« 「星乃珈琲店」誕生物語 その3 | トップページ | 「星乃珈琲店」誕生物語 その5 »

2014年12月 9日 (火)

「星乃珈琲店」誕生物語 その4

この本で著者が一番言いたいことをご紹介しましょう。

「20世紀になってすでに13年が過ぎた今、
20世紀型のブランドの時代は賞味期限が終わりつつある。」

これは外食産業に限ったことではないのでしょうけど、
20世紀で一世を風靡したチェーン店の創設者が
言っているからこそ、重む向きがあると感じるのです。


2007年に日本レストランとドトールコーヒーは
統合しました。
ドトールコーヒーこそ、まさに「20世紀型のブランド」ですね。
でも2008年にあの「リーマンショック」があって
大林会長が急きょ代表取締役にカムバックしました。

かつてのブランド力で生き残ろうとした、現経営陣に
我慢がならなかったのでしょう。
この「舵取り」こそが、まさに社長の役目なのでしたね。


それで21世紀型のブランド「星乃珈琲店」を作ろうとします。
これはなぜか?
このあたりこの本を読んで考えていただきたいところなのですが、
巻末に面白いことが書いてありました。
「ドトールコーヒーがなぜまずいのか?」
理由はコーヒー豆を商社を通じて輸入しているからなのですね。

それに気が付いた大林氏はキューバから直接買い付けます・・・。
これこそ「社長の仕事」・・・。

« 「星乃珈琲店」誕生物語 その3 | トップページ | 「星乃珈琲店」誕生物語 その5 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「星乃珈琲店」誕生物語 その4:

« 「星乃珈琲店」誕生物語 その3 | トップページ | 「星乃珈琲店」誕生物語 その5 »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31