« いよいよ東京オリンピック | トップページ | 直感と論理をつなぐ思考法 その2 »

2019年5月10日 (金)

直感と論理をつなぐ思考法 その1

Photo_19

 

最近よく、「デザイン経営」とか「デザイン思考」という言葉を
聞きます。


「経営にデザイン?」
「会社を経営するにはデザイン的センスが必要なの?
「デザイン的に考える力??・・・」
正直何だか分かりませんでした。

 

連休中、あえてこの難題に向き合ってみました。
この本は発売して1カ月で10万部も売れているベストセラーです。
何かヒントがあるはずと、つい飛びついてみたのです。

こういう本と格闘することも必要なのですね。
税理士になって21年、毎日税金のことばかり考えていると、
思考法がこり固まってしまうからです。
おかげで思考法のよい「ストレッチ」ができました。

 

まず冒頭の疑問に対して、素直に説明しています。

「デザイン思考ですか・・・でも私絵心ないんですよね。」
「僕、図工はいつも2でしたから・・・。」

何度も言われたそうです。
これはまず誤解です。
「日本語の『デザイン』という単語には、特に美術的なものとの
結びつきがつよいため誤解を生んでいる」からなのです。

 

この著者は佐宗邦威氏。
この方学歴は、開成高校、東京大学法学部卒。
でも美術大学出身ではないのですね。
デザイナー=美大出身 という発想からまず間違いのようです・・・。

本人曰く、
「極端な左脳型だった」
「開成高校や東京大学法学部の同級生も、一定の前提のもとで答えを出したり、
物事を解決するのが得意なタイプが多かった」

「10代20代の頃は、世の中には正解があると信じていた」

まあきっとそうなのでしょうね。
デザイナーとは芸術家であり、「右脳型」なはずだからです。
その典型的左脳型の佐宗氏は、東大を出て、
P&D社のマーケティング部でデザイナーとなります。

ここで「論理とデータに基づいたビジネスの基本」を
叩き込まれます。
データに基づき論理的に正解を出す訓練ですね。
毎日、「調査・分析」、「企画書作成」、「会議」です。

それでも優秀だったのでしょう。
「ファブリーズ」や「レノア」などのヒット商品を生み出します。
でも彼言わせれば、「戦略の荒野」
よほど厳しかったのでしょう。

正直に書いてありました。
「結局うつで1年間休職した・・・。」

 

« いよいよ東京オリンピック | トップページ | 直感と論理をつなぐ思考法 その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« いよいよ東京オリンピック | トップページ | 直感と論理をつなぐ思考法 その2 »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31