« 年末調整、ネットで完結 企業・会社員の負担軽減? | トップページ | 生涯投資家 その2 »

2017年8月16日 (水)

生涯投資家 その1

Photo


「村上ファンド」と聞いて懐かしくて、またもアマゾン衝動買い。
村上世彰氏の「最初で最後の告白」と聞いたら、
これは読まずにいられません。
「ニッポン放送事件」、「ライブドア事件」など関連の当事者は
皆逮捕されて消されてしまいましたからね。


「本当はどうだったのだろう?」

本人の弁をやはり聞いてみたいものですから。


当時、この問題をずいぶん研究したものです。
自慢ではないですが、東京税理士会の研修講師となって、
税理士相手に講義したこともあります。
ライブドアでホリエモンをサポートしたCFOが税理士だ
という話しは結構ウケタものです。

このニッポン放送事件に絡めて、

「会社は誰のものか?」

というテーマで研究したのですね。
このテーマは、中小企業の税務顧問である私にとっても、
永遠のテーマでもあります。


この「会社は誰のものか?」という問いに対して、
強烈なポリシーを持った男。
これこそが村上世彰氏なのですね。


「会社は株主のもの」


これこそが欧米流の考え方なのですね。
「コーポレート・ガバナンス」を日本で広めようとして
残念ながら失敗した・・・。


でも「村上ファンド」は日本では叩かれてしまったけど、
考え方そのものは間違っていなかったと、当時も思っていました。
この本を読んで尚更それをまた感じました・・・。


まず、「生涯投資家」と言い切る村上氏の投資家デビューのお話から。


小学校三年生の時に父親から100万をもらい、そのお金で
株を買います。
一株2百数十円のサッポロビールの株を2000株買ったのが
最初の投資です。
すごいですね。
さらに高校生の時に、同和鉱業という仕手株にも手を出した
というから驚きです。


村上氏は関西では有名な進学校の灘高校出身ですね。
その灘高校時代に仕手株にまで手を出す投資家だったのですね。

その後東大法学部に進み、通産省に勤めます。

これだけ株が好きだったら、
どうして野村證券に進まなかったのだろうと本当に思いますね。
でも、この本を読んで納得しました。


投資の師匠は父親だったのですね。
本人は投資家でもあった父親の後を継ぎたかったのですね。
でも、

「国家というものを勉強するために、ぜひ官僚になれ」

その師匠の一言で、彼は役人になったのです・・・。

« 年末調整、ネットで完結 企業・会社員の負担軽減? | トップページ | 生涯投資家 その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生涯投資家 その1:

« 年末調整、ネットで完結 企業・会社員の負担軽減? | トップページ | 生涯投資家 その2 »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31