« 残念! 錦織圭 | トップページ | 東京税理士会新春囲碁大会 »

2015年1月30日 (金)

絶体絶命でも世界一愛される会社に変える! その5

すいません。マラソンやらテニスで大事なお話の途中でしたね。
(いつものことですが・・・)

肝心の事業承継のお話に入りましょう。
石坂典子社長は、「新社長」として社内を改革していきます。
30歳の若い感覚で、「会社案内をつくりたい」、
「経営理念をつくりたい」、「ホームページを作りたい」、
「ISOを取得したい」・・・。
会長は、どうやら職人気質のたたき上げの経営者。
「なんじゃそりゃ?」
ということになりますよね。
もちろん、反対されたこともあったようですが、
二人で話し合って、改革してきたようです。

ただやはり親子ですからね。ここが事業承継の難しさでしょうが、
ここは少し再考になるお話です。
「毎朝8時30分から15分間だけの話し合い」
これをずっと10年間続けたそうです。
15分以上話すとけんかになるからでしょうね・・・。


でもこの本を読みこむと父親である会長は、その間、
「代表取締役」としてずっと全責任とっていたのですね。
朝の6時から社内を見回っていたのです。

石坂典子社長は母親として、子育てしなればならない身です。
子供を学校に送り出して出社するのは8時過ぎ・・・。


社長業はそんなにマナ優しいものではないですからね。
実質「取締役」の立場の社長見習いの立場では、
なかなか大変だったと思うのですね・・・。

« 残念! 錦織圭 | トップページ | 東京税理士会新春囲碁大会 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絶体絶命でも世界一愛される会社に変える! その5:

« 残念! 錦織圭 | トップページ | 東京税理士会新春囲碁大会 »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31