« 生涯投資家 その1 | トップページ | 生涯投資家 その3 »

2017年8月17日 (木)

生涯投資家 その2

村上氏は通産省を退職する1999年までの3年間、
コーポレート・ガバナンスの研究をしていました。


コーポレート・ガバナンスとは、

「投資先の企業が健全な経営が行われているか、
企業価値を上げる=株主価値の最大化を目指す経営がなされているか、
株主が企業を監視・監督するための制度」

なのですね。


アメリカでは90年代に入ると、この株主が経営者を監視する仕組みとして
このコーポレート・ガバナンスという言葉が当たり前のように、
使われていたのですね。
ところが、日本ではまったく言われていなかったのです。


村上氏は役人の立場で、この制度を普及させることはできないと
悟ったのです。

つまり、投資家として自らプレーヤーになって変えていくしかないと
判断したのです。
通産省を退職して起業します。


設立の際に応援してくれたのが、オリックスの宮内氏。
45%も出資してくれます。
さらに、当時の財界のそうそうたるメンバーも協力。
日本マクドナルドの藤田田社長、セゾングループの堤清二会長、
リクルートの江副浩正氏、さらに福井日銀総裁ら・・・。


結局第一号ファンドは38億円もの資金を集めます。
若干40歳の元役人というだけで、これだけの人脈と
資金力はすごいですね。


この集めた資金で最初に手掛けた案件は、生糸メーカーの昭栄への
投資です。

上場会社は株価に発行済み総数をかけたものが、「時価総額」と呼ばれます。
つまり、上場会社としての市場価値ですね。
時価総額50億円程度の会社ですが、無借金で資産が500億円も
あることに着目しました。

資産の内訳は、保有していたキャノンの株式だけで200億円、
その他上場株や不動産など。
こういう観点で投資をするのが、村上ファンドなのです。

ここがポイントです。
こんな投資判断をする人は当時誰もいなかったのです。
「資金調達の必要もない企業が上場している意味がない。」
そこまで考えるのです。


そこで当時850円程度の株価であったところ、
2割程度のプレミアムをつけて「株式公開買付け」を行いました。

この株式公開買付けとはTOBと呼ばれるもの。
日本初の敵対的TOBです。

ところが、見事に失敗します。
6.52%としか株は集まらなかったのです。


ただ失敗はしたものの、村上氏の名前がこれで全国区になりました。
さらに株価も3倍にまで跳ね上がり、ファンドとしては大成功・・・。
さらに海外からも資金が集まってきました・・・。

« 生涯投資家 その1 | トップページ | 生涯投資家 その3 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生涯投資家 その2:

« 生涯投資家 その1 | トップページ | 生涯投資家 その3 »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31