« ワークマンはなぜ2倍売れたのか その3 | トップページ | お父さんはユーチューバー »

2020年7月31日 (金)

ワークマンはなぜ2倍売れたのか その4

では土屋哲雄氏。ワークマンに入って2年後本格的に動き出します。

「中期業態変革ビジョン」

というのを打ち出します。

さすが元三井物産経営企画室出身ですね・・・。

それは、3か条からなります。簡単に言うと、「アメとムチ」の戦略です。

 

  • 社員一人当たりの時価総額を上場小売企業でナンバーワンに
  • 新業態の開発
  • 5年で社員年数を100万円ベースアップ

どうでしょう?

これ聞いて社員はやる気出ますね。「上場小売企業でナンバーワン!」

と聞いた瞬間、あのユニクロに勝つことを意味しますし、

何より年収100万円アップしてくれるのですからね。

アメをくれる代わりに、それでどうやってそれを達成するかが、

2.新業態の開発 なのです。これはムチです。2種類あります。

 

①「客層拡大」で新業態へ向かう。

②「データ経営」で新業態を運営する準備をする。

 

「データ経営」とは三井物産でコンサルタントまで勤め上げた

方ですからね。これはお手の物です。これは後述しますが、

まず、「新業態開発」ですね。。

 

実はそれまで、ワークマンは効率経営を重視して

「在庫を持つことをタブー視」していたのです。

 

そのため、作業服専門店なのに、作業服のプライベート・ブランド(PB)は

なかったのです。

 

まず手始めに作業服のPBを会長に内緒で50万着製造。

初めて在庫を持つという「パンドラの箱」を開けます。

これが予想以上に売れて、ついに一般向けのPB開発に着手します。

それまでワークマンの作業服とは職人が着るものがほとんどでしたから、

申し訳ないですが「ダサイ」のですね。

吉幾三のCM見てもそう感じませんか?

職人さんですからファッショナブルでなくてよかったからなのです。

 この土屋哲雄氏は略歴からアパレルには門外漢ですね。

それでどうしたかというと、これは面白かったですね。参考になりますよ。

 

そこで社長自ら

 

「24時間着用宣言」

 

自宅でも上着から下着までワークマン。

もちろん会社でも背広を止めてワークマンです。

これは、「ユニクロ」を意識しているのは間違いないです。

 

でも不思議ですよね。自分の会社の商品を着ることが

恥ずかしいと思ったらおしまいですからね。

徐々に社内の雰囲気が変えてゆきます。

 

そこで2016年以降

スポーツウエアのファインドアウト、アウトドアのフィールドコア、

防水ウエアのイージスという3つのPBを立ち上げます。

それでもそれほど売れなかった・・・。

 

土屋哲雄氏は、とうとう「売り方が悪い」ということに

気が付いたのです・・・。

« ワークマンはなぜ2倍売れたのか その3 | トップページ | お父さんはユーチューバー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ワークマンはなぜ2倍売れたのか その3 | トップページ | お父さんはユーチューバー »