さん(実際の安藤百福氏)が頑として
値下げはしなかったのですね。

ここですね。
経営者として一番重要な点ですね。
ここを関心持ってみる視聴者も多かったのではないでしょうか。

利幅をキチンととって値決めをすることと、
これこそが経営上の重要課題なのですね。

「でも高すぎて売れなかったら困るではないか!」

そういう反論はよく分かります。
このあたり当ブログでの永遠のテーマなのですね。

よく取り上げたのが「コトラー理論」
「100円のコーラを1000円で売る方法」など、
ビジネス書はいくらでもあります。こちら

でも、もうここで私の言いたいことは、当ブログの熱心なファンなら
もうお分かりなのでしょうね。こちら

Photo_11 

経営の神様「稲盛和夫氏」の名言

「値決めは経営である」

値段を決めることが経営者の最大重要事項なのですね。

私自身のバイブルでもある「京セラフイロソフィー」を
たまに読み返すことがよくあります。

利潤が取れないと悩んでいる経営者。
4月からの値上げラッシュに悩んで寝られない経営者の方々・・・。

お花見も良いですが
「京セラフイロソフィー」を読み返すことを
お勧めしておきます・・・・。

2019年3月27日 (水)

ふるさと納税と寄付金控除の問題

  いろいろ寄付金税制を調べてみて本当に勉強になりましたね。
やはり、私のライフワークである「ふるさと納税」についても
比較する意味でも考えざるをえませんでした。
ふるさと納税が創設する前は、東京マラソンの寄付金控除など
公益財団法人などへの寄付しかなかったのですからね。
調べて分かった通り、住民税を直接控除するには、
地方自治体が個別に「条例により指定する」しかなかったのです。


ということは、地方自治体にとって、今まで制度的に住民税の税額控除なんて
ほとんど存在しなかったのでしょう。
ここ数年のふるさと納税ブームで、寄付金の税額控除が
クローズアップしてしまったのですね。


それが、ふるさと納税という仕組みが出た途端に、
2000円を超える部分がダイレクトに住民税から
控除されるのですからね。
特に東京都ではふるさと納税を反対する区が多いのも
分かるでしょうか。


一番声を大にして反対しているのが、中野区のお隣の
杉並区なのですね。


1_2


よく使われる表がコレです。
杉並区のHPにアップされているものですね。
杉並区では13.9億円も流出しているそうです。
これは昨年度ですから、きっともっと多額の金額が流出している
そうなのですね。


1位の世田谷区は30億円だそうですから
これは死活問題にさえなりかねませんね。


これ冷静に考えると、所得税をたくさん納めている方の多い区が
「節税」としてふるさと納税をしたのでしょう。


Photo_8


ところで、私の住んでいる中野区のHPです。
因みに住民の私が中野区にふるさと納税をしても、返戻品の対象外
なんだそうです・・・。
何だか変だと思いませんか・・・。


Photo_9


杉並区では返戻品を辞退した場合は、
児童養護施設へプレゼントが送られるそうです・・・。


見返りを期待するから、ふるさと納税をする・・・。
東京マラソンを走りたいから、チャリティー寄付をする・・・。


やはりこれは不純な動機なのでしょうか。
日本人に寄付をする文化を植え付けた「ふるさと納税制度」
とはある意味歴史的な制度改正だったのです。


ちょうどふるさと納税の改正の話題が毎日持ちきりですね。


「寄付とは・・・」


と哲学的な意味を満開の桜でも眺めながら一度考えてみてください・・・・。

2019年3月26日 (火)

東京マラソン 寄付金控除で確定申告(平成30年版) その11

なかなかややこしいですかね。


東京マラソンを走るランナーのためにそろそろまとめましょうか。


   ○ 住所地の都道府県及び市区町村の両方が条例により指定した寄附金
  ○ 住所地の都道府県のみが条例により指定した寄附金
  ○ 住所地の市区町村のみが条例により指定した寄附金
  ○ 住所地の都道府県及び市区町村の両方で条例により指定されていない
   寄附金、又は不明な場合


四つの区分がありましたね。
両方指定されていれば10%
都道府県のみなら4%
市区町村のみなら6%
両方指定なしなら0%
なのですね。


ただ、両方指定されているというのは、私の研究では
埼玉県さいたま市、東京都府中市、それと宮城県仙台市にお住まいの方が
「公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・
チャリティーズ・ジャパン」
に寄付した場合しかないようです。


他の団体をすべて調べたらよいのでしょうけど、
現段階ではそこまでしか分かりません。
もしご存知の方がいたらぜひ教えてください・・・・。


ただ、ここまで書く必要はないかもしれませんが、
「吉田のブログは間違っている・・・」
と指摘されても困りますので、あえてアップしておきましょう。


Hp


総務省のHPからですが、
平成30年度分以降から、指定都市に住所を有する方は


都道府県が指定した寄附金は2%
市区町村が指定した寄附金は8%


に変更されているのですね。
ただ「指定都市」とはいわゆる「政令指定都市」ですから
東京都は違うのです・・・。
なかなか寄付金税制は奥が深い・・・・。


(ガンバレ! 東京マラソン寄付金控除シリーズ おしまい)


 


 

2019年3月25日 (月)

東京マラソン 寄付金控除で確定申告(平成30年版) その10

なかなか寄付金控除は奥が深いですね。
ここまで研究した税理士は私くらいですよ・・・・。

面白いので(!?)、東京都千代田区にお住いの、設楽優太さん(仮名)で
説明しておきましょう。
設楽優太さんも、今回初めて東京マラソンを
チェリティーランナーで走ったのです。
そのチャリティー先は、大迫選手、川内選手と同じ
「公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・
チャリティーズ・ジャパン」
さて、どうなるのでしょうか?

国税庁のHPの指示通りに、まず
「東京都 寄付金 条例指定」
で検索してみます。
これは何度か説明しましたのでお分かりになるでしょうか。
ただこれ大変ですね。東京都は公益財団があまりにもありすぎて
探し当てるのが大変です。
こんなに公益財団がたくさんあって大丈夫なのかとさえ
思ってしまいますね。
Photo_6
1198番目に
「公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン」
ありました。
一応アイウエオ順になっていますね。

次に
「千代田区 寄付金 条例指定」
で検索してみましょう。
ここで驚きます。
Photo_7

千代田区が条例で指定する団体は8団体しかないのですね。
実は都内23区を同様にいろいろ調べてみましたが、
区が条例で指定している団体はあまりないことが分かりました。
ということで、結局設楽選手は、東京都のみ指定されていることが
分かりましたね。
 ドロップダウンリストの内
  ○ 住所地の都道府県及び市区町村の両方が条例により指定した寄附金
  ○ 住所地の都道府県のみが条例により指定した寄附金
  ○ 住所地の市区町村のみが条例により指定した寄附金
  ○ 住所地の都道府県及び市区町村の両方で条例により指定されていない
    寄附金、又は不明な場合
2番目の
○ 住所地の都道府県のみが条例により指定した寄附金
を選ぶことになります。

これを選択して住民税も計算しましたが、寄付金税額控除の欄で
3,920円引けることになります。
これも説明しましたね。
3,920円は100,000万円から基礎控除2,000円引いた98,000円に
4%をかけた3,920円 となります。
大迫選手や川内選手の9,800円に比べたら
3,920円しか引けないのはちょっとかわいそうですかね・・・・。

2019年3月22日 (金)

東京マラソン 寄付金控除で確定申告(平成30年版) その9

東京都府中市にお住いの大迫優さん(仮名)でご説明しました。
お分かりになりましたでしょうか?
念のため、埼玉県さいたま市にお住いの川内勇気さん(仮名)で
もう一度解説してみましょう。
埼玉県庁にお勤め(仮にです)の川内さんは、今回初めて東京マラソンを
チェリティーランナーで走ったのです。
そのチャリティー先は、大迫選手と同じ
「公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・
チャリティーズ・ジャパン」
さて、住民税の寄付金控除はどうなるのでしょうか?
国税庁のHPの指示通りに、まず
「埼玉県 寄付金 条例指定」
で検索してみます。


Photo_3

寄附金が控除対象となる団体のうち
「知事の指定したもの」の中にありました。
27番目に指定されていますね。
次に
「さいたま市 寄付金 条例指定」
で検索してみましょう。


Photo_4Photo_4


「条例により個別にした法人」の8番目にありました。

なぜ埼玉県とさいたま市の両方に「条例指定」されたかというと
さいたま市に「さいたまハウス」というのがあるからですね。
埼玉県立小児医療センターに隣接してあります。
Photo_5

こうやってみると、なぜ地方自治体が、わざわざ「条例を指定してまで」
住民税の寄付金控除をしているかが、よく分かりますね。
その地域にその団体の施設があることが必須条件なのですね。

寄付をその団体が受けることによって、その地域住民にも
なんらかの恩恵を受けられることが、指定される条件なのでしょう。
さいたま市にお住いの川内選手の住民税も所得税の4万円に
プラスして約1万円も安くなる理由はそういうことなのですね。
さいたま市にお住まいの方は、来年は
「公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・
チャリティーズ・ジャパン」
にぜひ寄付して東京マラソンを走ってください・・・。

2019年3月20日 (水)

ココログのメンテナンス

Photo
お待たせしました。
ご迷惑をおかけしましたが3月19日から20日まで
ブログのシステムメンテナンスが行われておりました。
全面リニューアルでオジサンはなかなか使いこなせません・・・。

2019年3月15日 (金)

東京マラソン 寄付金控除で確定申告(平成30年版) その8

ではなぜ東京都府中市の方がこんな恩恵を受けるか
ご説明しましよう。

Photo_2

実際に私が東京マラソンの寄付金控除をしたから分かったのですね。
よく私が取り上げる「公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・
チャリティーズ・ジャパン」に本当に10万円寄付してみたのです。

Photo

これがその礼状の実物です。
ところでこの団体が何をやっているかたぶん多くの方々は知らないでしょうね。

Photo_3


例えば水泳の池江璃花子さんが白血病にかかりましたね。
彼女は18歳です。
本当に心配ですね。
でもその彼女がもし8歳だったとしたらどうでしょう。
自分子どもだったと考えたら、親は本当に大変でしょうね。
これから半年、1年と一人で入院し、病と闘わなければならないのです。
そういういわゆる難病で戦っている子供は、実は日本全国にたくさんいるのです。
一緒に親御さんたちも戦わなければならないのですね。
一分一秒でも一緒にいて励ましてあげたいと絶対思うでしょうね。

私事で恐縮ですが、58年間生きていて幼稚園の頃、
扁桃腺の手術で一回だけ入院したことがあるのです。
真っ暗な病院で寂しくて不安で泣き疲れて寝たことを、
今でもはっきりと覚えていますね。
入院している子供にとって親が一緒にいてくれたら
どんなに心強いでしょうか。

そういう親御さんのための宿泊施設を運営している団体なのです。
親だって病院の近くにいる訳ないでしょうし、交通費だって宿泊費だって
そういう経済的負担も大変ですからね。
わずか一泊1000円で泊まれる施設なのですね。

Photo_4


実は東京都府中市にもそういう施設があります。
東京都立小児総合医療センターに隣接しているその施設があるのです。
だからこそ、府中市はその施設を応援するために、
寄付をする市民の方々の住民税の税額控除をしているのですね。

でもこういうことは、この団体に寄付して初めて分かったのですね。
さきほどの礼状の下欄に、こう書いてあったからなのですね。

Photo_7


でもこのお話は府中市民の方も知らないお話ではないでしょうか。
この注書きをみて理解して確定申告をできるランナーも
ほとんどいないでしょう。

しかも、実際にやってみましたが、国税庁のHPの説明書きのように
「府中市 寄付金 条例」
で検索してもまったくでてきませんから・・・。


良かったですね。
こんなことは誰のブログにも、府中市のHPにも書いていませんよ。


府中市民の方は、来年から「公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・
チャリティーズ・ジャパン」に10万円寄付すれば、
半分は税メリットがあることが分かりましたね・・・。

より以前の記事一覧