« ワークマンはなぜ2倍売れたのか その8 | トップページ | ワークマンはなぜ2倍売れたのか その10 »

2020年8月11日 (火)

ワークマンはなぜ2倍売れたのか その9

さあ!会社に辞表出してワークマンに勤めたくなってきましたね。

これだけ急速に伸びているFCチェーンは他にありません。

コンビニと違って24時間営業でもないから、身体的に楽そうですし、

今までご説明したとおり「データ経営」で、アパレル素人でも

十分働けそうですね。何より儲かりそうですからね。

 

しかし、もうこれ以上本のことを鵜呑みにしません。

私自身本気でワークマンのFCの募集サイトを真剣に見てみました。

 

Fc  

 

まず募集条件です。

 

「住まいの近くに経営者を募集している店舗があること」

 

これがまず必須のようです。

神奈川県にお住まいの方が埼玉県のFCには応募ができないようです。

しかも四番目の条件「地縁のない土地での加盟はできません」

とハッキリ書いてありますね。

「ワークマンやって北海道や沖縄に移住したい」これはできないようです。

この時期多い募集なのでしょうね。

 

しかも年齢制限も厳しい。50歳未満ですね。

 

「定年になったので、仕方がない。ワークマンでもやるか・・・」

 

というのもそもそもダメですね。

しかも一人ではダメですね。基本ご夫婦での募集が条件です。

 

しかも個人契約が条件。

以前ローソンの経営を勉強した時に、何店舗もやっているような

いわゆる「プロ経営者」が多いことを知りましたが、

そもそも、それも最初から排除しているのですね。

 

あとここには書いてありませんが、「副業も禁止」です。

 

コロナ禍でこれだけ「在宅勤務」が広まりましたからね。

「日中にワークマンで生活費を稼いで、夜間にSEで仕事続けよう・・・」

 

そういう人もダメなのです。

他にも地方で働きたい理由はありますよね。

 

「親の介護で地元戻りたい・・・」

「子供のために地方で暮らしたい・・・」

 

そう甘くはなさそうです。

でもどうしてもワークマンで働きたい・・・。

そう思う人は多そうです。

 

Photo_20200811092401

 

理由は契約タイプが2種類あるのですが、

必要資金を見てください。

320万円か155万円。

何と!車一台分で加盟ができるというからなのです・・・。

« ワークマンはなぜ2倍売れたのか その8 | トップページ | ワークマンはなぜ2倍売れたのか その10 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ワークマンはなぜ2倍売れたのか その8 | トップページ | ワークマンはなぜ2倍売れたのか その10 »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31