« 藤井聡太2冠達成!! | トップページ | 10年後に食える仕事食えない仕事 その2 »

2020年8月24日 (月)

10年後に食える仕事食えない仕事 その1

Photo_20200824093001

 

 

AIロボット化で亡くなる職業!

税理士にとっては、よく脅かされるネタですね。

 

「労働力人口の減少を補うために、・・・」

とか

「日本の失われた20年を取り戻すには・・・・」

 

「テクノロジーを活用化した自動化を急速に進めなければならない」

 

これは確かに正しいと思うのです。

私自身も講演会で申し上げてきたことでもあります。

でも実際それほど言われるように進んでいないのですね。

 

「バスの運転手やタクシーの運転手は自動運転が広まれば

職を失う・・・」

 

そういわれ出して何年たったのでしょうか・・・。

 

挙句の果てには

 

「AIによって間違いなくなるのは会計事務。

税理士は職を失う・・・。」

 

これもこの手の本では必ず言われておりますが、

ここ数年で「職を失って倒産した税理士法人」は

聞いたことがありません・・・。

 

当事者である会計事務所経営者にとっても、これは深刻な問題なのですね。

そういったことをキチンと理解するには格好の書ですね。

 

「そういうことか・・・。」

 

「だから会計事務所の倒産はいまだにないのだ・・・。」

 

いろいろ理解できます。(その理由はあとで)

 

著者は渡邉正裕氏。1972年生まれの元日本経済新聞社の

ジャーナリストなのですが、日本IBMのコンサルタントの経験も

あり、なかなか異色です。

どうも今までのAIネタは、ビジネス感覚のないAI研究者が

書いたものが多いようで、カタカナが多くて難しすぎ、

ビジネス的にもピンとこないものが多かったのです。

 

さすがに元日経新聞の記者ですね。

現場取材に裏付けられたものが多く分かりやすいです。

「このままだったら失われた30年、40年になってもおかしくない!」

「忖度なく」言い切っている主張も多く、読んでいて気持ちがいい。

 

特に

「AIが得意とする分野。人間が得意とする分野。」

そのあたりからの問題の整理は秀逸です。

ではじっくり考えていきましょう・・・。

« 藤井聡太2冠達成!! | トップページ | 10年後に食える仕事食えない仕事 その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 藤井聡太2冠達成!! | トップページ | 10年後に食える仕事食えない仕事 その2 »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31