« 銀行員はどう生きるか その2 | トップページ | 銀行員はどう生きるか その4 »

2018年5月30日 (水)

銀行員はどう生きるか その3

Photo


銀行のバブル入社組と聞いて、すぐこの物語を
思い出しましたね。

Photo_2

ご存知半沢直樹ですね。
数年前のドラマでは、50歳を前に同期の行員が取引先の
「タミヤ電気」に出向していましたね。
主人公の半沢直樹が、そのタミヤ電気とともに同期の出向者を
助けるという筋書きでしたが、もうこういうことはなくなるのでしょうね。

半沢直樹のようなバンカーはもう出てこないのでしょうか?
みずほ銀行はじめ、三井や三菱の銀行員が
今後大量に出向や転籍、退職してくるのでしょうね。
元バンカーとしてのプライド賭けて
タミヤ電気みたいな中小企業をぜひ助けてほしいものです。

50代のバブル組は良いとして、先日のみずほ銀行の
年齢構成をもう一度みてください。
大量にいる50台前後のバブル組のあと、
「就職氷河期世代」の40台前後、
そして2006年以降にメガバンクが公的資金を返済し終わったあと、
大量採用した30代前後がいるのですね。
女子の大量採用や、産休制度などが確立し、毎年1000人規模で
拡大したというのですね。
この年齢層の世代が気になりますね。

今後10年かけてメガバンクは、配置転換等で
業務の見直しするそうです。
昨年11月に各メガバンクが打ち出した戦略、
三菱UFJは「事業改革」、三井住友は「業務改革」、
みずほは「構造改革」と呼ぶそうです。

呼び方なんてどうでもいいですが、要するに、

「デジタライゼーションの活用によって業務上の効率化を
実現し、リテール業務分野を中心に人員圧縮を進めて
スリム化を図る」

ということなんだそうです。
ここでもITの力を頼っていくのでしょうね。
ただ、リテール分野(つまり個人相手の業務)をやらなくなるというのではなく、
個人なら富裕層に特化していく戦略らしいです。

お分かりになりましたか?
もっと分かりやすくいうと銀行で
「引出し、振込はネットでやってもらって、金持ちでない方は
イチイチ銀行の窓口にはこないでほしい」
ということなのでしょうね。
個人相手の支店業務を中心に行員を大幅にリストラする戦略なのです。

冒頭にご紹介した三井住友銀行の中野坂上支店の戦略なのですね。
わざと11階に支店を設けて個人が行きにくくする戦略なのです。


« 銀行員はどう生きるか その2 | トップページ | 銀行員はどう生きるか その4 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀行員はどう生きるか その3:

« 銀行員はどう生きるか その2 | トップページ | 銀行員はどう生きるか その4 »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31