« 誰がアパレルを殺すのか その2 | トップページ | 誰がアパレルを殺すのか その4 »

2017年9月 1日 (金)

誰がアパレルを殺すのか その3

アパレル崩壊の「戦犯」としてあげられているのが
百貨店と共にショッピングセンター(SC)。

百貨店についてはご紹介したとおり、凋落の一途。
2016年の全国百貨店売上高は5兆9780億円と
なんと36年ぶりに6兆円を割り込みました。
(1980年5兆7225億円)
売上構成で3割を占めるアパレルの不振が原因です。

4

一方でSCの出店攻勢もすごいです。
10年間で1.5倍にもなっています。
大量のテナントを必要とするSCは、当然アパレルに
出店要請。
売れないのに出店させ続けたSCの罪も大きいと思うのです。
結局百貨店と共にSCは「顧客の食い合い」し、
共倒れすることになります・・・。

しかし、やはり百貨店というブランドが崩壊した罪ももっとも
大きいと思うのですね。
ここで得意の昔話。


我々の世代は百貨店全盛期を見てきました。
特に、東京池袋で育った私は、CMではないですが
「東が西武で〜♪西、東武〜♪」の街。
西武百貨店や東武百貨店でよく買い物しましたし、
今はなき池袋三越も好きでした。
特に食堂街に連れて行ってもらったり、屋上で遊んだ楽しい記憶もあります。
子供の頃、人でごった返している百貨店こそがブランド。

小学校一年生の時、三越で初めてグローブを買ってもらいました。
今でも大事にとってありますが、グローブに
「MITSUKOSHI」の印字があります。
ミズノでもナイキでもなくMITSUKOSHIブランド・・・。

Photo


昨年NHKの朝ドラで「べっぴんさん」というのがありましたけど、
あれは子供服ファミリアの実話でしたね。
社員たった4人の会社から阪急百貨店に出店して
店舗拡大したという成功物語です。
百貨店に進出したことでブランドとして認められたことこそが
成功の最大の要因です。

毎日大量の人が百貨店に押し寄せたので、並べているだけで
ほっておいても売れたのですから。
ただ百貨店そのものが、このブランドに胡坐をかき、この30年間
何もしてこなかったのです。
百貨店の「殿様商法」ですね。アパレル側に「売らしてやる」の姿勢です。

その殿様商法の具体的なやり方が記載されていましたが、
「消化仕入れ」という業界独特の商慣習。
つまり、「売れた分だけ仕入を発生」させ、「販売員もアパレルに負担」させ
「百貨店には何もリスクがない」仕組み。
これはすごいですね。

それこそ商品が万引きされても、火事で燃えても百貨店はノーリスク。


大丸松坂屋の社長のインタビューが掲載されていました。

「我々はゆでガエルだった・・・」

いみじくも反省しています。
大丸松坂屋は今後アパレルの売り場面積を減らす方針転換を
しているそうです・・・。

« 誰がアパレルを殺すのか その2 | トップページ | 誰がアパレルを殺すのか その4 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誰がアパレルを殺すのか その3:

« 誰がアパレルを殺すのか その2 | トップページ | 誰がアパレルを殺すのか その4 »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31