« スーパーベンチャーの創り方 その3 | トップページ | 盗作問題に思う »

2015年9月 1日 (火)

スーパーベンチャーの創り方 その4

この本はライターである作者の丹念な取材に基づく本ですね。
ということはある意味「ブランディングの本」ではないでしょうか。
つまり、この会社は監査法人が入っているし、ベンチャーキャピタルも
出資しているので、早晩上場公開するのでしょうね。

ですから、上場公開に向けて、ある程度TKPを「ヨイショ」した内容に
なっているのですね。
これは自称「経営者本評論家」としては気をつけなければいけない点
でしたね。


ただ、TKPの手掛ける「貸会議室」というビジネスは今後どうなるのでしょうか。
ホテル自体が会議室を運営していけば、間違いなく競合となり、
そう簡単にはいかないのではないかとも思いませんか?


その答えとして、巻頭の星野リゾートの星野社長との対談が
実に面白いです。
ホテル再生の先駆者である星野社長が、このTKPのビジネスの将来性を
ズバリ言い当てています。


このビジネスの問題点は、「他社がいとも簡単に真似できるということ。」
つまり、競合他社との差別化をはかり、いかに参入障壁を作るか
ついうことにつきるそうです。

実は、星野リゾートもホテル再生事業として、いち早くブライダル事業を
手掛けたからこそ、それを痛感しているみたいです。
設備投資を繰り返す必要性があり、思ったより収益性がなかったということを
正直に述べています・・。


ただ星野社長があと5年後のことを想定してビジネスを
考えているということが非常に参考になりました。


「2020年のオリンピックのために造られた施設は
稼働率が悪くなる。そのための対策を今から考えないといけない・・・。
TKPが2021年から大活躍するのは間違いない・・・」


なるほど!と思いませんか。
TKPのビジネスとは少し離れますが、星野リゾートグループも
そのオリンピック後の対策をしていることを知りました。
これは驚きましたね。簡単に言えば「オフバランス」戦略です。


「星野リゾートも32施設を全国で展開しているが、これをリート
『不動産投資法人』にほとんど資産を移している・・・。」


2020年の東京オリンピックの後を考えビジネス構築する。
この点だけでもこの本を読む価値は十分あると思います。


(ガンバレ!TKPシリーズ おしまい)

« スーパーベンチャーの創り方 その3 | トップページ | 盗作問題に思う »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スーパーベンチャーの創り方 その4:

« スーパーベンチャーの創り方 その3 | トップページ | 盗作問題に思う »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31