« 脱サラの損得 | トップページ | 野村證券初の同期会 その2 »

2015年3月 5日 (木)

野村證券初の同期会 その1

59doukikai_300


脱サラのお話を熱く語りだしたときに、
まさにグッドタイミングなことが起きました。


私は野村証券1984年(昭和59年)入社です。
それが1992年(平成2年)、わずか8年あまりで
退職してしまったのですね。

同期入社が240名ほどいました。
(30年前の写真はこちら

入社1、2年目あたりはよく研修で同期と会っていましたが、
勤めて3年も経つとまったく会わなくなってしまったのですね。
しかも私のように退職してしまうと当然ですがまったく・・・。
一部OB組の同期とは親交を深めてはいましたが。


実は野村証券にはいまだかつて、「同期会」という言葉すら存在しません。
それどことか、出身学校同士で集まるような会、
例えば早稲田なら「稲門会」というようなことさえ、
全く存在しません。

これは「経営の方針」なんでしょうね。
つまり、そもそもが実力本位の会社ですから、入社年次が同じだとか、
学校が同じだからと言って「徒党を組む」ようなことは
絶対にやらせなかったのでしょう。


我々の年代は、入社年次で確かに「59年生」とは言われましたけど
「59年生同期会」は本当になかったのですね。
それが、その入社30周年を記念して、ついに実現したのです。


写真はその時の集合写真。
私は控えめに真ん中あたりの一番後ろ。


では面白いので、その「野村証券初の同期会」に触れてみましょう・・・。

« 脱サラの損得 | トップページ | 野村證券初の同期会 その2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582367/61232661

この記事へのトラックバック一覧です: 野村證券初の同期会 その1:

« 脱サラの損得 | トップページ | 野村證券初の同期会 その2 »