« ふるさと納税で紅葉狩り | トップページ | ベンチャー支援のためのアパート その2 »

2023年12月 6日 (水)

ベンチャー支援のためのアパート その1

_c2a2833_01

実は以前からご紹介している

「ベンチャー支援のための

コワーキングルーム付アパート」

 メゾンKAKINOKIなのですが、

サイトをリユーアルしようかと考えております。

 

なかなか伝わりにくいのかなと反省して

作り直す考えです。

反省を込めていまいろいろと考え直しております。

それでその内容を発表していきましょう。

 

3つの特徴

 

1 ベンチャー支援

  ①法人契約可能 

  ②登記可能

  ③節税アパート

 

都内で開業しようと思ったら、住居以外に他に事務所を借りる必要が

あります。

このアパートは個人契約ではなく、法人での契約を無料で可能にします。

アパート内に法人登記することで、本店所在地に。これで即開業。

法人契約にするということは、家賃は全額会社の経費になります。

つまり「節税アパート」といえます。

 

2 コワーキングスペース

 ①家を出ればすぐにオフィス

 ②無料Wifi・応接間有

 ③入居者専用キーでセキュリティー安心

 

アパートの1階に39㎡のコワーキングスペースを作りました。

オフィスに通う無駄な時間が省けます。

来客にも対応できる応接間と手洗いも完備。

最新のwifiも利用できます。この通信費も電気代も水道代も

無料で使いたい放題。(すべて管理費に含まれます)

この物価高のおりに気にせず仕事に打ちこめます。

利用者は入居者専用カードで入退室管理しますので、

セキュリティもバッチリ。

 

3 税理士が無料で2年間付

  ①起業家支援

  ②社宅節税

  ③インボイスも安心

 

会社起ち上げても届出や税務申告、特に今ならインボイスなど、

分からないことも多いでしょう。

オーナーである「おせっかい」税理士が無料でつきます。

法人契約で全額経費計上可能ですが、実は税務上は簡単では

ないのです。そこも責任もってアドバイスします。

税理士はインボイスに精通した開業25年のベテラン。

 

※最初の賃貸契約期間内。

既存の税理士顧問のある方は対象外。

 

 

どうでしょうか?

 

 

« ふるさと納税で紅葉狩り | トップページ | ベンチャー支援のためのアパート その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ふるさと納税で紅葉狩り | トップページ | ベンチャー支援のためのアパート その2 »

フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29