« 男の料理教室「ウチで作ろう~♪」 その3 | トップページ | ならずもの井上雅博伝 その2 »

2020年6月18日 (木)

ならずもの井上雅博伝 その1

Photo_20200618105401

 

ヤフージャパン創業者の井上雅博氏の物語です。

井上氏は

「日本のインターネット産業を拓いた男」

とも呼ばれるそうです。

 

「そうなの~?」

 

と思う人がほとんどではないでしょうか。

言うまでもなく、ソフトバンク創業者の孫正義氏が米国ヤフーと

事業提携して立ち上げた日本法人ですからね。

 

事実1996年1月に日本法人ヤフージャパンの創立時の初代社長は

まぎれもなく孫正義氏なのです。

それでも、この井上氏こそが「事実上の創業者」だったということが

この本を読むとよくわかります。

 

ヤフージャパンとはまさにネットバブルの象徴のような企業でしたね。

創業から2年足らずの1997年11月に店頭公開市場の

ジャスダックに株式を公開してしまうのですね。

1年後の1999年5月には株式の時価総額がなんと1兆円を

突破してしまうのです。

さらに、翌2000年には一株あたり1億6000万円という

超高額の株価になったのです。

こんな会社は空前絶後ないでしょうね。

 

そもそもこの井上氏はソフトバンクの孫さんに

ヘッドハンティングされた方です。つまり、サラリーマンなのです。

 

この井上氏は、オーナーではないものの、おかげで総資産1000億円を

超えるネット長者になったといわれています。

 

一介のサラリーマンが、資産1000億円の巨万の富を

築き上げたのですね。

 

 

55歳になった2012年6月の株主総会を最後にヤフーから去ります。

社長在任期間が実に16年。

普通なら会長か相談役に残るのですが、きっぱり社業と縁を切ります。

その後一度も会社には出勤していないそうです。

その引き際は社内だけでなく、IT業界の謎らしいです。

 

アーリー・リタイアメントをした井上氏は、趣味の達人として

有名になります。

クラシックカーをはじめ、ワインや音楽の世界に没頭します。

しかし、引退後5年を経った2017年4月25日。

 

IT業界を震撼する悲報が届きました。

なんと自動車レースの事故で亡くなったのですね。

 

その波乱万丈の「日本のインターネットの父」

を見てみましょう・・・。

 

« 男の料理教室「ウチで作ろう~♪」 その3 | トップページ | ならずもの井上雅博伝 その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 男の料理教室「ウチで作ろう~♪」 その3 | トップページ | ならずもの井上雅博伝 その2 »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31