« ワークマン式『しない経営』 その4 | トップページ | エール「最終回」 »

2020年11月26日 (木)

ワークマン式『しない経営』 その5

 

土屋専務の目指すワークマンとしての経営は

 

「凡人による凡人の経営」

 

 簡単に言えば

 「スタープレーヤーはいらない」

ということなのです

これはコロナ後に流行りそうな気もしませんか?

 

社員を大事にしながら、標準化を進め、しくみをつくるのです。

そうなると

「人が入れ替わっても簡単には崩れない堅牢な組織」

に変わるのですね。

 

これは勉強になりましたね。

グローバル企業の主流の考え方なのだそうです。

因みに日本でそれを実践しているのは

「ユニクロ」なんだそうです。

 

ただ一方で

「トップダウン型の経営」

は日本ではまだまだ圧倒的ですね。

 

 

カリスマ経営者の元で働くと、社長の言うことは「絶対」なのです。

 

「死んでも成し遂げる」

 

という雰囲気がありますよね。

これは企業にとって良くないというのです。

ワークマンの目指すのは「トップダウン」ではなく、

「ボトムアップ型」の経営です。

 

どうでしょうか?

分かるでしょうか?

 

昭和の時代を生き抜いた頭の凝り固まった経営者では、

絶対受け入れられない考え方なのかもしれませんね。

 

「死んでもやる」

「頑張る」

 

を企業のNGワードにしたらどうやら企業は変わりそうです。

ただ従業員に対してのヤラセ方ですね。

 

「何をやるかは経営が決め、どうやるかは社員が決める」

 

社員に任せることで期待以上の成果が得られたのです。

 

「エクセル経営」によるデータ活用にしても

 

「エクセル経営」を導入することを経営が決め、

それを社員に自由にやらせたことで、社員全員に浸透し

全員参加型の経営が可能になったというのです・・・。

 

 

« ワークマン式『しない経営』 その4 | トップページ | エール「最終回」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ワークマン式『しない経営』 その4 | トップページ | エール「最終回」 »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31