« ザイム真理教 その7 | トップページ | 軽井沢ハーフマラソン その1 »

2024年5月17日 (金)

ザイム真理教 その8

 

あまり長々と書いていると、本当に

「財務省を批判しているように」

思われても困るので、そろそろまとめましょうか。

 

 

ここで「MMT理論」について、詳しく解説しなければ

なりませんが、すいません。

これは本当に勉強中です。そのうちに・・・。

 

この本で非常に気になった個所。

 

「岸田政権になってから、言論の自由が急速に

奪われてきたことは、私も肌で感じていた。

新聞には政権批判が書きにくくなり、

テレビの情報番組はコメンテーターが

お笑い芸人とアイドルに次々に

置き換えられていった。」

 

森永さんも体調の具合かと思っていたら

本当に出なくなってきましたね。

これは事実なのでしょうか。

 

それと「書いてはいけない」の方で、

かなり力説していた点も非常に気になります。

 

「税務調査という刃」の箇所。

 

産経新聞の論説委員の方が、財務省の方を

データをもとに完膚なきまで否定したことが

あったそうなのですが、

その直後に税務調査が入ったそうです。

 

それだけでなく各大手新聞社にも

税務調査が入った・・・。

 

本当にそうなの?

 

「もちろん、財務省を批判したら、全員が

税務調査を受ける訳ではない。

だが、見せしめを作ることで、

全員が委縮し、忖度するようになる。」

 

「ジャニーズ事務所と同じ構図が

ここにもあるのだ」

 

これが本当なら、ちょっと恐ろしい時代に

なってきましたね。

言論の自由が奪われ、批判すると

税務調査が来る・・・。

 

大昔の戦時中に政府や軍部を批判すると

「特高警察」が来た・・・。

それと同じ構図でしょうか?

 

しかし、ここだけは税理士として反論したいの

ですね。

税務調査が国家権力で行われてはならないのです。

それこそ税務行政がゆがめられてしまいます。

税理士となって26年。

様々な税務調査を受けてきました。

 

でも日々正しい経理処理をしていたら

何も恐れることはないのです。

「日本のマスコミ」と称する企業の経理は

そんなにもいい加減なのでしょうか。

税務署の調査官は特高警察の「ヤクザのような方」では

絶対にないのですね。

話せばわかる良い方も多いのです。

税務調査が怖くてビジネスができない、

自由に発言できないことの方が

おかしいのです。

 

いろいろ書きたいこともありますが、

森永さんの一日でも早いご回復を

心よりお祈りいたします。

 

(ガンバレ!森永さんシリーズ おしまい)

« ザイム真理教 その7 | トップページ | 軽井沢ハーフマラソン その1 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ザイム真理教 その7 | トップページ | 軽井沢ハーフマラソン その1 »