« 「一時支援金」の概要発表!! その4 | トップページ | 起業の天才!江副宏浩正 8兆円企業リクルートを作った男 その2 »

2021年2月18日 (木)

起業の天才!江副宏浩正 8兆円企業リクルートを作った男 その1

Photo_20210218152901

 

コロナ禍で苦しむ日本。

こんなときこそ「起業の天才」のお話しをしましょうか。

 

現在時価総額8兆円のリクルート。

その創業者はまぎれもなく江副治正氏なのです。

「江副治正」や「リクルート事件」なんて

遠い昔のように忘れ去られていることでしょう。

私も久々に思い出しました。

 

巻頭の筆者の言葉、

「コロナ禍という人類未曽有の危機にある私たちが、

今からこの国で、未来を切り開き、生き抜いていくためにも」

江副治正の生涯をたどるべし・・・。

 

一気に読んでしまいました。

何か勇気が湧いてきますね。

 

「もしこの男の夢が実現していれば、どんな日本になっていたのか。」

 

「日本はいつから、これほどまでに新しい企業を生まない国に

なってしまったのか。

答えは『リクルート事件』のあとからである。」

 

筆者の一番言いたいことでしょう。

 

本当にそうなのかもしれませんね。

 

2020年夏。世界の知識産業を代表するGAFAMの

株式時価総額は600兆円を突破したのだそうです。

 

日本の東証一部上場企業2170社の合計さえも、いとも簡単に

上回ってしまったのですから・・・。

 

その江副治正氏。

 

1955年(昭和30年)に東京大学に入学した江副氏は、

あまりにも有名なお話ですが、3年生の時の1958年(昭和33年)、

当時の丸紅の「就職説明会」の広告を

東大新聞に初めて載せたのです。

それがきかっけとなって、あのリクルートが誕生したのです。

学生と企業を日本で初めて「マッチング」させたのが

まさに江副氏だったのですね。

 

そしてリクルートの前進「大学新聞広告社」が誕生したのが

1960年(昭和35年)。

なんと私の生まれた年ですね。すぐ計算できます。あれから60年です。

本人もその時は8兆円企業になるとは思いもよらなかったでしょうか。

 

すごいですね。

これからは

 

「戦後最大のベンチャー企業リクルートが誕生したのが1960年。

私の誕生年と一緒。

世界最大の企業Googleが誕生したのが1998年。

私の開業年と一緒。」

 

新しいネタです・・・。

« 「一時支援金」の概要発表!! その4 | トップページ | 起業の天才!江副宏浩正 8兆円企業リクルートを作った男 その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「一時支援金」の概要発表!! その4 | トップページ | 起業の天才!江副宏浩正 8兆円企業リクルートを作った男 その2 »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31