« 川崎月例 | トップページ | 東京都の最低賃金は1072円へ »

2022年8月 2日 (火)

税理士の料理番 その83

Dsc_1408

 

だんだん本格的な「フレンチ」に挑戦ですね。

まずは「たいのソテー・ブランソース」。

なんだかそのまま高級レストランに、

ありそうなメニューですね。

たいのさばき方は結構和食で勉強しましから、

刺身は得意になりましたけどね。

その捌いた「たい」を美味しいフレンチにするワザですね。

 

まず「ブールブランソース」作り。

ちなみに「ブール」とはバターのこと。

「ブラン」とは白いという意味。

つまり「ブールブランソース」とは「白いバターのソース」

ということ。

何だかもうこれだけでフレンチを極めたような・・・!?

 

まず、たまねぎをみじん切りに。

それとトマトとケイバーを細かく刻みます。

ちなみに、ケイバーとは地中海原産の木の花のつぼみを

酢漬けにしたもの。これもフレンチっぽい・・・。

 

刻んだたまねぎを白ワインで煮詰めます。

それに生クリームとバター。

それによく絞ったトマトとケイバー。

これでブールブランソースの出来上がり。

 

あとは肝心のたい。

塩をふって10分置き、よく水気を取ってから

オリーブオイルでじっくり焼きます。

たいの焼き加減を学びました。

身がだんだん白くなってくるところですね。

裏返して火を止めるのもポイント。

焼きあがったたいにブールブランソースを

フレンチっぽくデコレーション。

これは絶品。

 

もう一品。

ラグーソースのパスタ。

「ラグーソース」というのも初挑戦ですね。ちなみに「ラグー」とは

煮込むということ。

 

まずはパスタを茹でておきます。

これは慣れたもの。

次にソース。

たまねぎ、にんじん、セロリ、にんにくをみじん切りにして

炒めます。

あと合いびき肉を厚いいまま炒めます。

それと先ほどの野菜と炒めたベーコンと共に

ワインで煮込むのですね。

これは美味しくないはずがないですね。

 

これで絶品パスタの出来上がり。

今回は本格フレンチ。満足の出来上がりでした・。

 

本日のメニュー

たいのソテー ブールブランソース

ラグーソースのパスタ

セロリのスムージー

« 川崎月例 | トップページ | 東京都の最低賃金は1072円へ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 川崎月例 | トップページ | 東京都の最低賃金は1072円へ »