« 日本製鉄の転生 巨艦はいかに蘇ったか その4 | トップページ | 弥生会計インボイス対応 その2 »

2024年1月29日 (月)

新宿シティハーフマラソン

Dsc_21852

大好きなハーフマラソンですね。

とにかくコースが素晴らしい。

国立競技場の中からスタートとゴール。

同じコースを走る東京レガーシーハーフとは違いますね。

 

トンネルを2回も走るのと神楽坂の坂を上るのも楽しい。

この大会ではじめてサブツーを達成した

思い出深い大会ですね。

 

ただ何となく参加者が減ったような。

 

Dsc_2187

 

Hブロックでこの位置ですね。

スタートの号砲からタイムロスはわずか分程。

 

日頃のチョコザップ効果を楽しみにしていました。

よって本日はラン途中の写真撮りまくりは

あえて封印・・・

(すいません。写真は過去のブログご覧ください。)

 

スタート前の写真でお分かりの通り、

最終ブロックであるHブロックは激込み。

スタートと同時にある賭けにでました。

 

久しぶりの

「ロケット・スタート」

ですね。

 

最終ブロックは結構

「記念ランナー」や「お楽しみランナー」

が多いのですね。

だからその列に流されると、キロ7分、8分は

当たり前・・・。

錯覚でどんどん遅くなるのですね。

 

人をかき分けて一気に出ました。

1キロ通過。なんと5分13秒。

外苑前の広い道に出るとそのまま加速します。

 

チョコザップ効果か、何となく体が軽いのです。

 

トンネルに入って下りの時点で

時計を見ると、何と!キロ5分くらいです。

 

飛ばしすぎかと思いながら、今日はいけるところまで

行ってみようという気分。

 

5キロ地点。28分27秒。

いい感じです。

ちょっと道幅が狭くなってきて走りくいのですが、

時計を見るとキロ5分30秒ペース。

いい集団に入ることができました。

このまま流れに乗って走ります。

 

久しぶりに調子がいい。

 

なんと!このペースのまま10キロへ。

ただちょうど神楽坂の坂はキツカッタ・・・。

 

10キロ。57分15秒。

 

これは最近にないタイムです。

この時点で絶好調宣言!

「このままいけば、ひょっとしてサブツーか?」

「多少後半落ちてもサブテン(2時間10分切り)か」

 

本当に思いましたね。

だけど神楽坂を駆け降りた瞬間、

現実思い知らされました。

右足のハムストリングがピクッと・・・。

久しぶりの高速ランで脚が悲鳴を上げたのですね。

チョコザップでまだまだ鍛えないとダメですね・・・。

 

道端で軽くストレッチ。

このせいで後半は急ブレーキ・・・。

 

キロ6分台へ。

15キロ過ぎると、今度は左足のハムストリングが

悲鳴をあげました・・・。

7分台へ・・・。

 

まあこんなもんですね。

ゴール!

2時間18分47秒。

 

昨年とほぼ同タイム。

ただちょっと復活のきっかけを

掴んだ大会でした・・・。

 

まだまだ筋トレを続けます。

青梅の3.5切り。板橋のサブファイブが

見えてきました・・・。

Result_6687

 

Photo_20240129101001

« 日本製鉄の転生 巨艦はいかに蘇ったか その4 | トップページ | 弥生会計インボイス対応 その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本製鉄の転生 巨艦はいかに蘇ったか その4 | トップページ | 弥生会計インボイス対応 その2 »