« 税理士の料理番 その33 | トップページ | 小さな企業が生き残る その2 »

2018年1月11日 (木)

小さな企業が生き残る その1

Photo


年末年始いろいろな本を読みました。
ご紹介したい本ばかりですね。
今年第一弾は「ものづくり」のお話からです。
先月ご紹介した「町工場の女」もまさにものづくりでしたね。
でも仕事がなくて苦しんでいるお話はなかなか強烈でした。

そうなのですね。
税理士として中小企業のお手伝いをしてから20年。
いろいろな起業開業を見てきました。
大手メーカーの下請けとして独立した工場があるとしますね。
でもその大手メーカーの仕事がある日突然なくなったら・・・。

そんな、まさに「町工場の女」にでてくるお話がリアルに
体験してきました。
大きな工場があり、多くの従業員を抱えていたら大変なことに
なるのですね・・。

そういう「小さな町工場」が生き残るお話です。


著者は金谷勉氏。
1971年生まれ。まだ40代のデザイナーです。

正直この本を読んで、
「デザイナーのイメージ」が正直変わりました。

デザイナーというと、東京オリンピックのデザインをつくるような
そんなイメージだったのですが、傾いた町工場を再生するような
お仕事をするのですね。
「デザイナーという職業の方はこんなことをするのか」

本当に思いました。

この金谷氏ですが、京都精華大学人文学部卒です。
デザイナーは皆美術大卒かと思ったら違うのですね・・・(すいません。)
企画制作会社、広告制作会社を経て28歳の時に独立して
「セメントプロデュースデザイン」というデザイン会社を設立します。

最初は間違いなく仕事は何もなかったのでしょう。
東大阪の町工場で作った最初の商品がコレです。


Photo_2

何だか分かりますか?
これはクリップなのですね。
このあたりのくだりはなかなか面白かったのですが、
ここで初めて金谷氏はものづくりを学びます。

これ一個500円もするのですが、
なぜか大ヒットです。

ここから町工場や職人と組んで企業を再生するデザイナーに
なっていくのですね。

デザイナーから見た企業再生は学ぶべきところが多いです。
ご紹介していきましょう・・・。

« 税理士の料理番 その33 | トップページ | 小さな企業が生き残る その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小さな企業が生き残る その1:

« 税理士の料理番 その33 | トップページ | 小さな企業が生き残る その2 »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31