« 関東信越税理士会囲碁大会 | トップページ | 錦織V候補のマレーに勝利!! »

2016年9月 7日 (水)

終わった人 その1

Photo

たまには小説も取り上げましょう。
内館牧子さんの小説ですね。


「定年って生前葬だな・・・」


こんな書き出しで始まる「定年」を題材にした作品。
主人公は東大法学部を卒業し、メガバンクに入行。
成績も優秀でエリート街道まっしぐら。
最年少で支店長となり、本店の企画部長に。
役員一歩手前までいったものの、最後の最後に敗れ、
49歳で社員30人の子会社へ移動。
そのまま専務取締役という肩書で定年を迎えるというお話。


「なんだかな~」


という思いがわきあがりますが、50歳代の方にはぜひ読んでおく
本ではないでしょうか。


サラリーマンの悲哀を感じる小説ですね。
私の同期の世代だとちょうど55歳くらい。

サラリーマンの同級生から、出向だとか、転籍というお話を
よく聞くようになりました。

きっとそういう方々はこの本を読んで感じるものは多いのでしょう。


ついサラリーマン的な見方をしてしまいますが、
私のような脱サラ組としては、ちょっと違う思いで読みました。
やはり税理士としては、中高年の起業開業という観点から
いろいろ考えてしまいました。


こういう手の本は

「人生って何だろう」

「幸せって何だろう」


つい考えてしまいますからね。
しばらくお付き合いください・・・。


« 関東信越税理士会囲碁大会 | トップページ | 錦織V候補のマレーに勝利!! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 終わった人 その1:

« 関東信越税理士会囲碁大会 | トップページ | 錦織V候補のマレーに勝利!! »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31