« 一時支援金の詳細発表 その7 | トップページ | 田中角栄 上司の心得 その2 »

2021年3月17日 (水)

田中角栄 上司の心得 その1

Photo_20210317094601

 

 

閉塞感のあるコロナ禍。

コロナ後の世の中を考えるにあたり、時代は間違いなくヒーローを

求めているはずです。

最近よく「昭和・平成のヒーロー」を取り上げているのは

時代が要求しているからでしょうか。

 

田中角栄のお話が、ベストセラーのトップテン入りしているのも

そんなことからでしょう。

 

国会中継見ても

「何だか頼りない政治家だな・・・」

皆そう感じるでしょう。

「昔の政治家はもっとハラが座っていた・・・」

そう思う人も多いかもしれませんね。

 

コロナ禍で疲弊した日本経済を立て直してくれるヒーローを

国民は間違いなく求めているはずだからです。

 

ただ、ここで田中角栄を取り上げると、たぶん「賛否両論」でしょうか。

それこそ否定する方も多いかもしれません。

理由は政治能力はともかく、金権政治の批判で退任し、

最後はロッキード事件の巨額贈収賄事件で有罪確定でしたからね。

 

まあそのあたり、著者はお見通しです。

冒頭、「田中氏には毀誉褒貶(きよほうへん)、功罪相半ばする評価も

あったが、読者諸賢は見習うべきところだけは見習い、

部下から敬愛される『上司』を目指していただきたいものと思っている」

 

そうなのですね。

私自身もここで政治のお話するつもりも、ましてや「自民党をヨイショ」

するつもりも微塵もありません。

この本は「理想の上司像」という観点からだけ見ればいいと

思うのです。

著者曰く、

「上司の心得のエキスパートが『人間学博士』と呼ばれ、全国津々浦々、

政界内外に屈指の人脈を作り上げた」まさに、「人心掌握術の天才」

であったというのです。

 

 

コロナ禍で今やテレワークが盛んです。

「Zoom会議を成功するには・・・」

何て本も売れているそうです。

 

確かに私自身も

「何だかな・・・」

そう思っています。

 

「本来ビジネス社会というものは、商談であれ社内の意思決定の

会議であれ、大なり小なり、相手、仲間の本音、胸の内を知る

ハラの探り合いという側面を持つ・・・それをオンラインでは読み切れない。」

これまさにそう思うのですね。

 

コロナ後のビジネスを見据えて、今こそ「人心掌握術」を

学んでおきましょう・・・・。

« 一時支援金の詳細発表 その7 | トップページ | 田中角栄 上司の心得 その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 一時支援金の詳細発表 その7 | トップページ | 田中角栄 上司の心得 その2 »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31