« 京セラフィロソフィ  その3 | トップページ | 1年ぶりのバスケットボール »

2015年12月25日 (金)

京セラフィロソフィ  その4

メリー クリスマス!

クリスチャンでもない多くの日本人がクリスマスを祝います。
クリスマスに教会に行き、賛美歌を歌い聖書を読む・・・。
冷静に考えると少し何だか変ですよね。


ところで、この京セラフィロソフィは「稲盛経営学」の「聖書」だと
本当に思うのです。
こういうこと書くと怒られるかも知れませんが、
「稲盛教」というある意味「宗教」なのだと。
その経典が、まさにこの京セラフィロソフィ・・・。


何度も書きますが、フィロソフィ=哲学 であり、考え方ですよね。
「理念」ともいえるかもしれませんが、
「理念が信念に高まっているなら、易きに流れることはない。」
そう稲盛さんはおっしゃています。


つまり、
信念=宗教 と言ったら言い過ぎなのでしょうか・・・。


私も何度もこの「聖書」を読み返してみました。
今まで書かれた過去の稲盛さんの本で読んだ箇所も多いです。
それをまとめたような本です。


ですから、この本の使い方として、ところどころを何度か読み返していただければ
それでよいと思います。

何かで経営で思い悩んだ時に

「稲盛さんはそうだったのか・・・」

きっとそう教えてくれるはずです。


ですので、これ以上この本の勝手な書評はやめておきます。
ご自分の感性でこの聖書をぜひ味わってください。


経営に思い悩んでいる経営者の方へ。

「稲盛サンタ」がお贈りするこの「聖書」こそが
最高のクリスマスプレゼントです。

(経営の聖書シリーズ おしまい)

« 京セラフィロソフィ  その3 | トップページ | 1年ぶりのバスケットボール »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京セラフィロソフィ  その4:

« 京セラフィロソフィ  その3 | トップページ | 1年ぶりのバスケットボール »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31