« 新年度にもう一つ思う | トップページ | 社長の基本 その2 »

2018年4月 4日 (水)

社長の基本 その1

Photo


確定申告時期に読めなかった本をいろいろまとめて読んでいます。
読書は楽しいですね。

特に経営者の方がどうやって企業経営されているのか
必死になって探しています。
「経営に役に立つ本シリーズ」を何年かやっていますが、
多くの成功した企業経営者は意外と同じことを言っていると
感じています。


「経営の神様」松下幸之助から始まり、
「現在の経営の生き神様」京セラの稲盛和夫、
そして「若手経営者のホープ」星野リゾートの星野佳路。
稲盛さんの本はすべて読んだというくらいの稲盛教の信者で
あるくらいの私ですからね。

多くの経営者が松下幸之助から学んでいるのですね。
星野氏もすべての経営書を読まれるくらいの読書家ですね。
会社経営をしながらその経営ノウハウを開示されている
こういう偉大な経営者の本は本当に説得力ありますね。


一方で小山昇をはじめとする経営コンサルタントの方々の本も
時として参考になるものがありますね。
小山さんの本はあらかた読みましたが、同じことを何度も
繰り返しています。

こうやって経営者本を読み漁っていると、
「会社経営の基本って何だろう?」
本当に思うことがあります。

私も一応大学(高田馬場の某W大学)で経営学を学んだことが
ありますが、正直まったく実務では役に立たないものです。
(某教授すいません・・・・)

会社経営されている方で、大学で経営学を学んだとか
留学してMBAで学んだ何て方は少ないでしょうね。

私の50年来の趣味である囲碁でも「基本」があります。
「基本定石」や「基本手筋」、「基本詰碁」など最初に
学ぶのですね。
囲碁や将棋それこそスポーツでも基本は大事なものと
されていますね。

「では経営の基本って何だろう?」

そう思っているときに出会った本です。
著者は三條慶八氏。1960年生まれですから私と同級生です。

20年以上前に神戸、三宮で手広く不動産賃貸業と
飲食業を営んでいるところに、1995年に起こった阪神淡路大震災。
運用資産に40億円以上の大打撃を受けます。

その後のデフレ不況に巻き込まれ、ピーク時には140億円という
巨額の負債を背負った方です。

当然倒産の危機を何度も経験したのでしょう。

その後8年間で、自己破産もせず、自力再生し、ついに完済。


こういった強烈な経験を経て、現在はコンサルタントとして
活躍されている方です。
相談に乗った経営者はその数1000人以上。

その敏腕コンサルタントの言う「経営の基本」を学んでみましょう。


« 新年度にもう一つ思う | トップページ | 社長の基本 その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 社長の基本 その1:

« 新年度にもう一つ思う | トップページ | 社長の基本 その2 »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31