« 多摩湖お花見ロング | トップページ | 社長の基本 その5 »

2018年4月10日 (火)

社長の基本 その4

三條社長は負債総額140億円となりながら
自力再建された方です。

「どうやって再建したのか?」

それが一番知りたかったのですが、残念ながらそれは
書いてありません。

書きながらまた思い出しましたが、
140億円とまでいきませんが、40億円の借金を
何とか完済したお話がありましたね。
正直こっちのほうが面白いですね。こちら


あと参考になるのは金融機関との付き合い方でしょうか。

「資金に余裕があってもなくても借入金融機関をもつ」

これは納得しますね。
中小企業の社長さんは、いろいろな経緯で社長さんに
なっているのですね。
従業員を雇ったことがないどころか、部下を持ったことがない人が
ある日突然社長さんになるのですね。
人事問題に悩んで当然ですね。

同様に借金したことがない方が、ある日突然社長さんに
なることもあるのです。

「借金は嫌いだ!」

といって確かに借金をしない経営者もたまにいらっしゃいますね。

「無借金経営はただの無知。金融機関から適正なお金を
借りているのがよい経営」

と三條氏は手厳しいです。
無借金経営は確かに理想ですが、売掛金がこげついて
キャッシュフロー不足に陥ることもあるかもしれません。


「身の丈に合った金融機関と取引している」

これも大事でしょうね。
年商1億円もいかないのにメインバンクに大手都市銀行を
選ぶのは止めた方がよいそうです。
これは本当に思いますね。

年商10億円までは信用金庫がいいそうです。
多くの中小企業が当てはまるかもしれません・・・・。

それとこれも参考になるかもしれませんが、
借入先を3行以上に分散させることも大事だそうです。

メインバンクと称して、1行しか借り入れない会社もあるそうですが
それはダメ。
融資の案件があるなら、信用金庫、地方銀行、都市銀行に
持っていくのですね。

銀行との正しい付き合い方を知っているということも
社長さんの基本のようです・・・。

« 多摩湖お花見ロング | トップページ | 社長の基本 その5 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 社長の基本 その4:

« 多摩湖お花見ロング | トップページ | 社長の基本 その5 »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31