« 直感と論理をつなぐ思考法 その5 | トップページ | 拝島ロング »

2019年5月17日 (金)

直感と論理をつなぐ思考法 その6

「自分モード」分かってきましたか?

しかし、この本は「他人モード」に慣れ切ってしまった方には
受け入れないものなのでしょうね。

「自らの感情」にアクセスすることを忘れてしまっているから
なのですね。

「すべては妄想からはじまる」

と書かれていますが、現代人は妄想することすらしなくなって
しまうからですね。

「自分モードで妄想しよう!」

と言われても、「妄想なんて無駄だ・・・」と否定してしまう方も
多いのでしょう。
理由は、
「僕たちは大人になる過程で『実現可能性の壁』を学び、
発想力にあらかじめストップを書けるように習慣づけられているから」
なんだそうです。

でもこれもある意味訓練、リハビリなのでしょう。訓練の一つとして


「子ども時代の夢は何でしたか?」

「青春時代、何に、誰にあこがれていましたか?」

「もし3年間自由な時間ができたら、何をしたいですか?」

「もし100億円の投資を得られるとしたら何をしたいですか?」

こんな質問に真面目に答えてノートに手書きしてみてください。

 

まだまだこの思考法をご紹介したいのですが、正直難しいです。

でも、この「ビジョン思考」を経営に取り入れている経営者も増えているそうです。
事実、この佐宗氏は、企業のイノベーション支援や
戦略デザインコンサルティングをしているそうです。

最後に本音を書きます。
しかし、この本はずいぶん苦労しました。
それだけ私の頭の発想法が「論理とデータに基づいた古い発想法」
だったからです。

税理士として毎日、
「これは税法的にどうなのか?」
条文や判例など基づき考える癖がついてしまっているからなのです。
他人の目を気にしながらブログを毎日書いているのも
その理由の一つでしょうか。

妄想することすら忘れてしまっている自分に
本当に気が付いたのです。

30代の頃、税理士になりたての頃、いろいろ夢がありました。
その一つとして

「税理士として証券化ビジネスをやってやろう!」

それくらいの夢があったのですね。(そのお話はいつか書きます)
何だか仕事に追われ、生活に追われて、夢みたり妄想することを
まったく忘れてしまっている自分がいました。

「自分モード」にスイッチを入れることも絶対必要なのでしょう。


(がんばれ!令和新時代の発想法シリーズ おしまい)

« 直感と論理をつなぐ思考法 その5 | トップページ | 拝島ロング »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 直感と論理をつなぐ思考法 その5 | トップページ | 拝島ロング »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31