« ある日突然40億円の借金を背負う―それでも人生はなんとかなる。 その8 | トップページ | ある日突然40億円の借金を背負う―それでも人生はなんとかなる。 その10 »

2015年10月22日 (木)

ある日突然40億円の借金を背負う―それでも人生はなんとかなる。 その9

人生のどん底を味わって7年の2006年4月。
メガバンクからの借入金12億を返すことができます。


返済し終わった晩に夫婦で久しぶりのワインを飲みます。
何だかここ読むと泣けてきます。
半沢直樹に出てきそうな「悪代官」と闘ったのでしょうね・・・。


でもまだ20億円もの借金。
さらにここで追い打ち。

狂牛病発生でまたも資金繰り地獄。
このチェーンは吉野家のフランチャイズもやっていましたから。
さらにノロウイルスで新聞沙汰。店舗の火災。
これだけ波乱万丈な社長さんはいないです。
本当にドラマのような人生。


ついに、社長は諦めかけます。
つまり事業をやめる決意をしたのですね。
当時、M&Aが盛んでした。
居酒屋グループを購入したい買い手はいくらでもいたのでしょう。
売ってしまえばこの苦しみから解放されるのです。
倒産しなくてよくなるのですから・・・。


でも思ってもみなかった、従業員からの大反対。

「自分たちも頑張ります。逃げないで頑張りますから。」


ここできっと湯佐和は変革したのでしょうね。
社長こそ従業員から諭されたのですから・・・

« ある日突然40億円の借金を背負う―それでも人生はなんとかなる。 その8 | トップページ | ある日突然40億円の借金を背負う―それでも人生はなんとかなる。 その10 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ある日突然40億円の借金を背負う―それでも人生はなんとかなる。 その8 | トップページ | ある日突然40億円の借金を背負う―それでも人生はなんとかなる。 その10 »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31