« ジョコビッチの生まれ変わる食事 その6(番外編) | トップページ | マイナンバーってナンダー? その1 »

2015年7月27日 (月)

「小麦はたべるな!」

Photo_2


「ジョコビッチの生まれ変わる食事」の翻訳者から
紹介された本です。
グルテンフリーを突き詰めるとこういうことになって
しまうのでしょうか。

「高血圧、肥満、糖尿病、心臓・内臓・脳疾患、関節痛、
喘息などすべてが小麦が原因だった・・・」

という大変ショッキングなお話です。


作者はアメリカのお医者さんです。
そういえばアメリカ人は結構太った方が多いですね。
その理由が「小麦」だと言っているのですね。
パンやパスタ、ピザなど日本人に比べて摂取量が多いですからね。


実はこの本の翻訳者もお医者さんです。順天堂大学の教授である
白澤卓二先生。

たぶん日本でグルテンフリーを唱える数少ないお医者さんです。
糖質制限を唱える第一人者、江部先生をはじめとして
多くの賛同するお医者さんはいらっしゃるのですが、
グルテンフリーを唱える先生はあまりいませんね。


これがすべて事実だとすると、いろいろ困る方がでるのでしょうね。
ラーメンやうどんなど麺類好きの日本人は多いですからね。


この本で衝撃的なのは、

「小麦が引き起こすヘロイン同様の中毒症状」

つまり、麺類などなぜ食べたくなるかは、「ある種の中毒」
なんだと・・・。


こんな言い方するとやはり業界から叩かれるのでしょうね・・・。


「こんな意見もあるか」と読む価値はありそうです。
ただし、麺類好きな方は読まない方がよいかもしれません・・・。

« ジョコビッチの生まれ変わる食事 その6(番外編) | トップページ | マイナンバーってナンダー? その1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582367/61965892

この記事へのトラックバック一覧です: 「小麦はたべるな!」:

« ジョコビッチの生まれ変わる食事 その6(番外編) | トップページ | マイナンバーってナンダー? その1 »