« ありえないレベルで人を大切にしたら23年連続黒字になった仕組み その4 | トップページ | ありえないレベルで人を大切にしたら23年連続黒字になった仕組み その5 »

2017年5月29日 (月)

山中湖ロードレース

Dsc_0469

富士山をこよなく愛する私のようなランナーには
大好きな人気の大会です。
いつものように4時起きして新宿から早朝バスに乗り込みます。


Dsc_0470

スタート直前の雰囲気。
大会ゲストの瀬古さんが、
「こんなリフトからスターターをやる大会は世界にない。」
と言っていましたが、本当にそうでしょうね。
このスタート前のセレモニーも好きなところ。

実はCブロックのゼッケンだったのですが、
謙虚にDブロックに並びます。これも作戦。


9時15分。スタート。
いつもなら1キロ5分ペースにまであげ「ロケット・スタート」
するのですが、これはしばらく「封印」。
筑波大学の鍋倉教授の教えでもあるからなのですね。

「前半飛ばしすぎに注意!」コレです。
今の自分の走力を考えたら、無理して1キロ5分台で走る必要も
ないのですね。

だからこそ、あえてDブロックからゆっくり目のスタートしたのです。


1キロを5分40秒~50秒くらい。
前半アップダウンの中、慎重に進めます。
5キロ。29分23秒。
いい感じです。
7キロ手前から上り。
ここは前半の難所。当然十分コースを知り尽くしています。
多少のタイムロスは仕方ない。ゆっくり上ります。

上りきってからの下り。ここも好きなところ。
一気に飛ばします。瞬間5分台に。

Dsc_0471


8キロでようやく湖畔へ。
いつもならここで雄大な富士山が見えるのですが
今日は曇りで見えず。かなりガッカリ・・・。

Dsc_0472

淡々と走ります。
1キロを6分を切ってきました。
10キロ。1時間1分15秒。まずまず。

ただここから1キロ6分20秒に落ちます。
今日の課題はここから。
この6分20秒をいかにキープするか。
鍋倉先生の教えですからね・・・。

13キロで1周。
ただ、ここからさらに少しペースが落ちます。

Dsc_0476


14キロ地点。毎年定点観測している野村證券の保養所。
「ニュー晴山荘」
ニューといいながら私が入社直前にできたものだから
もう30年も前の保養所ですね。


見えますか。今日は車が4台止まっていました。
あえて写真には入れませんでしたが、子供連れの奥さんが
応援していました。こんなこと初めてですね。
野村證券のそんな余裕のある会社に変わったのでしょうか。
少しうれしくなりました・・・。

17キロの折り返し。
ここから見える富士山も好きなのですが、今日は残念。

ただここからアップダウンでさらにペースダウン。
1キロ6分40秒です。ここがやはり課題。

ただいつもより余裕でゴールへ。
タイムは2時間16分19秒。(手元計測)

言い訳ではないのですが、あえてタイムを狙わない作戦です。
平均ペース6分20秒くらいで余裕もって長く走れること。
これこそ鍋倉教授の教えですから。

何か掴んだ気がしました。
ここ一カ月やっている「ガチゆる走」のおかげか、
筋トレの成果か・・・。
まだまだ頑張ります!

« ありえないレベルで人を大切にしたら23年連続黒字になった仕組み その4 | トップページ | ありえないレベルで人を大切にしたら23年連続黒字になった仕組み その5 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582367/65342602

この記事へのトラックバック一覧です: 山中湖ロードレース:

« ありえないレベルで人を大切にしたら23年連続黒字になった仕組み その4 | トップページ | ありえないレベルで人を大切にしたら23年連続黒字になった仕組み その5 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31