« 赤羽月例で「バースディー・ラン」 | トップページ | 法人番号が届きました! »

2015年10月27日 (火)

下町ロケット その2

Sitamati_2

当然結末は分かっていましたが、予想通り面白かったですね。
特許権侵害で窮地に陥った佃製作所の裁判闘争が秀逸。

相手方弁護人がピーターと当方の弁護人が恵俊彰。

「弁護士としてこのキャストはどうなのよ・・。」

とこれも当然突っ込みたくなるところが、結構「はまり役」でしたね。
なかなか恵弁護士もいい。
まあドラマですからね。


最後は逆転判決(和解)を勝ちところがやはり爽快!

ナカシマの担当部長が左遷させられるところが、見ていてまたまた痛快!
さすが池井戸作品ですね。

でも何よりも面白かったのが、やはり「銀行の手のひら返し」
こここそ池井戸作品真骨頂!

佃製製作所の倒産の危機どころか、多額の和解金が入ると分かるや否や、
白水銀行の支店長と融資担当があわてて飛んできますね。

銀行と縁を切るところもカッコ良かった!!


でも、白水銀行の支店長役が東国原秀夫と融資担当が春風亭昇太。

ミスキャストではなかったでしょうか。
半沢直樹の大和田常務くらいの憎たらしさがなかったので
面白くなかったですね。

今回も支店長に土下座位させてほしかった。
ちょっと残念・・・。

« 赤羽月例で「バースディー・ラン」 | トップページ | 法人番号が届きました! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582367/62558317

この記事へのトラックバック一覧です: 下町ロケット その2:

« 赤羽月例で「バースディー・ラン」 | トップページ | 法人番号が届きました! »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31