« マイナンバーってナンダー? その2 | トップページ | マイナンバーってナンダー? その4 »

2015年7月30日 (木)

マイナンバーってナンダー? その3

マイナンバーは住民票の記載された住所に送付されるのですが、
ここでポイントは、住民票を持つ「日本人」ではないのですね。

つまり、住民票を持つ外国人にも送付されます。

具体的には中長期在留者(在留期間が3カ月超)、
特別永住者(在日韓国人等)などの外国人住民にも
送付されるのです。

ということは、住民票のない方には当たり前ですが、マイナンバーが送られる
ことはありません。


でしたら、海外赴任しているような日本人はどうなるのでしょうか?
通常海外赴任する場合は住民票を移す(除票する)のですね。
日本国籍を有する方であっても、海外赴任や海外移住などで
住民票を除票している場合には、マイナンバーが付与されないのですね。

そういう方はどうなるかというと、帰任や帰国してから、初めて付与されることになります。


さて、何のためにマイナンバーが必要なのでしょうか?
日本人だけでなくなぜ外国人の方までマイナンバーを付与していくのでしょうか。
当然これには膨大な費用がかかります。
(一説によると導入コストだけでも数千億円!)
当然これからもかけ続けていくのですし、
一方の企業側にも多大なコストがかかるようです。


「マイナンバーがあってよかった!」


と思える日がいつか来るのでしょうか・・・・。

« マイナンバーってナンダー? その2 | トップページ | マイナンバーってナンダー? その4 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マイナンバーってナンダー? その3:

« マイナンバーってナンダー? その2 | トップページ | マイナンバーってナンダー? その4 »