« 寒天ダイエット♪ 始めました~♪ | トップページ | 理と情の狭間 大塚家具から考えるコーポレートガバナンス その2 »

2016年5月12日 (木)

理と情の狭間 大塚家具から考えるコーポレートガバナンス その1

Photo


この連休に、大塚家具をじっくり読みました。
昨年によくテレビのワイドショーあたりでよく出ましたからね。
ご存知の方も多いでしょう。

Photo_2

創業者大塚勝久氏と実の娘の久美子氏との戦い。

「上場企業の親子喧嘩」、「老舗家具屋の親子の確執」、
「家具屋姫の戦い」・・・・。
週刊誌あたりで面白おかしく読んだ方も多いでしょう。


著者は、磯山友幸氏。元日経新聞社勤務。ヨーロッパの支局長まで
勤めたエリート記者が、独立して最初に手掛けた力作です。
丹念に調べ上げて、もともと専門がコーポレートガバナンスだったらしく
実に分かりやすいです。
これは正直勉強になりました。お勧めの一冊です。


まず大塚家具の説明から。

1969年(昭和44年)埼玉県春日部市にて大塚勝之氏が父親の経営する
箪笥屋から独立し、株式会社大塚家具センターを設立。
当時は社員24名。最初から大きくスタートしたのですね。

すぐ思いだしましたが、ニトリの似鳥家具店が札幌で創業したのが、
1967年(昭和42年)。
たった一人まさにゼロからのスタートだったのですからね。
それに比べたらかなり違いますね。
こちら


その後発展し、1993年(平成5年)のまさにバブル期ですが、
株式を店頭公開させています。
当時はまさにバブル景気。住宅は次々に建てられ、大量の家具を
必要とされました。
しかも、フローリングなど和式から西洋式への急速な移行もあったのですね。
また、「名古屋の花嫁さん」などで象徴されるような、
婚礼家具の大量買いなどの時代背景から、フォローの風が吹き荒れていたのです・・・。


店頭公開と同時に、大塚家具を有名にさせた「会員制」の導入。
高級家具を志向する富裕層の囲い込みにより
これで大成功させます。

それから20年。
不景気とデフレが家具業界を変貌させました。

今回の親子喧嘩の発端はこの「会員制」を巡る経営方針の対立。
時代の変化を読み取らなければいけないのですね。
なかなか参考になりました・・・。

« 寒天ダイエット♪ 始めました~♪ | トップページ | 理と情の狭間 大塚家具から考えるコーポレートガバナンス その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 寒天ダイエット♪ 始めました~♪ | トップページ | 理と情の狭間 大塚家具から考えるコーポレートガバナンス その2 »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31