« 誰がアパレルを殺すのか その3 | トップページ | 誰がアパレルを殺すのか その5 »

2017年9月 4日 (月)

誰がアパレルを殺すのか その4

昔話のつづき。
私の生まれた1960年代は、

「消費は美徳」

という国民的なスローガンがありました。


時代背景は戦後すぐの1950年代に
配給制を軸とした衣料統制が終わると、民間企業が
自由に服を作って売る時代となります。


三陽商会、オンワード樫山、そして昨日ご紹介したファミリアも
誕生し、神戸にワールドが誕生したのもこの頃ですね。

既製服の需要が急上昇したし、その主な販路となったのが
百貨店だった訳です。

「百貨店で服を買うのが時代の最先端」

となり、まさにブランドそのものになりました。
さらに懐かしいお話ですが、銀座みゆき通りに流行に敏感なものが
集まる「みゆき族」。そして私の年代なら憧れの「アイビールック」。
ついでにいうと、現在NHK朝ドラ「ひよっこ」でやっている
ミニスカートブームもこの頃。


そのあとアパレルの栄光の時代が続きます。
1970年代の「ケンゾー」、「イッセイミヤケ」に代表するデザイナーブーム。
1980年代のDC(デザイナーズ&キャラクターズ)ブームへと続きます。
誰もが百貨店のショーウインドーに並んでいるブランド物の
高級品をありがたがって買っていた時代ですね。


つまり、
栄光の1970年代。
熱狂の1980年代。

しかし、1990年代のバブル崩壊によって
アパレル業界は崩落してしまいます。


そのあとは御説明したとおりですね。
なぜこうなってしまったのか?
誰のせいで「アパレルは殺されたのか?」
本当に考えさせられてしまいましたね。


何も解決策が出ないまま、1990年代後半の

「ユニクロのフリース1900円」

でさらに決定打を受けてしまいます。

2000年以降のデフレという追い風を受けて
ユニクロは大躍進してしまいましたね。


さらにご紹介したとおり、その後SCが日本全国に大量に作られ、
多くのアウトレットモールもできたおかげで、
低価格の商品が全国で売られ、国民全体が低価格に
慣らされていきます・・・。


これが果たして「集団自殺」なのでしょうか・・・・?
長く続いた栄光の時代に何も手を打っていなかった
業界自体にも問題があったとしています・・・

« 誰がアパレルを殺すのか その3 | トップページ | 誰がアパレルを殺すのか その5 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誰がアパレルを殺すのか その4:

« 誰がアパレルを殺すのか その3 | トップページ | 誰がアパレルを殺すのか その5 »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31