« 青梅マラソン その3 | トップページ | 女子高生社長、経営を学ぶ その1 »

2016年2月25日 (木)

青梅マラソン その4

坂を必死で上ります。
あきらめて歩き出す人も増えてきました。

確かに一番きついところです。腕を振ってひたすら上ります。
ようやく上りきるとご褒美のサプライズが待っていました。

Ohume916_tahahashinaoko

なんと!高橋尚子さんです。
笑顔でハイタッチ!疲れが吹っ飛びます。
このサービス精神に感動です。やはり一番苦しいところが分かっているのですね。

そのあとはほとんど下り。
これまたスキップ走り。本当にQちゃんに元気をもらいました。

25キロ地点。2時間37分49秒。
3時間切りは諦めましたが、
残り5キロに気合を入れます。


また青梅市街地に戻るとあと3キロ。
でも少しへばってきました・・・。

残り2キロでまたサプライズです。

後方から女性の大きな掛け声が聞こえました。
声の主はすぐ分かりました。
また高橋尚子さんなのですね。

実は一昨年のホノルルマラソンで聞き覚えのある大声でしたから。こちら

このサービス精神にまた脱帽です。
ランナーを励ましながら一緒に走ってくれています。


「あと少し頑張るぞ!」


周りの大群衆に飲み込まれ、抜かれないようにこちらも必死。
1キロ6分を切るくらいのハイペースでしたから。


「あと1キロ!」

Qちゃんの檄が飛びます。


「ゴールは皆で手をつないで!」

その声に大群衆が応えます。

「ゴール!」
皆笑顔のゴール!


3時間8分16秒! 30キロの自己ベスト更新です!!
そのあと走友会の仲間達と飲んだビールは最高でした。


ありがとう青梅マラソン! ありがとうQちゃん!!

(感動の青梅シリーズ おしまい)


Result

« 青梅マラソン その3 | トップページ | 女子高生社長、経営を学ぶ その1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582367/63261095

この記事へのトラックバック一覧です: 青梅マラソン その4:

« 青梅マラソン その3 | トップページ | 女子高生社長、経営を学ぶ その1 »