« 月刊ランナーズまた出ました! | トップページ | 月例川崎マラソンで驚異の自己ベスト! »

2014年9月26日 (金)

社会保険料削減作戦 その8

またまたすいません。
マラソンに熱くなりすぎて大事なお話の途中でしたね。

さていよいよ肝心の「社会保険料削減作戦」に入ります。
文中の意見は私独自の考えです。
責任は負いませんのでご了承ください・・・。

(何だか言い訳がましいですか・・・
あまり当ブログの趣旨としては書きたくない断り書きですね・・)


命題として、

役員報酬を

(1)「毎月々 100万円×12か月 支払う場合」

(2)「毎月々 10万円×12か月 支払い

   1080万円 賞与を支払った場合」

ですね。
これが社会保険料の削減策となるのでしょうか。
こういうこと真面目に計算してくれる社労士さんも
税理士さんもいないのがいけないのですね。

では計算してみましょう。
(1) はよくあるでしょうからお分かりですね。

クレームがないように平成26年9月分からの東京都の場合で、
しかも年齢を40歳から65歳としてみましょう。

Photo_6

毎月223,830円もかかるのですね。実際にはこれもお分かりでしょうけど
児童手当拠出金は会社負担で、それ以外の保険料を会社と個人で折半するのですね。

さてこれを毎月10万円に下げたらどうなるのでしょうか。


してみましょう。

Photo_7


毎月28,726円にぐんと下がります。差額はなんと、195,104円
これを年間にすると12倍して2,341,248円
よかったですね。230万円も引き下げられることが分かりました。
ここまでは表のとおりです。こちら

さて問題は賞与1080万円!これはどうなるのでしょうか?
保険料はいったい230万円も取られてしまうのでしょうか・・・??

« 月刊ランナーズまた出ました! | トップページ | 月例川崎マラソンで驚異の自己ベスト! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582367/60376806

この記事へのトラックバック一覧です: 社会保険料削減作戦 その8:

« 月刊ランナーズまた出ました! | トップページ | 月例川崎マラソンで驚異の自己ベスト! »