« 月例川崎マラソンで驚異の自己ベスト! | トップページ | 社会保険料削減作戦 その10 »

2014年9月30日 (火)

社会保険料削減作戦 その9

またまたまたすいません。
マラソンで自己ベストなんか出たもので・・・。


さて賞与を1080万円払った場合の社会保険料を計算してみましょう。
普通の会社でボーナス1000万円以上も払うことは
まずないでしょうから・・・

私自身も今回初めて計算してずいぶん勉強になりましたね。
表にしてみます。これです。

Photo_2

全部で895,620円
確かに高いですが、前回計算した差額2,341,248円
には及ばないということです。
つまり、
2,341,248円-895,620円=1,445,628円も「削減」
できたのです。
これはすごいですね。

これはどうしてこういうことが起きるか
これも勉強になりましたね。

賞与については
健康保険料が540万円が上限
厚生年金保険料が150万円が上限
こういうことから差額が発生するのです。

検証してみましょうか。

健康保険料は
5,400,000円×9.97%=538,380円
介護保険料は
5,400,000円×1.72%=92,380円

  

厚生年金保険料は
1,500,000円×17.474%=262,110円
児童手当拠出金は
1,500,000円×0.15%=2,250円

どうですか。
正しいですね。
144万円も削減できるならやってみますか・・・。

« 月例川崎マラソンで驚異の自己ベスト! | トップページ | 社会保険料削減作戦 その10 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582367/60398417

この記事へのトラックバック一覧です: 社会保険料削減作戦 その9:

« 月例川崎マラソンで驚異の自己ベスト! | トップページ | 社会保険料削減作戦 その10 »