« 経営革新等支援機関の認定証が届きました! | トップページ | うつ病九段 その2 »

2018年8月 2日 (木)

うつ病九段 その1

Photo


ビックリするタイトルですね。
新聞の広告を見た瞬間に速攻amazon買い。

九段と書いてあったのでプロ棋士の本だと
すぐ分かったのですが、作者は先崎学(せんざきまなぶ)氏。
プロ棋士でも将棋のプロ棋士なのですね。
私は将棋は指しませんので、将棋のプロ棋士はあまり知りません。
ただこの先崎氏の名前だけは知っていたのです。
実は奥さんは囲碁の方のプロ棋士、穂坂繭三段なのですね。
美人女流棋士で有名な方なのです。
ところが、数年前(数十年前?)にこの先崎氏と結婚したのを
よく覚えています。

「囲碁の棋士同士なら分かるが、何で将棋のプロ棋士と・・・」

多くの囲碁ファンが、がっかりしたからなのですね・・・・。


その方が突然うつ病を発症し、プロ棋士を昨年の夏に
休職しました。
その発症から入院、闘病し、この6月に復帰するまでを
ご本人が書いたノンフイクションです。

うつ病というと、うつ=精神病、つまり「精神の病気」と思いがちですが、
違うのですね。
うつ病とは「脳の病気」であることがよく分かります。

つまり、「うつ病とは・・・・ということなのか・・・」
本当に理解できるのです。


これは本当に「奇跡の本」ですね。

なぜ奇跡の本かというと、まずうつ病患者の書いた本はありません。
うつ病の人は本書くどころか読むこともできないはずだからです。
もし書けたとしても、ある程度文才がないと書けるはずがないのですね。


この先崎九段は本当に筆の立つ方です。
前々からエッセイやコラムなど良く書いていて、著書も多いので
間違いなく作家なのです。


それとこれは大事なことですが

「私はうつです」

と公表すること自体が普通の人ならできませんね。
サラリーマンであれ、経営者であれ、それを公表することで
仕事を失ったり、仕事に影響がでるからですね。

プロ棋士というある意味「自由業」だからこそできたのでしょうか。

それともう一つ奇跡がありました。

この先崎九段のお兄さんが本当に精神科のお医者さんなのです。
そのお兄さんから

「リハビリのためにこの経験を闘病記として本にしてみたら」


と薦められたそうです。
そうでなければこういう本が日の目をみなかったのでしょう。

そのお兄さんも

「うつは世間から偏見の目で見られている・・・」

そう考えているそうです。


うつ病とは、誰でも起こりうる「脳の病気」で
誰でも「必ず治る病気」なのです。
それを教えたくてご紹介していきます・・・・。


« 経営革新等支援機関の認定証が届きました! | トップページ | うつ病九段 その2 »

コメント

こんにちは

私は吉田さんとは逆に将棋はアマ4段をいただいておりますが
囲碁はルールを知っている程度です。
先崎先生は認知症のお母様の介護をされていたそうで
それもうつ病発症の要因だったかもしれませんね。
先崎先生の著書はほぼすべて購入してりますので
この本もいずれ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うつ病九段 その1:

« 経営革新等支援機関の認定証が届きました! | トップページ | うつ病九段 その2 »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31