« 全員で稼ぐ組織 森田直行著 その1 | トップページ | 手賀沼エコマラソン »

2014年10月24日 (金)

全員で稼ぐ組織 森田直行著 その2

アメーバ経営に入る前に、前回しつこくご紹介した
フィロソフィのお話から。

やはり何度も書きますが、
「アメーバ経営とフィロソフィは車の両輪」
なのですね。

では本家本元の京セラのフィロソフィから

「全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、
人類、社会の進歩発展に貢献すること」

これです。
「全従業員の物心両面の幸福を追求する」とは

「なんだ。俺のと同じではないの?」
そう思いますね。
でも「俺の」の坂本社長はまったく真似ています。
でもいいのではないでしょうか。
天下の京セラのフィロソフィを真似しても・・・。

多くの中小企業でもこれは真似してください。
従業員がやる気が出るフィロソフィ・・・。

結構多いのですね。
中小企業では、
「社長の」物心両面の幸福を追求するところが・・・。
(すいません。単なるボヤキです・・・)

では
「人類、社会の進歩発展に貢献すること」
これがすごいですね。
どういうことか分かりますか?
中小企業ではピンとこないでしょうか。

でも森田氏は分かりやすく解説しています。

「要するに、できるだけ多くの利益を上げ、
税金を多く払うことが社会貢献だ」


そごいですね。
国税庁から感謝状がでるようなお話ですね。
京セラフィロソフィの神髄がお分かりになりましたか・・・。

« 全員で稼ぐ組織 森田直行著 その1 | トップページ | 手賀沼エコマラソン »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全員で稼ぐ組織 森田直行著 その2:

« 全員で稼ぐ組織 森田直行著 その1 | トップページ | 手賀沼エコマラソン »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31