« 2040年の未来予測 その3 | トップページ | 2040年の未来予測 その5 »

2021年1月26日 (火)

2040年の未来予測 その4

20210126-103217

 

まだご理解いただけない方のために、

「インターネットにつながる」ということを考えてみましょうか。

 

2010年の段階で、インターネットにつながった機器は、

全世界合わせて125億台存在していたのそうです。

これが現在の2020年には500億台になっています。

20年後の2040年には、10兆台になるそうです。

天文学的数字すぎて余計にピンときませんか。

 

では現在インターネットにつながった機器は、

せいぜいパソコンと携帯電話ぐらいですね。

つまり、一人2台です。

 

これが2040年には1000台にもなるというのです。

つまり、家中の家電や自動車など使うもの、触れるもの

すべてがネット接続されている状況になるのです。

 

ではその時に家電がどのように機能が持つようになるかは

まだまだハッキリと分からないのです。

専門家ですら2010年代のiPhoneの爆発的ヒットを

予想できなかったくらいですから、20年後は誰も想像できない

そうです。

 

でもここにビジネスチャンスがあると思いませんか。

誰も想像できない2040年が訪れるというのですから。

しかも、2040年には「6G」による高速大容量化での

データの収集、分析、活用は間違いなく進むのです。

 

どんな世の中になっているのでしょうか?

 

「住人の行動をAIが学習するから、予測してすべて勝手にやってくれる。」

 

「起きただけで、照明がつき、カーテンも自動で開く。

テレビの前に座れば、好んでみるニュースを自動に映し出される・・・。」

 

「画像認識とセンサー、通信を利用すれば、洗面所の前に立つだけで

表情や顔色、心音などで健康も診断してくれるようになる。」

 

「うまく歯を磨けているか、どこを念入りに磨くべきかを

教えてくれる歯ブラシが、虫歯の有無を診断してくれる

ようになってくる・・・。」

 

20210126-105535  

 

そんな世の中である以上、「自動運転」なんて当たり前に

なっていると思いませんか?

矢沢永吉さんが

 

「やっちゃえ!日産!」

 

と手放しで運転している映像を見て、まだまだ半信半疑ですよね。

 

20210126-105553

 

いくら木村拓哉が運転しても

 

「絶対に自動運転何て怖くて乗れるか・・・」

 

みなそう思っていませんか。

でも2040年には・・・・。

« 2040年の未来予測 その3 | トップページ | 2040年の未来予測 その5 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2040年の未来予測 その3 | トップページ | 2040年の未来予測 その5 »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31