« ジョコビッチの生まれ変わる食事 その2 | トップページ | 税理士の料理番 その3 »

2015年7月10日 (金)

ジョコビッチの生まれ変わる食事 その3

2010年7月までジョコビッチは試合中に何度も倒れました。
それをよく解説者は
「いつもの喘息の発作」と説明していたらしいのですね。
正直そんなことは知りませんでした。


彼の試合中の発作をテレビで見て、見抜いた医師がいました。
「喘息ではなく、体内の消化システムの不均衡が原因で
それにより腸内に毒素が発生している・・・」

「へ~」
という感じですが、
簡単に言うと食物アレルギーということらしいのですね。


ですからこれからいうことは一般の方に当てはまらないかも
しれませんね。
まあ一つの意見として聞いてください。


ジョコビッチの食物アレルギーとは、
「グルテンアレルギー」です。


ここで
「グルテンって何だ?」
ということになるのでしょうけど、
グルテンとは
「小麦、大麦、ライ麦などパンに含まれるタンパク質」なのですね。

ジョコビッチは「グルテン不耐症」というアレルギーだったのです。
ですので、ジョコビッチの取った行動は

「パンとパスタに別れを告げたこと・・・」


私の言う「糖質制限」とは根本的に異なりますね。

« ジョコビッチの生まれ変わる食事 その2 | トップページ | 税理士の料理番 その3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582367/61866361

この記事へのトラックバック一覧です: ジョコビッチの生まれ変わる食事 その3:

« ジョコビッチの生まれ変わる食事 その2 | トップページ | 税理士の料理番 その3 »