« 誰がアパレルを殺すのか その5 | トップページ | 誰がアパレルを殺すのか その7 »

2017年9月 6日 (水)

誰がアパレルを殺すのか その6

ファストファッションの「雄であった」ユニクロは
いったいどこへ向かうのでしょうか。


2014年から段階的に値上げをして客離れを起こしました。
それまでの「一人勝ち」だったユニクロの異変です。
それまで「安さ」が魅力であった商品が高くなってしまっては・・・。
確かに、為替、原材料の高騰、人件費の増加で価格転嫁を
せざるを得なかった訳です・・・。


私も定点観測をずっと続けてきた企業でしたから、
こちら 
こちら
ユニクロの減収減益はかなりショックでもありました。

その後このブログでもアパレル業界で、海外生産に頼らず、
国内生産で頑張る企業をいくつか取り上げてきました。


私の大好きなブランドでもある「鎌倉シャツ」
国内生産100%でありながら原価率驚異の59%の
戦略で地味に売上を伸ばしていましたね。
こちら

また私が大事なマラソンレースの際に履く「勝負ソックス」
を生産しているソックスメーカーのタビオ。
こちら
こちらも純国産の会社オリジナルの「サムライ・チェーン」
としてジャパンブランドの誇りを感じさせる企業です。

その他、最近国内回帰の動きがアパレル業界にもあるようです。


一方で、ユニクロは国内回帰はしません。
今後海外生産の軸はブラさないそうです。

ただこれまでの中国集中で、人件費の高騰や人手不足から
「チャイナプラスワン」
の戦略へと変わってきています。
具体的には、ベトナムやカンボジアで、
中国の工場経営者たちが出資して工場を作っているそうです。

これら工場や経営者と付き合いを続けて、ともに成長していく
戦略をとっていくそうです。

「国内生産はできません。」

ハッキリいっています。

「日本は技術はあるのです。
昔、日本は繊維の世界最大の輸出国だったので、いまだに技術は
残っているですが、消えかかっています。
しかも、100人とか200人の小さな工場で働いているのは
年配ばかりです。」

こう柳井社長は認めています。

そうなのですね。
日本はかつて繊維産業で栄えたのも事実なのです。
世界に誇る技術はあるのです・・・。

なんかヒントは見えませんか・・・・・。

« 誰がアパレルを殺すのか その5 | トップページ | 誰がアパレルを殺すのか その7 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誰がアパレルを殺すのか その6:

« 誰がアパレルを殺すのか その5 | トップページ | 誰がアパレルを殺すのか その7 »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31