« チャレンジの4月 その6 | トップページ | 僕らが毎日やっている最強の読み方 その2 »

2017年4月17日 (月)

僕らが毎日やっている最強の読み方 その1

Photo


チャレンジシリーズの読書版ですね。
読書もチャレンジしようと思って手当たり次第に
買っています。


ただ買うにあたってまずこの本を読んでみました。
作者はご存知ジャーナリストの池上彰さん。
テレビで見かけない日はないくらいの方ですね。


もうお一方は作家の佐藤優さん。
私と同い年の1960年生まれ。
元外務省の方で数年前にいろいろな意味で有名になりましたね。
現在は作家として超売れっ子。
毎月90本の締め切りがあるそうです。


一方で池上彰さんも毎月の締め切りが18本!
あれだけテレビでまくっていながら、どこで執筆しているのでしょうか。

お二人がどのように読書して知識を仕入れているのか
非常に興味があり、またこの本に飛びついてしまいました。

まずお二人がどのように新聞を読んでいるのか興味がありました。

池上彰さんは毎朝20分かけて新聞10紙に目を通すそうです。
さらに夜に1時間。

なかなか夜新聞を読み返すのは大変でしょうね・・・。
気になった記事は自らスクラップ。
池上さんは秘書などいないそうです・・・。


佐藤さんは新聞の8割は電子版で読むそうです。
まったく読み方が異なりますね。
ただ記事の切り抜きはやはりするそうですが、
「エバーノート」に入れて保管。
これは参考になりますね。

書きながら30年以上前のことを思い出しました。
(すいません。得意の昔話。)


野村證券に入社したちょうど今頃の季節。
研修で毎日日本経済新聞の切り抜きをさせられましたね。
その記事をスクラップブックに貼ります・・・。
さらに読み合わせと称して毎朝の新聞記事の内容の討論。

懐かしいですね。
新聞記事を夜遅くなってから疲れた身体で
スクラップブックに張り付けていました・・・。
新入社員として取り組んだ社会人としての基本動作。

それを池上さんもやはり同じように、夜スクラップしているのですね・・・・。

« チャレンジの4月 その6 | トップページ | 僕らが毎日やっている最強の読み方 その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 僕らが毎日やっている最強の読み方 その1:

« チャレンジの4月 その6 | トップページ | 僕らが毎日やっている最強の読み方 その2 »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31