« お花見ラン | トップページ | 町工場の娘 その4 »

2016年4月12日 (火)

町工場の娘 その3

ダイヤ精機はバブル期売上は8億円。
しかし、その売上が半分以下の3億円。
しかも従業員が27人もいてそこで創業社長の急死。


ここが一番大事なところだと思うのですが、
ここで会社は倒産してもおかしくなかったのでしょうね。
貴子社長のご主人は同業者。しかも海外勤務も決まっていたくらいですから
かなり優秀な方なのでしょう。
本来なら、その方が継ぐべきだと周りも思ったのでしょうけど
それをあえて娘が引き継ぎます。

「どうしてだろう?」

よく読むと分かります。
たぶんこの当時この会社には、かなりの借金があったのでしょう。
顧問弁護士が出てくるくだり。

「失敗しても命まで取られるわけでないから、
やるだけやってみたら。ダメだったら自己破産すればいいのよ。」

事業承継で、候補者が一番逡巡するところがここです。
誰でも借金付の会社なんて、引き継ぎたくないのですね。


そこで一番驚いたのが銀行です。
すぐさま合併話を持ってきます。
ただ条件は

「社長にはお辞めいただきます・・・」


まあ、銀行なんてそんなもんなのでしょう。
ついこの前まで家庭の主婦だった方に
社長の仕事を担う力量はないと、絶対判断したのでしょう・・・。

« お花見ラン | トップページ | 町工場の娘 その4 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 町工場の娘 その3:

« お花見ラン | トップページ | 町工場の娘 その4 »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31