« 法人番号が届きました! | トップページ | 日本で一番「親切な会社」をつくる その2 »

2015年10月29日 (木)

日本で一番「親切な会社」をつくる その1

Negishi_2


読書の秋はまだまだ続きます。
秋の夜長は楽しいですね。これだから読書はやめられないのですね。
先日の「借金40億円」に続いて飲食業のお話。
いろいろ勉強させられますね・・・。


さて、今回は「牛タン」のお店。

「牛タン ねぎし」

はご存知でしょうか。
現在、東京を中心に35店舗を展開。年商は54億3000万円。


ねぎしの創業は昭和56年(1981年)
34年も続いている「老舗」です。
でも正直書くとそれほど知名度はないですね。

さらに恐縮ですが、他の飲食チェーンに比べれば、
非常にゆっくりとした成長スピードです。
34年で35店舗ですから、「1年で1店舗」ですからね。
以前ご紹介したサイゼリア1000店舗なんかと比べたら
考えられないほどのペースです。


最近、このねぎしを運営する株式会社ねぎしフードサービスが
「日本経営品質賞」や「農林水産大臣賞」などをさまざまな賞を
取って脚光を浴びています。


私も、例のカンブリア宮殿で知っていました。
ただ個人的には、「糖質制限」を実践するトウシツセイゲニストとしては、
どうも定食屋さんは避けていたのですね・・・。

今回この本を読んで初めて行ってみました。
中野にもねぎしがあるのですね。

その美味しいこと!
なぜこのねぎしがいま脚光を浴びているのか。
牛タンの味と共にかみしめてみてはいかがでしょうか・・・。


« 法人番号が届きました! | トップページ | 日本で一番「親切な会社」をつくる その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本で一番「親切な会社」をつくる その1:

« 法人番号が届きました! | トップページ | 日本で一番「親切な会社」をつくる その2 »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31