« ダイエットについて | トップページ | 2030年の世界地図帳 その2 »

2020年1月17日 (金)

2030年の世界地図帳 その1

2030

 

「2020年はいったいどんな年だろう?」

 

年初からずっと考えていて、思わず飛びついた本ですね。

以前もご紹介しましたが、落合陽一さんですね。

日本の若きオピニオンリーダーです。

彼の本は「横文字」が多くてなかなか読みずらいのですが、

世界の最先端の潮流がよく分かります。

知らない単語や、その横文字を確認しながら、苦労してでも

あえてこういう方の意見を取り入れてみることも大事だと思うのです。

「2030年」というターゲットがいいですね。

2040年、2050年などともっと先のことは

正直分かりませんし、分かりえないのですね。

何故ならこの本の冒頭から書いてあることから、納得できるからです。

 

「2000年代からインターネットの普及によって本格化した

グローバリズムは、『GAMAM』(Google,Amazon,Facebook,Apple,Microsoft

をはじめとするアメリカの巨大IT企業を生み出し、約14億人の人口を

抱える中国の急激な経済発展によってアメリカと世界を二分する国家へと

成長した・・・・」

 

まさにそうですね。

2010年に日本はGDPで中国に抜かれ、世界第2位の経済大国の

座を明け渡したのです。

 

「このような状況を2000年以前に予測できた人はどれだけ

いたでしょうか。」

 

「これほど技術革新のペースが速い時代には、10年先の

仕事内容や働き方を想像することすら難しいと感じられます。」

 

落合さんが10年先すら分からないというのであれば

本当にそうなのでしょうね。

 

タイトル通りに「2030年の世界地図」を描くことによって、

その中の日本はどうなるのだろうか?

どんな暮らしになっているのだろうか?

それが確かに分かると思うのですね。

 

でも世界情勢に興味ない人も多いのでしょう。

でも落合さんから、まずおしかりを受けます。

 

「目の前のことで忙しい、世界のことに興味が持てない。という人も

多いでしょう。近視眼的に見ていると、自らの立ち位置も

自分がやるべきことも見つけることは難しい。」

 

そうなのですね。

では、あえて世界に目を向けてみましょう・・・・。

« ダイエットについて | トップページ | 2030年の世界地図帳 その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ダイエットについて | トップページ | 2030年の世界地図帳 その2 »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31