« しんがり 山一證券最後の12人 その1 | トップページ | しんがり 山一證券最後の12人 その3 »

2015年5月13日 (水)

しんがり 山一證券最後の12人 その2

山一の野澤社長の「社員は悪くありませんから」の発言。
本当に忘れられませんね。
大げさに言えば、全国のサラリーマンを震撼させた大事件です。


「上場企業が突然潰れるなんて・・・」皆そう思ったでしょう。

「Goodbye, Japan Inc.」(さよなら、日本株式会社)
と全世界に発信されたらしいです。


「日本の終身雇用と年功序列時代が終わったことを告げる涙」
だったと・・・。


かつて野村證券に勤務した私は、今だから言う話ですが、
就活中に実は大和証券と日興証券、そして三洋証券にも内定をもらいました。
どういう訳か、この山一證券はご縁がなかったようです。
声がかかっていたら勤めていたかもしれません・・・。


三洋証券はゼミの先生(なんと証券論専攻)が顧問をしていた関係で
コネで早々に決まっていました。
でも三洋証券も今はなくなってしまった会社です。


大学生の頃は何も分からなかったですが、あの頃は「就職=就社」を
意味していました。当然一生働くつもりで会社を選んだはずなのですね。


野澤社長も、社員を何とか面倒を見ようと必死になってあの発言を・・・。
実に感動的でしたね。
あの発言から4か月後の
1998年(平成10年)3月31日に山一證券は自主廃業しました。

連日のように報道されていましたね。これも忘れられません。

どうしてかというと
1998年(平成10年)3月1日は私の独立開業の日でしたから。


当時連日のように山一の社員のことが報道され、


「私がもし山一證券の社員だったら、
間違いなくテレビで特集が組まれただろうと・・・」


当時本当に思いましたし、正直山一社員がうらやましく思えましたから・・・。

« しんがり 山一證券最後の12人 その1 | トップページ | しんがり 山一證券最後の12人 その3 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しんがり 山一證券最後の12人 その2:

« しんがり 山一證券最後の12人 その1 | トップページ | しんがり 山一證券最後の12人 その3 »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31