« ほとんどの社員が17時に帰る売上10年連続右肩上がりの会社 その4 | トップページ | 税理士の料理番 その11 »

2016年3月31日 (木)

ほとんどの社員が17時に帰る売上10年連続右肩上がりの会社 その5

大事なところなので、申し上げますが、
「事務職をなくした」ということはどういうことか分かりますか?


事務職は会社にとって利益を生まないところですね。
「コストセンター」ともいえるこころなのですね。
すべての社員を売上に直結する「プロフイットセンター」に変える
のですね。
つまり全員を営業職ということにするのです。
それとリンクさせて、人事評価制度を導入しています。

ではその人事評価制度とはどういうものか?
実はこの本にはそれが書いていないのですね。

つまり、定時の17時に全員帰るということは、
「やることキチンとやれば定時に帰っていいです」
という意味なのでしょう。

ということは、その「やること」と「やったことに対しての評価」が
キチンとされない限りできない制度なのですね。

経営者側から見ればそうでしょう。

「従業員が給料ドロボーにならないようにすること」

これが守られなければ、怖くてできないのですから・・・。

この岩崎社長は、この人事評価制度を見つけるために、
「かったぱしから電話して人事コンサルタントを探した」
と書いてありました。


この本で一番知りたいところはそこです。
ぜひそれを知りたいので、この会社の人事コンサルタントは
実名でその解説書を出してもらいたいものです・・・。

« ほとんどの社員が17時に帰る売上10年連続右肩上がりの会社 その4 | トップページ | 税理士の料理番 その11 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ほとんどの社員が17時に帰る売上10年連続右肩上がりの会社 その4 | トップページ | 税理士の料理番 その11 »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31